【タイによくあること】タイの田舎で農園を始めた僕が、旅行の注意点とか書きます

2019.11.08

【タイによくあること】タイの田舎で農園を始めた僕が、旅行の注意点とか書きます

日本からおよそ6~7時間。時差2時間の常夏の国タイ。今回はタイで農園を営む僕が、タイのあるあるや、日本との違い、旅行や観光の時に注意することなどを書いてみました

人気記事

    こんにちは、タイの田舎でドリアンを育てているライター、菊地です。

     

    年間160万人を超える日本人が訪れる国、タイ。

    物価が安くて食べ物が美味しい、微笑みの国……というイメージですよね。概ねその通りなんですが、住んでみると意外なギャップがあったりします。

     

    そこで今回は、旅行時に気を付けるべき点や、リアルなタイの生活をご紹介しましょう。

     

    冬でも気温が三十度を超える

    タイは常に真夏のような暑さで、冬でも気温が30度を超えることはざらにあります。

    冬にタイ旅行をする際は、現地で着る夏服を準備しましょう。あと、寒暖差にやられて風邪をひくことがあるので、念のため風邪薬を持っていったほうがいいです。

     

    タイのマクドナルドではご飯ものが売られている

    タイのマクドナルドには、ご飯モノのメニューがあります。↑上の写真、一番左だけ違和感すごくないですか。

    ちなみにケンタッキーには衣がザクザクしたメニューがあります日本で見ないけどタイ限定なのかな? あと僕は行ったことがないんですが、モスバーガーもあります。

     

    バンコクの家賃めちゃ安い

    東京だとワンルームで7~8万は当たり前ですよね。バンコクだといくらだろう?と調べたことがあります。僕が見つけたワンルームは4.5万円から5.2万くらいだったので、日本の地方都市と同じだな、と思ってたんですが、よく見たら18畳もありました。

     

    タイでも異世界転生のラノベが人気

    日本では「また異世界転生モノかよ……」という状況ですが、タイでも同じ。

    タイ人が書いたこのラノベは、『政治家のアシスタントをしていた主人公が、獣人の国に異世界転生してリーダーシップを発揮し、国造りの手伝いをする』という設定でした。イラストかわいいですね。

     

    バンコクは毎日帰省ラッシュレベルの渋滞

    バンコクは毎日が帰省ラッシュレベルの渋滞です。なので、時間がないときにタクシーに頼ると痛い目を見ます。地下鉄や船での移動がオススメですよ。

     

    バンコクを歩くときは電線に注意

    バンコクは日本以上に電線が張り巡らされています。

    歩道橋のすぐそばを、山岸由花子のスタンド『ラブデラックス』かよってくらい大量の電線が通っていたり、断線した電線がむき出しで垂れてたりします。こわい。

     

    公道にえげつないサイズの穴が空いてる

    田舎では、公道にえげつないサイズの穴が開いていることがあります。マジで初見殺しの穴が多いので、車の運転時は道路をちゃんと見ましょう(僕が住んでる田舎だけ?)

     

    ショッピングモールにいるマネキンの表情が独特

    なんともいえない表情をしたこのマネキンをよく見かけるんですけど、流行ってるの?

     

    毎日屋台が出ててお祭りっぽい

    タイといえば屋台。毎日お祭りのように屋台が立ち並んでいます。写真のソーセージやつくね的なやつは5バーツ(20円)くらい。

    食べ物だけでなく、服や家電、射的などの屋台も出ています。屋台で家電を買うって、日本ではあまりない光景ですよね。

     

    映画館では本編上映前に国王様を称える映像が流れる

    ※上はただのニュース映像ですが、国王様はこんな方です

     

    国王様を称える映像が流れている間は、全員が起立して敬意を表します。初めて映画館に入ったときは、全員がいきなり立ち上がるので、「何だ何だ!?」と驚きながら、訳もわからず起立しました。

     

    タイの女性を虜にしてる人気俳優はNadeck Kugimiya(ナデート・クギミヤ)

    タイの女性に聞いたところ、この人が一番人気らしいです。眉毛がりりしくてかっこいいですね!

    ちなみに女性だとBNK48(タイ・バンコクを拠点に活動するAKBグループのひとつ)が人気だとか。

     

    バスは定刻通りに走らない

    僕の経験では、長距離バスの到着が最大8時間も遅れたことがあります。時間に余裕がない場合は電車や飛行機の利用をオススメします。

     

    タイ人の心の駄菓子は『レイ』のポテトチップス

    フリトレー レイズ クラシック ポテトチップス 425.2g

    日本のポテトチップスよりちょっと塩が強い(気がする)。日本でもAmazonで買えます。

     

    タイでも日本米が売られている

    普通のスーパーでも日本米が売っています。

    タイカレーなどにはやっぱりタイ米が使われるんですが、最近人気の牛丼や寿司(などの日本食)には日本米、という感じで使い分けられています。

     

    日本のお菓子も人気

    日本だと300円くらいで買えるあずきバー、タイだと600円以上します。

    「あずき」というのが、タイ人からするとエキゾチックなジャパンの味って感じで人気だそう。他にもかっぱえびせんとかポッキーとか、日本のお菓子は結構よく売ってました。

     

    田舎では飼っている水牛の数がステータス

    タイの田舎では、飼っている水牛の数がステータスの一つになっています。

    「○○さんは田園調布に家建てたらしいよ」みたいな感じで、「◯◯さんの家は水牛を30頭も飼ってるぞ」という会話が交わされるんです。

    当たり前のように放し飼いされてたりするので、運転時は注意しましょう。

     

    バスが水牛と事故ったら……?

    所有している牛がバスとぶつかると、バス会社から修理費など賠償金を求められることがあるため、「自分の牛だ」と名乗り出ないことが多いらしいです。

    バス会社もわざわざ飼い主を探すのはコストがかかるので、仕方なくその牛を持ち帰り……そして、

    食う

    そうです。すごい世界ですね。

     

    レストランで食事してると宝くじ売りが何人もくる

    タイのレジャースポットやレストランで食事をしていると、宝くじを売りに来る人が多いです。運試しに買ってみるのも面白いかも?(タイでは公的な宝くじが月2回行われています)

    僕はたまに買うんですが、当たったことないです

     

    お坊さんの顔が彫られたお守りが高値で売買されてる

    国民の9割以上が仏教徒のタイには、信仰心の厚い人がたくさんいます。そのため、お坊さんや仏様がかたどられたお守りが人気で、高額で取引されることも。本物かどうか鑑定する人や、鑑定する方法が記載されたハンドブック、専門誌まであります。

     

    日本語の扱いが雑

    タイのスーパーでは、お菓子や食品のパッケージに雑な日本語がプリントされてる光景をよく見かけます。ちなみに写真の「天ぷらうどんスープ丼」はただのうどんでした。

     

     

    まとめ

    というわけで今回はタイのあるあるや、旅行の注意点などを書いてみました。人は優しいし、食べ物はおいしいし、タイってめっちゃ魅力的な国ですよ!

    これを機に興味を持っていただけたら幸いです。

     

    それでは、今回はこの辺で!サワディークラッ!(さようなら)

    イーアイデム

    この記事を書いた人

    菊地誠
    菊地誠

    自社メディア事業を手がける西新宿のデジタルマーケティング企業、株式会社キュービックのPR担当。Webディレクター兼ライター。タイ人と2人で暮らしています。動物とぬか漬けが好き。

    菊地誠の記事をもっと見る

    オススメ記事

      こちらの記事もオススメ