こんにちは。株式会社バーグハンバーグバーグの加藤です。

今回ジモコロ編集部では、日々の運動不足とジモコロのネタ探しを兼ねて、「気になっている土地をとりあえずみんなで歩いてみよう」という思い付きを実行しています。

 

 

今回は編集部メンバーで浅草へ!

 

東京の大人気観光地!

すごい人ですね! 浅草寺のおみくじって「凶」が出るので有名ですよね。

いっちょこの撮影の運試しと行きましょうか。

 

お、「吉」ですね。

場所によって違うけど、基本的には「吉」は「大吉」の次にいいって言われてるからね。幸先いいんじゃない?

 

お、ぼくも「吉」

 

おひょ~~!「大吉」だー!!

グーフィーみたいな声出ちゃってる。よし、ぼくもこの流れに乗って…。

 

…ってオイ「凶」じゃねぇか!!!!!!

 

 

オチもついて幸先がいい!

美味しいものでも食べてテンション上げるしかねぇ…。

 

 

ぼくが浅草でお勧めなのが、できたての人形焼きです!

 

お店では、中で職人が手作りしているところが観れる

 

 

人形焼きって、名物だけどそんなに美味しいイメージないなぁ…。

お土産とかの人形焼きは、ほぼ鈴カステラみたいですけど、浅草で食べる焼き立ての人形焼きは、薄皮で美味いんです!

 

人形焼ってもみじまんじゅうみたいな感じだと思ってたけど、こんなたい焼きみたいな感じだったとは…! 皮がパリッとしてておいしい!

 

アツッ!ウマッ!出来立ての人形焼の味って全くの別物ですね。めちゃくちゃうまい…。

中のあんこも上品な甘さとあたたかさで癒されますね。浅草に来たら、人形焼は並んでも買った方がいい!

 

じゃあぼくは、コーンの部分がどら焼きの皮になったソフトクリーム「梅園 浅草本店」「どらソフト抹茶味(400円)」を食べちゃいます。

抹茶ソフトとどら焼きの生地!? いかにも日本の食べ歩きって感じだ…。

厚めでふわふわのどら皮とソフトクリームって、めちゃめちゃ相性良くておいしい。

仲見世の通りで食べるというのがいいですね。

うん。雰囲気って大事。

 

浅草といえば、喜劇人の顔写真看板が飾っているのがいいよね。ここだけ「予約済」ってなってる。

ビートたけしが「死んだら飾ってくれ」って言ったらしいけどどうなんですかね? できればずっとこの「予約済」でいてほしい気も…。

 

名曲「浅草キッド」「捕鯨船」じゃん! たけちゃーん!

すごい人たちが来てますね…!

実際、生でビートたけし見たらテンション上がりまくるだろうな…!

 

芋ぴっぴ!? 芋の甘味が好きだから食べてみようかな…。

芋の彼女が付けたあだ名みたいですね。

 

「芋ぴっぴ」の「焼き芋ブリュレ(750円)」

 

想定してるより3倍甘~~~い! もっちりネットリとした焼き芋に甘いカスタード、表面のパリッパリの焦がしカラメル……見た目のインパクトが満点すぎる。

想像してたよりもボリュームもありますね!

 

ぼくは「Giraffa(ジラッファ)」カレーパン(400円)を。スパイスの利いたカレーとガリガリの衣、伸び~るチーズが最高! カレーパン史上一位かも…!

 

    

ホヘッ!! ホハォ!

見てない間に、かんちくんがまたグーフィーみたいになってる…。

 

「浅草 たこ丸(タコマル)」の「たこ焼き(6個入り)」500円

たこ焼き食ってるんですよ!「外はカリっ 中はとろ~り」の僕が好きなたこ焼きだ! 一人で30個食べたい。

 

食べた時に火傷しない絶妙な中のとろとろ具合と、外のカリッとした食感が最高ですね!

ビール飲みてぇ~~!

 

 

その後も、顔出しパネルがあれば率先して撮影を続け…

 

 

なんだかんだ食べてばっかですけれど、ここからは気になった店へそれぞれランチに行きますか。

全然お腹減ってないけど行こう!

我々は取れ高の奴隷…。

 

カフェムルソー

「ランチセット<キッシュ>」1250円

隅田川沿いのおしゃれなカフェ。浅草駅から徒歩5分くらい。

隅田川とスカイツリーが見える最高のロケーションで、特にテラス席は開放的で気持ちが良い!とネットで見てテラス席をお願いしたんですが、この日は小雨がパラつく3月初頭であり、めちゃめちゃ寒かった……ちなみにガラス張りなので店内からでも隅田川やスカイツリーは見えますよ!

