【漫画】広島の天津飯あんかけ多すぎ問題|いつか中華屋でチャーハンを

2020.01.30

【漫画】広島の天津飯あんかけ多すぎ問題|いつか中華屋でチャーハンを

定番メニューから一歩外れた先にある「美味」を求めてどこまでも。8人組ソウルバンド「思い出野郎Aチーム」の増田薫が描く、中華グルメ漫画。インターネットで見かけた広島の天津飯。特筆すべきは、なみなみとかかった餡の量。なぜこんなに餡が多いのだろうか。その理由を解明すべく、現地に向かった。

人気記事

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    取材協力:北京亭(広島県広島市中区千田町1丁目9−3)

     

    \ お知らせ /

    「いつか中華屋でチャーハンを」の書籍化が決定しました!

    書籍限定の描き下ろしエピソードも多数収録。

    スタンド・ブックスより、2020年秋頃発売(予定)!

    「いつか中華屋でチャーハンを」の連載一覧

    1話:大阪のあんかけカツ丼

    2話:大陸系中華に潜む「酸菜」に気をつけろ!

    3話:福岡の魔改造中華料理?「ダル麺」を追え!

    4話:きみはラーメン屋で酒を飲んだことがあるか

    5話:メリークリスマス!中華オムライスを食え

    6話:広島の天津飯あんかけ多すぎ問題

    7話:神戸中華の隠れ定番?「シチュー」とは

    8話:長崎「パンメン」は福建省の夢を見るか

    9話:あなたの知らない中華うどんの世界

    10話:チェーン店対抗 弁当にしてもうまい冷凍餃子選手権

    11話:京都で唐揚げを食べるならラーメン屋に行け!

    12話:野方ホープの炒飯

    イーアイデム

    この記事を書いた人

    増田薫
    増田薫

    デザイン イラスト 無職 思い出野郎Aチームサックス担当 ハイエナズクラブ など

    増田薫の記事をもっと見る

    オススメ記事

      こちらの記事もオススメ