ガソリンスタンドのアルバイトにだけわかる『あるある』50選

2019.02.28

ガソリンスタンドのアルバイトにだけわかる『あるある』50選

ガソスタのアルバイト経験ありますか? 大変?セルフのほうが楽? 乙四の危険物免許持ってないとダメ? 女の子がかわいい!? 気になるガススタのバイトあるあるを、元GS店員が経験を元に紹介します!

人気記事

    ラッシャッセー!!(いらっしゃいませ)

    ジモコロライターのかんちです。僕の実家はガソリンスタンドを経営してまして、上京してからも長くガソスタで働いていました。

     

    今回はその時の経験をもとに、ガソリンスタンドでバイトしたことがある人間だけがわかる“あるある”を50個挙げてみたいと思います。

    ※あくまでかんちが働いていたガソリンスタンドの話です

     

    ガソスタバイトあるある50選

    01:ガソスタ、ガススタ、スタンド、どう略す?

    Twitterでアンケートを取ったところ、圧倒的に『ガソスタ』派が多いみたいです。なので、この記事では以下『ガソスタ』に統一しますね

    ※ちなみに、「略さない(『ガソリンスタンド』とフルネームでしか言ったことがない)」という人も意外と多かったです

     

     

    02:車に興味がなくても働ける

    「頭文字D」の主人公はガソリンスタンドでのバイト中、車の知識の無さをよく同僚にツッコまれていましたが、実際は車にまったく興味が無い人も普通に働いています

     

     

    03:ただし車が好きになるとかなり楽しい職場になる

    もちろん車が好きな人も多く働いているので、話が弾みます。たまに珍しい車が給油にくると、みんなで盛り上がることも

    トミカ トミカリミテッド TL0141 光岡 オロチ

    光岡自動車のオロチを見たときは「うぉぉ!オロチだぁぁぁ!」って声出ました。

     

     

    04:時給がいい

    時給は比較的高いほうだと思います。また、夜勤はさらに時給がアップするし、そんなにお客さんが来ない時間帯はメチャ悠々自適に過ごせます

     

     

    05:「窓拭かなくていいよ」と言ってくれるお客さんが神様に見える

    無料サービスの『車の窓拭き』をしなくていいと、急に楽になる

     

     

    06:車内の犬が窓拭きタオルを追いかける

    タオルの動きに合わせて犬の顔も動く

     

     

    07:信号待ちで隣についたトラックのキャップがついているか確認する

    「キャップの締め忘れミス」はやりがち。ミスが起こらないよう常に気をつけているせいで、プライベートでも他の車の給油口をチェックしてしまいます

     

     

    08:夏はお客さんの車に虫がビッシリ付いている

    特に真夜中の高速道路を走ってきた車には「昆虫採集かな?」と思うくらいの虫がついています。そんなときは洗車をオススメしましょう!

     

     

    09:忙しさは場所による

    田舎にあるガソリンスタンドの「1ヶ月のガソリン販売量」関東の幹線道路沿いのお店では1日足らずで売ることもあるので、忙しさは場所や立地によって全然違います

     

     

    10:敷地内を歩きタバコする人は、本気で叱る

    たま~に外でタバコ吸うお客さんがいますが、ガソリンスタンド内は火気厳禁です!!! たとえお客さんでも、危険行為にあたるので光の速さで駆けつけて消してもらいます。 やめて!!!!!!

     

     

    11:一番忙しい時間帯は17~18時頃

    帰宅時間は現場帰りの工事車両や営業車、通勤の車などで混雑します。なので17時から入れる人はムチャクチャ重宝されます

     

     

    12:ウォッシャー液の無料補充を勧めるのは理由がある

    それを理由に車のボンネットを開けられるから。すると、「バッテリーだいぶ古いですね」「そろそろオイル交換いかがですか?」など燃料以外の商品を勧めやすくなるのです

     

     

    13:外車は給油しにくい

    ゆ~っくりガソリンを入れないとすぐにガソリンがあふれることがあるので、外車の……特に古い車の給油は注意します

     

     

    14:給油の設定をミスると終わる

    「満タン」→「満タン」→「満タン」と続いた後に、「レギュラー1000円分」と注文されて、うっかり満タンにしちゃう設定ミス、よくあります。ピザ10回クイズと一緒です

     

     

    15:「給油口を開けてください」と言うとボンネットが開く

    1日1回は遭遇します。ガソリンスタンドの店員でもやっちゃうくらい紛らわしいんですよねぇ……

     

     

    16:「ガソリン高いよ!」と愚痴を言われる

    僕らに言われても仕方ないので、アラブの石油王とかに言ってください。すみません……

     

     

    17:年末のガソリンスタンドはお祭り

    車をキレイにして年を越したい人が多いので、洗車やオイル交換、タイヤ交換などで大忙しの年末。規模が大きいガソリンスタンドは社員・アルバイトが総動員でお祭り騒ぎになります

     

     

    18:油種がキャップの臭いで分かる

    レギュラーガソリン・ハイオクガソリン・軽油・灯油など、それぞれニオイが違います。誤給油事故を防ぐために給油前にキャップを嗅ぐ癖がつきます

     

     

    19:『オライッライッライッライッ、ハ~イ!』

    「オーライ」の言い方に個性がある

     

     

    20:『オィッオィッオィッオィッ、ォ~エ!』

    オットセイかよ(でもよくいる)

     

     

    21:給油の端数を合わせようとしてミスる

    「端数ナシで」とリクエストするお客さんでこれやると、悔しい

     

     

    22:灯油タンクの持ち運びでムキムキになる

    コツを掴めば18~20kgの灯油タンクを一度に4つ持てるようになります。女性など力がない人は台車で運んでもOK!

    ポリタンク 灯油缶 20L

     

     

     

    23:セルフのガソリンスタンドに憧れる

    忙しいフルサービスのガソリンスタンドで働いていると、「セルフのガソリンスタンドは監視するだけだし、窓拭かなくていいし、いいなぁ……」と憧れます

     

     

    24:と思ったらセルフのガソリンスタンドのバイトも大変

    ガソリンスタンドは燃料売るだけじゃ儲かりませんから、必要なお客さんにカーメンテナンスを勧めたり、会員の囲い込みにも力を入れる必要があります

     

    「ガチャマン」って…?

    地元でバイト探すなら

     

     

    イーアイデム

    この記事を書いた人

    かんち
    かんち

    株式会社バーグハンバーグバーグ所属。 地元は福島県南相馬市。胸板が厚いので隙間に挟まって動けなくなることもしばしば。

    かんちの記事をもっと見る

    同じカテゴリーから記事を探す

    オススメ記事

      こちらの記事もオススメ