【漫画】接客はパッションだ!|苗場のまどはいつも白くて

2022.03.30

【漫画】接客はパッションだ!|苗場のまどはいつも白くて

まどの外はいつもお先、真っ白。ひょんなことから新潟・苗場の酒屋『SAKE BASE NAEBA』で季節労働をすることになった望月哲門。店先に立ち、日本酒を学ぶ中で気づいた「よい接客」とは?

人気記事

     

    「苗場のまどはいつも白くて」一覧

    1話:しばし、サヨナラ東京

    2話:店長のはじまりは突然に

    3話:接客はパッションだ!

    イーアイデム

    この記事を書いた人

    望月哲門
    望月哲門

    27歳のマンガ家です。札幌出身。アイスホッケーをずっとやってました。オードリーのラジオを毎週聴きます。腰痛が痛い。

    望月哲門の記事をもっと見る

    オススメ記事

      こちらの記事もオススメ