【配送】トラックドライバーあるある50選【物流】

Amazonなどのネット通販により、何かと話題の物流業界。今回は配送トラックドライバーとして働くライターが、実際の体験談をもとに、イラスト付きであるあるを紹介します。事故を起こさないためのジンクスや、シフトノブを改造したがる性質、ナビによって勘が失われるなど、求人情報だけではわからない現実が見えてくる!? 気になる給料も、モデル年収を紹介!

f:id:jimocoro:20171006162322j:plain

こんにちは! トラックに乗りながらオモコロなどでマンガを描いているぞうむしと申します!

ネット通販の影響で、何かと話題になる物流業界……今回は実際にトラックドライバーとして働く僕が、この業界のあるあるを50連発でお届けします!

※この記事はあくまでライターの経験に基づくものであり、すべての会社に共通するものではありません。

 

 

トラックドライバーあるある50選

01:事故らないためのジンクスがある

洗車、室内を掃除。ハンドル、メーター周りを綺麗に拭く。左足から乗る。キーを回す前にハンドルを優しくトントン叩くなど。

f:id:jimocoro:20171006162314j:plain

 

 

 

02:重いものをもつための筋肉が発達している

が、運動が得意なわけではなく、それ以外のことには役立たない。

f:id:jimocoro:20171010110152j:plain

 

 

 

03:爺ちゃんドライバーは細く見えるのに、軽々と荷物を持ち上げる

筋肉ではない謎の技術を使って持ち上げてる。ネテロみたいな感じ。

HUNTER×HUNTER モノクロ版 29 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 29 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

 

04:マンションや、山の上の邸宅などを見ると職業病が発症

無意識に「ここに荷物を入れるなら……」と考えてしまう。イヤな職業病。

f:id:jimocoro:20171010110148j:plain

 

 

 

05:Googleマップの普及により土地勘が鈍っている

昔は地図を駆使していたため、頭のなかに地図がインプットされていた。今は電波が弱かったり通信障害などがあると詰む。

 

 

 

06:バックモニターが付くと野生の勘が衰え、ヘタになる

昔はセンサーもカメラもないのに「何かヤバい!?」というニュータイプ的な勘が働いたが……。便利な道具とともに、我々は本来持っていた能力を失ったのだ。

f:id:jimocoro:20171010110146j:plain

 

 

 

07:スマホが便利すぎる

昔はCDチェンジャーに数百枚のCDをセットしてる人いたが、今はスマホが一個あれば事足りる。地図や無線、オーディオなど、スマホのおかげで車内が広々使えるようなった。

 

 

 

08:鏡を見て「ダッセェ作業服だな」と思ってたけど、イケメンが着てたらカッコよかった

単にモデルが悪かっただけなのかもしれない。

f:id:jimocoro:20171010110150j:plain

 

 

 

09:トラックドライバーだからといって、運転がうまいわけではない

プライベートで運転を頼まれる時、過度な期待はしないでほしいと思う。ただし道には詳しい。

 

 

 

10:大学を出ているだけでエリートとかインテリといったアダ名がつく

 物珍しいから……(ちなみに僕は高卒です)

 

 

 

11:デジタコという機械でトラックの動向が事務所に管理されててサボれない

もう「待ち時間が長いからコンビニに行ったよ?」「事故起こしそうなくらい眠かったから寝た」って感じで開き直るのが吉。

f:id:jimocoro:20171006162313j:plain

 

 

 

12:積んで降ろす、というシンプルな仕事だからこそ上手い下手の差がすごく出る

1件の荷下ろしが5分遅いと、10件の配達で50分残業することになる。

 

 

 

13:トラックは大きいから運転するのが怖い?

いいえ。むしろ車高が高いから、視野が広くて運転しやすい。

f:id:jimocoro:20171010145426j:plain

 

 

 

14:乗り心地の悪い乗用車を「トラックみたい」というが……

最近のトラックはラグジュアリー感すごい。

 

 

 

15:大きなトラックだと運転席のすぐ後ろにベッドがあったりする

仮眠用だけど、家の布団よりふかふか……。

 

 

 

16:こだわる人は、内部を家みたいに快適にしてる

オーディオの充実、電気ポットでラーメンを作ったりコーヒーを淹れたり、お風呂セットを常備したりしている。

f:id:jimocoro:20171006162317j:plain

 

 

 

