【痴漢~押し込み強盗まで】女性が犯罪に遭わないための『予知防犯』教えます

2019.10.25

【痴漢~押し込み強盗まで】女性が犯罪に遭わないための『予知防犯』教えます

電車での痴漢やスリ、夜道でのレイプ・強姦被害など、女性には危険がいっぱい! そこで、どういった防犯をしたらいいのか、女性ライターが専門家に話を伺いました。自宅への強盗や、トイレでの盗撮、さらにSNS上で気をつけることなども!

人気記事

    桜井礼子

    日本初の女性防犯アナリストで、『日本防犯学校』の副学長。自分自身で出来る防犯対策を始め、子供と高齢者・女性を守る防犯対策を分かりやすく解説。弱者を犯罪被害から守る予知防犯を提唱する活動を展開している。

     

    一般社団法人 日本防犯学校

    犯罪を未然に防ぐ「予知防犯学」を社会に浸透させることを目的に、市民の防犯意識の高改革、防犯対策の指導者の育成、セキュリティ産業の発展に寄与する活動を実践している。

    公式HP

    「最近、夜道で知らない人に追いかけられまして。ひとりの女性として、自分ができる防犯をお聞きしたいんです!」

    「もしかしてその時、イヤホンつけてスマホ見ながら歩いてませんでした?」

    「え、なんで知ってるんですか? ひょっとして桜井さんがあの時のヤバいおじさん!?」

    「違います。夜道で何らかの被害に遭われるかたの多くが、イヤホンしてスマホを見ながら歩いているからです。周囲の状況に気付きにくいので狙われやすいんです」

    「悪いのは絶対的に犯罪者だとしても、『イヤホンしてスマホ』は『ドアを開けっ放しにしてたら空き巣に入られました』みたいなものなのか」

    「特に女性は犯罪に巻き込まれる確率が高い。そして巻き込まれてしまうと力が弱いので逃れにくいので、被害に遭う前にとる防犯対策……予知防犯がすごく大事なんですよ」

    「先生! 予知防犯、私にも伝授してください!

     

    【目次】

    ・電車の中での予知防犯

     └痴漢対策

     └スリ対策

    ・夜道を歩く時の予知防犯

     └性犯罪対策

     └ひったくり対策

    ・自宅にいる時の予知防犯

     └物件選びのポイント

     └空き巣や強盗に遭わないために

    ・予知防犯のまとめ

     

    電車の中での犯罪

    電車の防犯|痴漢に遭わないために

    「女性が遭遇する最も多い犯罪被害といえば痴漢。痴漢されないためには、どうしたら良いんですか?」

    「電車の中では、どういう人物に警戒したらいいのか、みたいなことね」

    「まず言っておきたいのが、電車の中に入ってからでは遅すぎるということです。気をつけるべきはホームに立っている時。痴漢は、駅のホームからすでに狙いをつけています

    「駅のホームから!? “満員の電車内で目の前に美女がきたぞ→痴漢しよう”……みたいに、いきあたりばったりで痴漢してるんだと思ってた」

    「いいえ、彼らはホームでの『立ち姿』を見て、痴漢できそうな人を判断しています。そして狙いを定めたら、電車に一緒に乗り込んで触りやすいポジションを取るわけですね」

     

    「……つまり、ひとことで言うと、気が強そうな雰囲気を放ってる人は痴漢されにくい!?」

    「そうそう。『何やってんのよ!』と大きい声で言われそうでしょ。痴漢にとって一番怖いのは騒がれることなので、声を上げなさそうな……大人しそうに見える人が狙われます。駅のホームでは堂々とした女性に見えるように立ちましょう!」

    「Twitterで『ド金髪にした途端、痴漢されなくなった』っていうツイートを見たことあります。本当に堂々としてるかはともかく、そう見えるのが大事なんでしょうね」

    電車の中に入ったあとはどうしたらいいですか? 痴漢されにくい立ち位置とかあるんでしょうか?」

    「あります! 車両の真ん中、座席の前あたりは痴漢が少ないですね」

    「えっと、座席に座ってる人から様子が見えやすいから…? じゃあ逆に、警戒すべき場所はどこですか?」

    ドアの近くは要注意ですね。一人ではなく集団で痴漢をするグループもいるので、追い詰められやすい。集団で女性を囲めば外からは見えにくいですから。そうしておいて、順番に触っていくんですよ」

    「怖〜。電車の立ち位置も気をつけよ」

     

    ※ちなみにこの時、ギャラクシーは次の駅で降りて泣き寝入りしたらしいです

     

    電車の防犯|スリに遭わないために

    「電車の中といえば、スリ被害にも気をつけてくださいね。痴漢と同じく、スリも電車に乗る前からターゲットを決めています。極端な話、改札口から見てますよ」

    「改札から!?」

    「改札ではICカードが入った財布をピッてするじゃないですか。スリ犯はその直後、どこに財布を戻すのかをチェックしています」

    「なるほど。『ズボンの後ろポケットに財布を入れたぞ』とか『トートバッグの一番上に財布を置いたぞ』って感じで狙いを定めるわけですね

    「はい。なのでチャックもなく、口が開いてるようなカバンで通勤してる人は気をつけてください」

    「いま流行りのスケスケのカバンなんか、めちゃヤバイってこと?」

    「ヤバイです。中身が丸見えなのでかなり狙われやすいです」

    「じゃあプール帰りの小学生とか危険じゃん!」

    「小学生は盗まれて困るような金額もってないけどな」

     

