東京のフリーランスに朗報!受診3時間、費用4万円で受けられる大自然の「人間ドック」の話をしようか

2018.06.14

東京のフリーランスに朗報!受診3時間、費用4万円で受けられる大自然の「人間ドック」の話をしようか

忙しい個人事業主やフリーランスの皆さんにおすすめしたい「受診3時間、費用4万円」の人間ドックを紹介!仕掛け人である「ライフクリニック蓼科」麻植ホルム正之院長の想いとは?

人気記事

    こんにちは、ジモコロ編集長の柿次郎です。

     

    いきなりですが、個人事業主やフリーランスの皆さん、しばらく健康診断をしてないんじゃないでしょうか? 

    35歳以上なら人間ドックも考えなくてはいけませんし、ドキッとした人は多いはず……と、言いつつ、完全に自分のことでもあります。

     

    「健康」と書かれたTシャツを着るほど健康への憧れを抱く僕ですが、忙しい毎日の中で時間を捻出するのが面倒くさく、ズルズル人間ドックへ行かずじまい……。

     

    そんな時、たった3時間で完了する人間ドックと出合ったんです。

     

    それが長野県茅野市にある「ライフクリニック蓼科」

     

    「たった3時間で終わる人間ドックへ行きます!」とFacebookに投稿したところ、同じ個人事業主やフリーランスの友人たちから勢いよすぎる食いつきが。

     

     

    ……社会の荒波で奮闘するフリーランスたちの悲痛な叫びが聞こえてくるぞ~!! 

     

    目の前のタスクに真面目に向き合う姿勢は素晴らしいこと。

    ですが、長く好きな仕事を続けるためにも、一番の資本である健康を損うことがあってはならないはずです。

     

    ということで、そんな不健康な大人たちに、実際に僕が受けた人間ドックの模様をレポートします!

     

    3時間で終わる人間ドックとは?

    身長は?という質問に対して「170cmくらい(過去の測定では169.8cm)」と答えてきましたが、ようやく証拠写真撮れたーー!

     

    タワレコで視聴してる学生のようですが、聴覚検査です。なんかピーピー鳴ります。

     

    血圧検査は毎回、予想以上に腕しぼられてこんな顔になりませんか?

     

    館内は白と木を基調とした明るく、清潔感のあるデザイン。圧迫感がなくて、精神衛生上めちゃめちゃ良い気がします。

     

    こちら南アルプスの山の景色が楽しめる待合スペース。たまたま和製アラン・ドロンみたいな男性と居合わせました。

     

    こちらはエコー検査。身体にローションみたいなのを塗られて、洗濯バサミみたいなものが全身につけられます。

     

    人生初のCTスキャン。一軒家建てられそうな最新の医療機器に身体が吸い込まれていきます。スタートレック!

     

    世界初公開。私の中身です。画像の鮮明度がやばい。

     

    一番抵抗感のある胃カメラ(内視鏡検査)直前。一切プレミアム感のない思春期を過ごしてきた私ですが、プレミアムな雑誌を読みつつ温かい飲み物を口に運びます。

     

    その直後に鼻麻酔!! 首がカメみたいに!!

     

    鼻の感覚が失われたら、先生による鼻からの内視鏡検査がスタート…。幸い鼻ストレートなため、まだ楽な鼻から内視鏡ですけど、鼻腔が曲がってるとできない可能性あり。一回調べといた方がいいかもしれません。

     

    鼻から喉、そして胃の方へ内視鏡の管がグイグイ入ってきます。このとき先生は、右足でリズムを取りながら「ふんふんふん♪」と楽しそうに手を動かしていました。とはいえ、無抵抗のこの状態。ザンギエフでも抗えないと思います。

     

    ボカシを入れていますが、意外にキレイな胃だったことをご報告しておきます!

     

    以上、約3時間で人間ドックの全検査が終了。「あ、もう終わりなの!?」と感じるくらいあっという間でした。検査結果は後日、郵送 or 再びライフクリニックを訪れて先生のフィードバックをもらうことができます。

     

    しかも、基本パック「LIFEドック」は4万円(税込み)ポッキリ。

    「人間ドックって1日がかりで10万円くらいかかるのでは?」となぜか思い込んでいたので、短時間かつ、この費用感で丁寧に対応してくれるのは良かったです。

     

    その他の項目、費用はこちらをご覧ください。

    なぜ長野に病院を開いたのか? 

