【暑い・寒い】バイクあるある50選【不便が愛しい】

2020.05.29

【暑い・寒い】バイクあるある50選【不便が愛しい】

バイクに乗るライダーたちの間では当たり前のこと、寒さ、暑さ、排気量の違いや、レーサーからアメリカンなどのスタイルの違い……そんなバイカーあるあるを50個集めてみました。

人気記事

    洗車しながら失礼いたします、ライターのぞうむしと申します。

    僕はバイクが好きで、四半世紀以上乗り続けています(今はホンダのFTRに乗ってます)

    本来ならこんな気持ちのいい気候の時は、遠くにツーリングにでも行きたいところですが……現在コロナのせいでそれどころではありませんよね。

     

    というわけで今回は、家でバイクの思い出に浸りながら「バイクあるある50選」をお送りいたします!

     

    バイクあるある50選

    01夏は涼しいと思われがちだが、ムチャクチャ暑い(というより熱い)

    直射日光と照り返し、足の間のエンジンの熱がエグい(空冷は特にエグい)

     

    02冬の寒さは耐えられるものではない

    速く走ると風が寒いのでゆっくり走る

     

    03:初めて一人で公道に出た時、こんなに怖い乗り物はないって思いがち

    身体がむき出しなのでスピードを感じやすいのと、トラックやワゴン車など自分より巨大なものがビュンビュン走ってるから

     

    04:雨が銃弾みたいに痛い

    フルフェイスじゃない場合は、バンダナで口を覆ったりするとちょっとマシ

     

    05:雨の日のマンホール怖がち

    雨は降りはじめが滑りやすいので気をつけよう!

     

    06:早朝や夜はご近所迷惑だから、ひと気のないところまで押してエンジンをかける

    騒音を気にしてこそ真のライダー

     

    07:バイクって買うまでがめちゃくちゃ楽しい

    「これにしようかな? あれにしてカスタムしようかな?」

     

    08:ライダーに「バイク買おうと思ってるんだけど」って言うとハイエナみたいに群がってくる

    「SUZUKIにしろ」「いやHONDAだ」「オフ車にして一緒に林道走ろうぜ」「アメリカン買え」とかそれぞれのスタイルを押し付けてくる

     

    09:そして自分も誰かが「バイク買おうかな」って言ってきたら「ああしろ、こうしろ」言うようになる

    それとなく自分が好きなメーカーのショップを見に行ったり、それとなく自分のスタイルを啓蒙できるような映画のDVDを貸したりする

    イージー★ライダー [Blu-ray]

     

    10:巨大な橋を渡る時、強風に煽られてめちゃめちゃ怖い

    車より軽量なので、風に吹かれると道路のつなぎ目のとこでタイヤがすべる

     

    11:運転に慣れたあたりで油断して立ちゴケする

    ピカピカのタンクに傷が~!クラッチレバーが折れた~!

     

    12:初めて遠出した時「おれは自由の翼を手に入れたんだ!」と思う

    どこまでだって行けると思ってた

     

    13:ヘルメットのバイザーがバカになっていると、風圧でバコッ!と開いて首折れそうになる

    マジで危険なので買い換えよう

     

    14:何度買い替えても、ヘルメットのサイズがジャストじゃないように感じる

    自分の頭がでかいだけだった

     

    15:何をやっても鼻息でヘルメットのシールドが曇る

    台所用洗剤をシールドの裏側に塗ったり色々試したけど、曇る

     

    16:髪の長い女性ライダーが「ファサ~ッ」とヘルメット脱ぐ時のかっこよさ

    峰不二子的なやつ

    ※この絵だけ編集長が「俺に描かせてくれ」って言うから描いてもらいました

     

    17:ゴーグル忘れたら一瞬で目がパッサパサになって泣ける

    コンタクト落としたら最悪です

     

    18:転んだ時に初めて気づく、革ジャンの防御力

    特に地面と擦れる時に助かる(もしTシャツならすり身に・・・)

     

    19:何もない田舎道でちょっと休憩する時、バイクの上に寝る自分を世界で一番かっこいいと思っている

    実際は不安定なので全然休息できてない

     

    20:写真が大好き

    どこに行っても自分のバイクの写真ばっか撮る

     

    21:何故か缶コーヒーが美味しく感じる

    ライダーはなぜかみんな缶コーヒーが好き

     

    22:サービスエリアや観光地ではソフトクリームを食べる

    ライダーはなぜかみんなソフトクリームが好き

     

    23:海に架かる橋を走ってる時、カモメと並走することありません?