     

    夜道の正しい歩き方

    夜道の防犯|性犯罪に遭わないために

    「ひったくりや痴漢対策は、電車の中だけではありません。夜道も非常に危険です。暗くて人通りの少ない夜道は要注意ですね!」

    「でも会社帰りや学校帰りなど、夜道を歩かざるを得ない状況ってたくさんありますよね。そういう時に性犯罪に巻き込まれないための対策ってありますか?」

    「やはり肌の露出が多いと、性犯罪で狙われやすくなってしまいますね

     

    「えええ! でも、夏とか暑い時期はノースリーブ着たり足出したくなりますよー」

    「確かにそうなんですが、肌を露出させてると性犯罪者を刺激しちゃうことは、数々の性犯罪被害者を調査してきた経験則から多いと思います。残念なことですが」

    「悪いのは100%で犯罪者のほうだけど、そういう理屈は犯罪者には通じないから自衛したほうが安全って話ね」

    「なので、夜道ではカーディガンを羽織るなど、肌の露出が少なくなる工夫をすると良いでしょう」

    「なるほど! 肌を見せるのは安全な場所だけってことか!」

     

     

    夜道の防犯|ひったくりに遭わないために

    「夜道での犯罪といえばひったくりも多いです。統計上、夜10時以降は特に危険度がハネ上がります。最近は”ひったくり”なんて可愛いもんじゃなくなってますよ」

    「強奪みたいな…?」

    「そうですね。言うなれば『路上強盗』です。後ろからそーっと近付いて、いきなり金属バットでゴン! と」

    「こっわ! 殴る必要ある?? 言ってくれればお金くらい出すよ! 殴られるよりはマシなんだから」

    「急に殴られるの嫌だ~!」

    だから『イヤホンで音楽を聴く・スマホ見ながら歩く』は絶対にダメ! 後ろから近づいてきても気づかないから」

    「ながら歩き、やめよう!」

     

    「夜道を歩くときは遠回りになったとしても、なるべく明るくて人通りのある道を早足で歩き、時々後ろを振り返って注意してください。それと、暗い裏路地の入り口や、路上駐車してるワンボックスカーなどにも警戒したほうが良いでしょう」

    「それは、中に引き込まれちゃうかもしれないってことですか?」

    「はい。夜道ではレイプや拉致などの可能性も考慮しなくてはなりません。車に引き込まれてしまうと、相手が集団の場合 脱出するのはほぼ無理です。だから夜はタクシーで帰ったり、家族に迎えにきてもらうのが一番良いですね」

    「夜道ってそこまで危ないんですか? いくらなんでも……」

    「ねぇ? ちょっと大げさでは?」

    「お二人とも、認識が甘い!」

     

    ※本当にズゥ~ン……となる事件が頻発してるので、ググる際はご注意ください。ただし桜井さんいわく「そういった悲惨な事件が身近に起きていることは、知っておかないと防犯意識が高まらない」とのことです。

     

    自宅こそ気をつけよう!

    自宅の防犯|物件選びのポイント

    「続いては自宅にいる時の防犯について教えましょう。自宅で考えられる犯罪被害として、空き巣押し込み強盗、女性の場合は性犯罪被害などがあります」

    「家の中でも防犯しなきゃいけないのか……。それって、部屋を選ぶ段階から気をつけたほうがいいですか?」

    物件を選ぶときはオートロックは絶対条件! あと、1階~3階・最上階・角部屋は避けてください

    「1階~3階は下から犯罪者が登ってくるかもしれないってことですよね? 最上階や角部屋がダメな理由は何でしょう? 不動産的には、むしろ最上階や角部屋は家賃高かったりしますが……」

    「犯罪者というのは、屋上から、配管などをつたって簡単に降りてくるんですよ」

    「ゴキブリかよ」

    「というわけで、防犯の面で言うと、出来るだけ建物の真ん中あたりの階を選ぶのが良いです。ただ、鍵を閉めるなどの基本的な防犯はしっかりしてくださいね!」

     

    ※対策済みのオートロック物件もありますが、紙1枚で開いちゃう物件、まだまだたくさんあるそうです! マジで防犯大事!