    さて、人間ドックを終えたところで、ライフクリニックの麻植ホルム正之(おえほるむまさゆき) 院長に話を伺います。

    スウェーデン生まれで6歳から大阪で育ったという正之院長。いったいなぜ長野の地に病院を作ったのでしょうか?

     

    「思った以上に人間ドックがあっという間で驚きました。しかし先生、なぜ長野に病院を作ったんですか?」

    「まず、通勤のために満員電車へ15分以上乗るのが嫌だったんです

    「わかります!!!」

    「まあ、他にも理由はありますが。ただ、人って動物なので縄張りがあるんです。満員電車ではそのパーソナルエリアを犯される上に、新聞を広げたり、携帯を眺めたり『わたしに触れないで』って無意識にアピールをする。それを二重のストレスだと思っていたので」

    「僕も長野に家を借りて、車移動が多くなっただけで体調が随分よくなりました」

    「お医者さんって、人が健やかに生きていく方法を考えていく仕事ですからね。そのためには自分の心身も生き生きと健やかな状態に保っておかないと

     

    「ライフクリニックの窓から見える景色もいいですよね。長野の山を眺めてると、病院ってことを忘れて非日常感に癒されてる自分がいました」

    「病院って何か不安な気持ちで来る人が多いと思うんです。景観で少しでもホッとしてもらえたなら良かったです」

    「先生はずっと長野にいらっしゃるんですか?」

    「いえ。ライフクリニックを作る前は9年間、新潟の病院で修行しました。長野は母親が働いていたので、毎月のように通っていたんです。自分の病院を作ろうと考えたとき、都会よりも長野の方が僕にとってもクライアント(患者)にとっても優しい選択だな、と気づいたんですよ」

    「『優しい選択』とは?」

    「ライフクリニックは、比較的大きな規模の病院です。この規模の病院を建てるのに、東京なら費用も大きくなります。それに、同じ治療をするなら、自然豊かなところのほうが患者さんの体にもいいですよね」

    「都会の人でも、自然に触れるついでに人間ドックを受けに来たくなるような環境ですよね。なるほどなあ」

     

     

    カフェのように気軽に通ってもらい早期発見を目指す

    「僕が驚いたのが、先生が待合室に迎えに来てくれることと、患者を『クライアント』って呼んでいることなんです。かなり珍しいですよね」

    僕たち医師が診るべきなのは『病気』ではなく『人』だと考えています。挨拶もろくにせずに、カルテだけ見ながら話して『はい次の人』というのは違うと思うんです。クライアントさんの方をちゃんと向いて話すとか、触れて確認してないと、いつしか病気だけを見ている人になってしまいます」

    「よく医療ドラマとかに流れ作業で患者を診る偉そうな院長いますよね。大名行列みたいな回診をしたり」

    「あれは大げさですけどね(笑)。ただ自戒も込めて、うちでは患者さんと直接話すときはお名前で、スタッフ間では『クライアント』と呼びます。言葉を変えることが行動を変える第一歩だと思っているので、そこは大切にしているポイントですね

    「患者としてではなく1対1の人としての交流が深まっている感覚があったので、なんかうれしかったです」

    「安心感を感じていただけるのが一番うれしいですね。病院名の『ライフクリニック』にも、病気だけでなく、その人の人生ごと見ていきたい、人の人生に寄り添う場所になりたいって想いを込めていますから」

     

    「あと、病院の内装がめちゃくちゃお洒落ですよね! 椅子がかっこよすぎてググったんですが、『ハンス・J・ウェグナー』とか『ベルグファニチャー』とか老舗ブランドの高級家具ばかりじゃないですか」

    「古くから残るデザインって、人々にとって心地が良いものだと思うんです。まわりの自然豊かな環境と同じく、家具にも、ここへ来てくださった人たちを『大切にしています』ってメッセージを込めています

    「下世話な話、相当お金かけてますよね…?」

    「まあ……○億くらいですかね」

    「すごい! 設備投資にも気合が現れてる」

     

    「ここまでお洒落だと、なんだか病院というよりカフェみたいな感じでした」

    「実際に、カフェ使いをしてくれたらいいって思って作ったんです。病院には『病気にならないと行けない』って固定概念がありませんか?