17:対人ストレスは通常の職種より少ない

荷物さえ積み込んでしまえば、あとは一人だから。

 

 

 

18:他人にあまり関心がないくせに、トラックのカスタムにはめちゃ興味ある

トラックのサイドを照らすマーカー球を変えただけでも、すぐ気付いて集まってくる。

f:id:jimocoro:20171006162315j:plain

 

 

 

19:ギアチェンジのためのシフトノブを変えたがる

クリアな材質の中に造花が入ってるやつとか。原始人の槍みたいに長いのもある。

f:id:jimocoro:20171010110143j:plain

  

 

 

20:狭い住宅街で荷下ろしをしている時に限って乗用車が来る

例え10m程度であっても、絶対迂回してくれないのでこっちが移動する(一般車両が絶対的に優先)

 

 

 

21:時間指定が異様に細かい現場がある

8時32分指定とかマジである。それ以外の時間には行けない。

 

 

 

22:一見曲がれそうにない道でも、30回くらいハンドルを切り返せば曲がれる

人とトラックに不可能はない。

f:id:jimocoro:20171010110151j:plain

 

 

 

23:荷物を持つ時のゴム手袋は伊達ではない

摩擦によるグリップ効果で3倍くらいの重量が持てる。引っ越しの時なんかにも役立ちますよ!

ショーワグローブ No380ブレスグリップ ネイビー Mサイズ 1双

ショーワグローブ No380ブレスグリップ ネイビー Mサイズ 1双

 

 

 

 

24:配送用エレベーターが永遠に下りてこないので階段で行く

配送用のエレベーターは、多くの荷物を積み下ろしできるように「開けたまま固定できる」。そのため、上で使用してる人が開けたままにしてると、永遠に下りてこない。

 

 

 

25:荷積みするヤードのゴムの部分に鳥の巣が出来たりする

条件が良いのか、たびたび巣が作られる。

f:id:jimocoro:20171010113421g:plain

 

 

 

26:無骨なオヤジたちも雛たちの様子を優しく見守る

凶悪な顔のSさんも、プロレスラーみたいな体格のHさんも、全員頬が緩むのであった

f:id:jimocoro:20171010110154j:plain



 

27:運ぶ荷物が変わると、別業種と言っても過言ではない

たまに違う部署へ出向するが、ルール、積み方、伝票処理、納品方法……全てが違うのでド新人ドライバーと同じレベルで何もできない。

 

 

 

28:急勾配でツルツル滑ってトラックが上がれない時、牛と荷車で上げたことがある

平安時代じゃなくて21世紀の話です。

f:id:jimocoro:20171006162319j:plain

 

 

 

29:急勾配すぎる道は一度止まってしまったら終わり

どっちにも動けなくなって、ただ冷や汗だけが流れ続ける。

 

 

 

30:狭い道をバックで出なければならない時、巨人に助けてもらいたくなる

そんな巨人は来るはずもなく、泣きながら数百メートルバックする。

f:id:jimocoro:20171010113857j:plain

 

 

 

31:細い路地にハマって動けなくなった時、大型クレーンで吊り上げて救出してもらった

ホッとしたけど、トラックのフレームが曲がってしまった。

f:id:jimocoro:20171010111025j:plain

 

 

 

32:大雨、大雪、酷暑だと、実は大雪が一番マシ

雪はチェーンを巻けば無敵!ってくらい普通に走れる。でも酷暑と大雨は、荷下ろしの時逃れようがない

 

 

 

33:4階以下はエレベーターついてないとか、キツ過ぎる

2階建てのアパートすらエレベーターをつけてほしい。

 

 

 

34:できたてのダンボールはあたたかい

ダンボールそのもののみを運ぶ専門の業者もいます。

f:id:jimocoro:20171006162311j:plain

 

 

 

35:意外とその土地の美味しいものなど食べたことはない

仕事柄、各地には行くんだけど、タクシーと違い、トラックを停められる駐車場が限られているんです。

 

 

 

36:停めるところがないのでトイレもめちゃめちゃ我慢する

なので、携帯トイレを常備している。一回も使ったことはないが、「携帯トイレがある」と思うと安心感が生まれる。

f:id:jimocoro:20171006162318j:plain

 

 

 

37:コンビニはドライバーたちのオアシス

ドライバーそれぞれ行きつけのコンビニがあり、マドンナがいたりする。郊外のコンビニなら駐車場が大きく、確実に「駐車できる」。そして「食事」「トイレ」も済ませられる。まさに天国。

f:id:jimocoro:20171010113950j:plain

 