ランチはパスタやリゾットなどたくさん種類があって、どれがおすすめですか?と聞いたら「キッシュです」とのことだったので注文。正直、キッシュってこの世で一番「おいしくもまずくもない食べ物」だと思っていたのですが、めっっっちゃめちゃおしいかったですね。

 

外は焼きたてパイ生地がパリッパリ、中は重厚でホックホク! キッシュって美味しいんだ!って驚きました。パンもふっくらしてておいしかった~!これだけ買いに行きたいくらい。さらにサラダやスープ、コーヒー、おまけのクッキーまでついてて大満足のお店でした。

お店の雰囲気も、おしゃれだけど下町っぽい親しみやすさもあって居心地良かったですね。 

 

食事処 酒肴 浅草 水口

「いり豚 水口オリジナル定食+ご飯大」(1,130円)

ナイツの塙さんなど浅草にゆかりがある芸人さんたちから愛される『水口』は、100種類以上という膨大なメニューから、ご飯のおかずやお酒のおつまみを選ぶことができるお店。なかでも「いり豚」というメニューがここでしか食べられない味としてオススメです!

 

ちなみに「ご飯大」の量がものすごーく多く、注文をする際に『うちの大盛りは多いけど大丈夫?』と確認されるほどボリュームMAX!!

見た目は普通のお茶碗に見えるかもしれませんが、丼の器に山盛りで提供されるので初見だとマジでビビります。

 

水口オリジナルの「いり豚」は、やわらかな豚肉と玉ねぎに秘伝のソースが絡んだ逸品。

味つけはどこかカレーの風味を感じつつもデミグラスソースのようなコク深い旨みと、ケチャップやソースのような酸味と甘味が混ざりとってもご飯がすすむ美味しさ!!この味、再現ができそうでできないのがまたすごい。

浅草に立ち寄った時に楽しめる味のひとつなので、皆さんも浅草にお越しの際はお立ち寄りください!

 

シーフード メヒコ 浅草店

「カニピラフスペシャルランチ」2,680円

地元福島生まれのシーフードレストラン「メヒコ」が浅草にもあると聞き、行ってきました。

最後に地元のメヒコに行ったのは小学生の頃で、およそ30年ぶりです。メヒコはファミレスよりもちょっと上のグレードのレストランなので、子どもの頃は特別な日にしか行けませんでしたが、懐かしい味を30年経っても楽しめることが嬉しいですね。食事の際に指先を洗う「フィンガーボウル」の存在を初めて知ったのもメヒコで、「飲み物だと思って飲んじゃう」というフィンガーボウルあるあるもここで体験しました。

そんなメヒコの名物といえばズワイガニの「カニピラフ」。今回はもちろんそれが入った「カニピラフスペシャルランチ」を注文しました。ちなみに上に乗っているカニは「殻付き」か「むき身」を選べます。せっかくフィンガーボウルがあるので、手がベチャベチャになろうが構わない!と思って殻付きを選びましたが、ハサミがあっても殻を剥くのは大変で、食事が冷めないうちに食べたいと焦りました。皆さんには「むき身」を選んでいただくことをおすすめします。

 

セットのメニューはボリューミーで、味も間違いありません!ピラフを食べた瞬間、昔の記憶が蘇り、フラミンゴとサルの姿が頭に浮かびました。(メヒコの一部ではフラミンゴを見ながら食事ができるフラミンゴ館という店舗があり、昔はサルが見られるモンキー館もあった。)

残念ながらここ浅草の店舗にはフラミンゴはいませんが、店内の水槽で魚が泳いでいましたので、それを見ながら癒やしの時間を過ごすのも良いと思います。

 

福ちゃん

 

浅草にあるのにあまり知られてない「浅草地下街」。「ちか男くん」という気の抜けたマスコットもいます。

 

現存する日本最古の地下商店街ともいわれていて、地上とは打って変わって静かでディープな香りが…。

 

「あれ?異変に気付かないと出れないかな?」という雰囲気も味わえます。

 

 

「牛すじ焼きそば」500円、「トッピング:目玉焼き」100円

そこで食べたのがこの焼きそば! レトロすぎ! 甘辛くて「こういう焼きそばが食べたい」のど真ん中! お店にはほかにも平日の昼間からビールを飲んでいる方がチラホラおられて最高でした! 今度はプライベートで来てぇ~~!

 

いろんなところを歩いてみよう

食べ歩きにもランチにも最高の街、浅草…! 今後もいろんな土地を歩き回ってみたいと思います!

 

 

 

浅草エリアのアルバイトを探す

 

▼このシリーズの他の記事を読む

気になっている土地を歩くシリーズ