    「最高かよ!」ってなる

     

    24:誰も居ないキャンプ場でひとりカップ麺をすするの最高

    何食べてもおいしく感じる

     

    25:車と違って、乗ってて苦労するからこそ愛着が湧く

    暑い、寒い、危険、屋根がない、荷物乗せられない……考えてみたらなんでこんな不便なもの乗ってるんだろ

     

    26:ライダー同士で、排気量とかメーカーの違いとか、「スピード重視」とか「ハーレー以外認めない」とか「オフ車が一番に決まってる」とか主張がある

    好きなものほど、譲れないスタイルみたいなものがありますよね

     

    27:なのに、ライダー同士ってなぜか妙な仲間意識がある

    苦労を共有してるから戦友感があるんですよね

     

    28:ライダーはいつもツーリングに行く目的を探している

    走ることそのものが目的なので、理由は「ラーメンを食べに行く」「桜を見に行く」とか何でもいい

     

    29:お土産はあまり買えない

    ライダーはリュックに入る程度のものしか買わない

     

    30:走行中、自然と口ずさんでしまう曲がある

    『ボーン・トゥ・ビー・ワイルド(ワイルドで行こう!)』とか『イージュー★ライダー』とか

     

    31:グリップヒーターやヒートベストなど防寒グッズがめちゃめちゃある

    それでも寒い

    JBHOO 電熱ベスト 電熱ジャケット サイズ調整可能 USB加熱 バッテリー給電 3段階温度調整 5つヒーター 男女兼用 水洗い可能 アウトドア防寒対策 加熱服 ブラック

     

    32:バイク乗りは孤独を愛する者……

    エンジン音をBGMに、心地良い孤独だけを相棒にひた走る俺かっこいい

     

    33:でもみんなで集まるミーティングも大好き

    そのミーティングで年に一回しか会えない友人と会えるのが嬉しい

     

    34:友だちとツーリングする時にワイヤレスマイクがあると会話できて超楽しい

    たまに鼻息うるさいやつがいる

     

    35:バイク同士がすれ違う時、ピースするという謎の風習がある

    観光地や峠のみのルール

     

    36:高速のSAなどで知らないライダーからナチュラルに話しかけられる

    「良いバイクですね~」とか「俺も昔これ乗ってたんだよね」とか

     

    37:左足の靴だけ痛みやすい

    ギアを変える時こすれるから

     

    38:ウインドブレーカーに風が入ってジャケットが風船のようになる

    「血を吸った後のダニ」のようですね

     

    39:結婚するとバイク降りがち

    家族に心配かけたくないというのも、大事な考え方

     

    40:実際に300キロも出すことないけど、300キロ出るというスペックが大事

    くれぐれも実際には出さないでください

     

    41:とはいえ日本の道路事情では250ccくらいが乗りやすさ的にも維持費的にも最良という判断

    ライダーじゃない人は知らないと思いますが、250cc以下なら車検が必要ないんですよ

     

    42:オフロード車は車高が高くて足つかない

    自分の足が短いだけだった

     

    43:スポーツタイプのハンドルの低さが長距離の時きつい

    前傾になるから長時間乗ってると腰への負担がすごい

     

    44:バイク用の駐車場もっとほしい

    車用に停めようとして断られる(お金は払うから停めさせて)

     

    45:春に爽やかな風と共にツーリングするの、ほんと最高ですよね!

    また行きたいな……

     

    46:夏の海岸沿いの道とか、秋の紅葉した山道とか……

    良いわ~

     

    47:夜の高速道路を疾走するの最高

    気持ちいい

     

    48:田舎道をゆっくりトコトコ走るのも気持ちいい

    こういうのも良い

     

    49:なんだかんだ言いながら体中に風を感じながら走るのって最高に気持ちいい!

    外出できるようになったらツーリング行こう!

     

    50:『仮面ライダー』や『マッドマックス』のグース、『バリバリ伝説』など、バイクを好きになった理由の作品がある

    今は家でそんな作品たちを楽しみながら、ツーリングできる日を待ちましょう!

    イーアイデム

    この記事を書いた人

    ぞうむし
    ぞうむし

    トラック運転手をしながら、夜な夜な漫画を描いています 、ぞうむしです。「死ぬまで諦めんやったら、俺の勝ち!」をモットーに日々精進しております。

    ぞうむしの記事をもっと見る

    オススメ記事

      こちらの記事もオススメ