 

 

38:眠気対策は、無い

何をやっても眠い時は眠い。事故を起こしそうなくらい眠い時は諦めて仮眠をとるか、一回駐車してスクワットしてます。

 

 

 

39:自宅のリビングでうつらうつらしてる時にビクッとして飛び起きる

運転中に眠っちゃったかと思った……。

 

 

 

40:倉庫へ帰るまで配車(仕事の内容)はわからない

めちゃめちゃ楽な時もあればキツい時もある。僕のように「言いやすいメガネキャラ」は、厳しい配車に回ること多し。

f:id:jimocoro:20171006162321j:plain

 

 

 

41:無線を使っていた時代はハンドルネームを名乗っていた

・シリコ玉

・便所サンダル

・ダークナイト

・ウスゲグラスボーイ

無線なので声とハンドルネームだけしか知らない人もいます。なのでオフ会もありました。

 

 

 

42:そして妙な隠語を使っていた

白バイ→ パンダ

重量取り締まり→鉄板が焼ける

ネズミ捕り覆面 →タイガーマスク

バイバイ→口笛を吹いて無線を切るとさよならの合図

f:id:jimocoro:20171006162312p:plain

 ※上記は昭和のお話であり、現在は通信機を手に持って運転することは禁止されています

 

 

 

43:現在はスマホのグループチャットで喋ってる

暇だから永久に喋り続けてるおっちゃんもいる。

 

 

 

44:深夜に繁華街を通り抜ける時ワクワクする

昼間はあんなに人がいたのに、今は自分が道を独占してる!という快感。

f:id:jimocoro:20171010111756j:plain

 

 

 

45:トラックのナンバープレートは2種類ある

緑ナンバーは他社の製品などを運ぶ営業用(宅配便なども緑)、白ナンバーは自社製品を運ぶ自家用(通称 自社便)。今は白ナンバーはほぼいない。トラック野郎みたいな人はもう絶滅危惧種

f:id:jimocoro:20171006162316j:plain

 

 

 

46:電磁波をカットする高級なシートが話題に

エンジンからは電磁波が出ているというオカルトまがいの説があり、電磁波カットシートの購入を検討する人がいた。

 

 

 

47:夜明け前くらいに「もう無理~!」ってなる

何年もドライバーやってるのに、夜明け前くらいはいつも最強に眠たく、疲労もピークに達して、「無理……もう無理~!」となる。

 

 

 

48:というあたりでうまいこと到着する

夜通し走って到着した朝は、缶コーヒーが死ぬほどうまい。どんなこだわりの喫茶店より美味しい。

f:id:jimocoro:20171010110149j:plain

 

 

 

49:帰り道はラジオや音楽を聴いたりして最高の気分

達成感がハンパない。さっきまで眠かったハズなのに、鼻歌まじりでご機嫌になってる。

f:id:jimocoro:20171006162320j:plain

 

 

 

50:朝日が照らす景色は息を呑むくらい美しい

こんな仕事も悪くないなぁと思う。

f:id:jimocoro:20171010111620j:plain

 

 

 

まとめ

配送トラックのドライバーだけがわかる「あるある」、いかがだったでしょうか?

ハードな仕事ではありますが、ひとりの時間が多くて気楽だったり、夜明けの帰り道で達成感を感じる瞬間もあったりします。

 

「こんな“あるある”もあるよ!」とか「俺のハンドルネームは○○だったぜ」というご意見があれば、#トラックドライバーあるあるのハッシュタグでつぶやいて頂けると嬉しいです。

 

給料に関しては会社と本人の努力次第だとは思いますが、僕のところでは平均すると

2トン=月給20万
4トン=月給23万
大型=月給27万

くらいですね。

興味のある方は検索してみてください。では!

 

 

・トラック業界に興味を持った方、求人情報はこちら!

 

 

 

 (おわり)

 

※この記事はあくまでライターの経験に基づくものであり、すべての会社に共通するものではありません。

 

書いた人:ぞうむし

f:id:jimocoro:20171006142731j:plain

トラック運転手をしながら、夜な夜な漫画を描いています 、ぞうむしです。「死ぬまで諦めんやったら、俺の勝ち!」をモットーに日々精進しております。Twitter:@zoumushi6