    「え、違うんですか?」

    「もちろん。僕は病気になる前に来てもらいたいと考えてます。上司に怒られたあとのちょっとした息抜きとか、今日は天気がいいからぼーっと山でも眺めながらライフクリニックでコーヒー飲むか、みたいな。いい意味で病院としての境目をなくしたくて

    「境目をなくす」

    「はい。敷居を下げて通いやすい場所にしたいという概念的な意味はもちろん、建物としてもです。目の前に八ヶ岳がありますが、この建物も、実は山の一部なんです」

     

    「どういうことですか…?」

    「建物の外観は、山に囲まれた環境に馴染むようなデザインにしています。クリニックのサインも、山や川、水、青い空など、建物の回りにあるものからイメージしていて。環境と体との調和も大切ですけど、地域との調和も大事。日常にいきなり変な建物がぽこっと建ったら嫌ですよね」

    「京都の街にあるコンビニがモノトーンの看板みたいなことですね」

    「ええ。地域にとって不自然なものは、やっぱり長くは続かないですから。来る人は地元のおじいちゃん、おばあちゃんが多いんですが、僕はここを『健康の公民館』と考えています。情報交換したり、お茶を飲んだ流れで『そういえば最近ちょっと調子が悪いなあ』くらいの感じで診察を受けてもらったりしてほしくて」

    「病院がそれくらい生活の身近にあれば、病気の早期発見にも繋がりそうですね」

    「例えばガンの早期発見において、単発ではなく、定期的な検診がすごく重要なんです。だから、ライフクリニックでは日常的に通ってもらうなかで変化を捉えて『超早期発見』を目指してます」

    「だから病院にカフェまで併設してるんですね」

    「できるだけ場の敷居を限りなく低くすることで、身体にはもちろん、精神面でもバリアフリーを実現したいんです」

    「確かに普通の病院って、外からは何も見えないし、理由がないと行けない。でも、ここは例えば僕みたいに都内のフリーランスの人間が『なんかかっこいいから来た』みたいに、フラっと訪れてもいいわけですよね」

    「もちろん! 理由はなんでもいいんです。都内から長野への日帰り旅行のついでに、3時間だけ寄って人間ドックを受けてもらうイメージですかね。診察をきっかけに、リフレッシュできる休日を過ごしてもらえたら。理由があった方が、休みも取りやすいでしょ」

    「なるほど!人間ドックの定期検診を受ける機会が増えるのはいいですね。僕もこの取材がなければしばらく遠ざかっていたかもしれません」

    おわりに

    豊かな自然空間の中に佇む、カフェみたいに居心地の良い病院「ライフクリニック」。

    地域のコミュ二ティであり、クライアント(患者さん)へ提供される選択肢の多さが生む、大きな安心感に包まれた場所でした。

     

    最後にもう一度、ライフクリニックによる人間ドックのおすすめポイントをご紹介します!

    気になる!という方は、以下から人間ドックの詳細をチェックしてみてください!
    http://www.lifeclinic-t.jp/service/general-checkup.php

     

    ちなみに「ライフクリニック蓼科」から車で約30分にあるコワーキングスペース「富士見 森のオフィス」。大自然の中にある立派な木造建築でインターネット環境が最強なんですけど…

     

    フリーランスの新たな働き方だけではなく、働き方×健康の価値と可能性を見出したコラボプロジェクト「Work & Wellnessサービス」を実施中。森のオフィスの年間会員であれば人間ドックの割引があったり、麻植ホルム正之先生が定期回診で訪れたりなど、全国的にも珍しい取り組みとなっています。

     

    仕掛け人は人間ドックの待合室にいた和製アラン・ドロンこと津田賀央さん(写真左)と、松井彩香さん(写真右)。

     

    自然豊かな長野の環境、そして知恵と創意工夫で人を呼び込みたいプレイヤーの動き。東京から通える距離だからこそ、フリーランスを含めた「新たな働き方」の視点に健康面の価値を見出してみてはいかがでしょうか。

     

    それではまた!

     

    写真:小林直博

     

    ※6月18日16:30 記事の一部を編集させていただきました

    イーアイデム

    この記事を書いた人

    徳谷柿次郎
    徳谷柿次郎

    ジモコロ編集長。大阪出身。バーグハンバーグバーグではメディア事業部長という役職でお茶汲みをしている。趣味は「日本語ラップ」「漫画」「プロレス」「コーヒー」「登山」など。顎関節症、胃弱、痔持ちと食のシルクロードが地獄に陥っている。

    徳谷柿次郎の記事をもっと見る

    オススメ記事

      こちらの記事もオススメ