     

    自宅の防犯|空き巣や押し込み強盗など

    「田舎住みの人で、よく『田舎だから大丈夫』と鍵をかけないで生活している人がたくさんいますが、都会よりも田舎の方が凶悪犯罪が多く、酷い事件も実際に起きています

    「田舎に住んでたとき、鍵なんて気にしたことなかった」

    「どこに住んでいても無施錠は絶対にダメ! そういう人が都会に出てくると、田舎での習慣のせいで鍵に無頓着になり、被害に遭うケースが多いです」

    「部屋に帰ってきた時、『空き巣に入った犯罪者が逃げ遅れて、部屋の中に潜んでたら』と思うと、いつも怖いんですよね」

    「まあ、帰ってきた時に何かの気配を感じるようなことってありますけど。気のせいですよそんなの」

    「いや、本来なら空き巣で済んでたものが、居直って殺されるかもしれない。だから玄関で『んっん゛ん゛っ』ってしばらく咳払いして、空き巣に逃げる時間を与えてます」

    「チキンすぎません?」

    「いえ、とても良いですよ。バッタリ遭遇すると向こうもパニックになりますから、何をされるかわからない。ただ、その方法より『自宅であってもチャイムを押してから入る』ほうが安全かな」

    「チキンであればあるほど、生き残る確率が高くなるってことか……」

     

    <自宅にいる時の防犯>

    ●鍵は絶対にかける!

    ●窓を開けたまま寝ない!(暑いときはクーラーをつけよう)

    ●窓を開けて換気するときは、窓に補助錠をつけるとなおよし。

    ●郵便物は情報の宝庫! 他の人に見られないように集合ポストも常に鍵をかける(捨てる時はシュレッダーにかける)。

    ●「友達が来るから…」とポストに置き鍵は絶対しない。

     

    女性の一人暮らしは、特に犯罪者に狙われやすいです。ストーカー犯罪なんかもありますから、まずは『女性が一人で住んでいる』と思わせないことが大事です」

    「犯罪者はありとあらゆる手を使って接触してきます。過去には、宅配業者を装って女性の自宅に侵入したストーカー事件がありました」

    「ええ! そんなの防ぎようあります? 宅配業者って言われたら玄関開けちゃうよ…」

    「『誰から、どんな荷物が届いてますか?』と聞いて、心当たりのない届け物は受け取らないこと! また、玄関を開ける時はドアチェーン(ドアガード)をかけたまま確認をしましょう」

     

    「いやぁ~、今日は色々な犯罪と予知防犯をお教えてもらいました。自分はいかに油断して生きてたのかと……」

    「こういった犯罪被害に遭うのは、やはり女性が圧倒的に多いです。しかもその年齢層は、2歳~90歳まで幅広い。女性は誰もが当事者意識を持って防犯してほしいですね」

    2歳~90歳まで!? 女性は全員危ないってことじゃん!」

    「子供や女性の犯罪被害は、警察へ被害届を出している件数の数百倍はあると思ってください。痴漢やひったくりだけではなく、強姦や殺人事件など……皆さんが知らないだけで、すぐ近所で、たくさん起きてます

    「正直、犯罪被害なんて他人事だと考えてました。でもお話を聞いて、今では『もしかしたら自分も被害者に……?』と思ってます。いや、むしろ被害に遭う未来しか見えてません。お先真っ暗です」

    「ちょっと脅かしすぎたかもしれませんが、恐怖に怯えながら防犯対策をするんじゃなくて、『安全で安心な生活を送りたい!』という前向きな気持ちで、防犯してくださいね」

    はい! 今日はありがとうございました!

     

    まとめ

    というわけで以上、知っておくべき予知防犯でした。この記事読んだ人は、今日から全員早歩きで帰ろう! 夜道のスマホ・イヤホン、絶対ダメ!

     

    今回お話を聞いた桜井さんは、『梅と桜の防犯船』というラジオ番組で、毎週月曜朝8時から防犯について語ってくれています。聞こう!

    ラジオ公式HP

    その他の予知防犯

    エレベーターでの防犯対策

    ・エレベーターは逃げ場がなく、助けを呼ぶ声も聞こえない、女性にとっては危険すぎる密室

    ・エレベーターのボタンが手に届く場所に立つ(何かあった時にすぐボタンを押せる)。

    ・周囲の状況が見えるように、横壁に背を向けて立つ。

    ・もはや誰かが乗ってきたら、念のため降りた方がいい!(同じマンションの住人だと印象が悪くなるので、電話がかかってきたフリをして降りるなど自然に脱出しましょう)

     

    エスカレーターでの痴漢、盗撮対策

    ・盗撮防止のため、横を向いて乗り、後ろに立つ人に注意を向ける。

    ・スマホを見ながら乗らない。

     

    トイレの盗撮、盗難対策

    ・男女共用トイレは絶対に入っちゃダメ!(盗撮機が仕掛けられている可能性、大!)

    ・ドアの上下に隙間が空いていないトイレに入る(隙間があると、手を入れられて盗撮されたりカバンを盗られる可能性があります!)

     


     

    ↓↓↓なお、この下の画像ギャラリーでは、記事中に入り切らなかった『SNSでの防犯』について書いています。最後まで読んで、犯罪に遭わないよう気をつけてくださいね!

    イーアイデム

    この記事を書いた人

    マッキン
    マッキン

    1994年生まれ、沖縄本島北部の田舎ですくすくと育つ。大学卒業後は地元の企業に就職するも、兼ねてより憧れを抱いていた大都会東京への移住を決意し、上京。現在は会社員の皮を被りつつ、ライター活動をしながら趣味で成人向け漫画を描いています。

    マッキンの記事をもっと見る

    オススメ記事

      こちらの記事もオススメ