珍スポを継ぎし者! 5500万個の貝が生んだ「竹島ファンタジー館」伝説

2017.07.19

珍スポを継ぎし者! 5500万個の貝が生んだ「竹島ファンタジー館」伝説

愛知県・蒲郡市にある「竹島ファンタジー館」は5500万個の貝でできた謎のスポットでした。館長の杉浦巧さんに、ファンタジー館誕生の経緯を伺いました。

人気記事

    f:id:tmmt1989:20170719102846p:plain

    時空のトンネルからこんにちは。ライターの友光だんごです。

    このトンネル、よく見ると…

     

    f:id:tmmt1989:20170704153858j:plain

    全部「貝」でできています…!

    壁一面に貼られているのは「オウム貝」。多すぎじゃない?と思ったあなた、驚くのはまだ早いです。

     

    ここでは、すべてが貝なのですから。

     

     

    f:id:tmmt1989:20170706144553j:plain

    あれも、

     

    f:id:tmmt1989:20170706144436j:plain

    これも、

     

    f:id:tmmt1989:20170708221537j:plain

    どれもが貝でできています。

     

    本日は、そんな見渡す限り貝まみれの怪しい建物「竹島ファンタジー館」にやって来ました。

     

    f:id:tmmt1989:20170704154154j:plain

    竹島ファンタジー館があるのは、知多半島と渥美半島に囲まれた愛知県蒲郡市。国の天然記念物に指定されている島「竹島」のほど近く、海辺の観光地の一角に建っています。

     

    f:id:tmmt1989:20170706145050j:plain

    貝でできた壁画に、天井からぶら下がった巨大なシャコ貝。入口からして貝への熱すぎる想いが伝わってきます。

    この謎の熱量は、“王道ではない変テコな観光スポット”=「珍スポ(珍スポット)」と呼んでさしつかえないでしょう。

     

    もはや伊豆半島そのものが珍スポットな件

     

    珍スポは日本全国に点在し、ひそかな愛好家も多い一ジャンルです。しかし、昭和(特に高度経済成長〜バブル期)に作られたものが多いため、老朽化やオーナーの高齢化が進み、近年では閉鎖も相次いでいます。

     

    そんななか、竹島ファンタジー館が他と一線を画すのは「珍スポを継ぎし者」がいるという点なのです。

     

    珍スポって継げるの・・・?

     

    f:id:tmmt1989:20170706150752j:plain

    こちらが現館長の杉浦巧さん(75)。一度は閉館し、取り壊される寸前だったファンタジー館を2013年に購入し、2014年に再オープンした人物です。

     

    なぜ、いかにして珍スポを受け継いだのか?

    そもそもどうしてこんなに貝まみれなのか? 

     

    f:id:tmmt1989:20170718171442j:plain

    絶滅の危機に瀕する珍スポが生き残るためのヒントになる(かもしれない)館長へのインタビューをお届けします。

     

    昭和×平成センスのごった煮パーク

    f:id:tmmt1989:20170706172202j:plain

    まずはファンタジー館の中をご案内しましょう。館内では、角を曲がるたびに妙な存在感のあるオブジェが登場します。

     

    f:id:tmmt1989:20170706173128j:plain

    目が怖いこちらの彼女は「女海賊」らしいです。

     

     

    全面が貝殻でできたヤバイトンネル

    Shinpei Nakayaさん(@nkysp)がシェアした投稿 –

    ビカビカに輝く時空のトンネルを抜けると… 

     

    f:id:tmmt1989:20170707223241j:plain

    火を吹くドラゴンが登場! 案内板をみると「ファンタジードラゴン」という名前だそうで、「竜宮城への道案内」なんだとか。竜宮城…?

     

    f:id:tmmt1989:20170707223443j:plain

    ありました、竜宮城。乙姫さまに浦島太郎もいます。

     

    f:id:tmmt1989:20170707223643j:plain

    その先には貝で覆われた巨大な壁が!水が壁をどうどうと流れ落ち、滝のようになっています。高さは10m以上…!

     

    ここまで見ると、ザ・昭和の秘宝館テイスト

    しかし、「古さ」とともに「新しさ」が同居しているのが竹島ファンタジー館なのです。

     

    f:id:tmmt1989:20170706173418j:plain

    なにやらキャラクターたちが喋る画面、向こうが透けてます…もしや「透過スクリーン」というやつでは…? 急に新しいテクノロジーが出てきたぞ。

     

    f:id:tmmt1989:20170706173523j:plain

    こちらでは巨大な3画面でCGアニメが放映中。ちゃんと時間とお金がかかっていそうなクオリティです。

     

    f:id:tmmt1989:20170707231307j:plain

    最後の部屋では、卵型のオブジェを使ってプロジェクションマッピングが。最後に卵から火の鳥が孵り、地球を救って終わりました(どうやら「浦島太郎」をベースにした一大スペクタクルが繰り広げられていたようです)。

     

    この「昭和テイスト」と「最新(っぽい)テクノロジー」が交互に押し寄せて来るため、脳がキャパオーバーして途中からはひたすら笑っていました

     

    一体どうしてこんな施設ができたんでしょう…?

     

    館長に話を聞いてみよう

    f:id:tmmt1989:20170706170549j:plain

    放心状態で売店にたどり着くと、館長が出迎えてくれました。

     

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「お兄ちゃんたち、ミニゲームするかい? 景品あげるよ」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「景品もほしいですけど、ファンタジー館について聞きたいです。最初に作られたのはいつ頃なんでしょう?」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain35〜40年前に『蒲郡ファンタジー館』という名前でオープンしたんだ。前のオーナーはもう亡くなってる」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「やっぱり貝好きの方だったんでしょうか」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「そうだな。フィリピンやオーストラリアや100カ国から貝を買って、ここを作ったと聞いてる。全部で約5500万個の貝が使われとるんだ」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「5500万個…⁉︎」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「当時は貝の値段も安かったんだけど、今は同じだけの貝を10億円出しても買えないよ。昔は現地で貝を採る人の日当も安かったから。それに、法律で海外からの持ち込みが禁止されてる貝も増えたからね。今じゃとても作れない場所だよ」

     

    f:id:tmmt1989:20170707233351j:plain

    あの坂上忍主演のオリジナル映画を制作するくらい、ファンタジー館ができた頃は景気がよかったそう。映画の制作費なんと3600万円! ちなみにビデオは定価3689円のところ、380円でセール販売されていました

     

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「20年くらい前までは団体客がたくさん来てたんだけど、近くに大きな遊園地ができたりして、人が減って行ったんだな」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「なるほど」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「それで、お金持ちだった前のオーナーが破産してしまったんだ。フィリピンに6億円の島を買ってホテルを建てたんだけど、それが火事になってしまったのがきっかけらしい。それでファンタジー館も手放すことになったんだ。それが2010年くらい」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「そこで館長に買い取る話が」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「私が骨董品好きなもんだから、『龍をやるから見に来い』と言われてな。そしたらもう建物の前でショベルカーが待ってたのよ。10台くらいな。取り壊す寸前なわけ!」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「ギリギリのタイミングでしたね…!館長はここへ来たことはあったんですか?」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「いや、なかった」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「え、なかったんですか」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain龍もそのとき初めて見たよ。電気も止まって真っ暗でな、懐中電灯で照らしながら見たわけ」

     

    f:id:tmmt1989:20170707223739j:plain

    「やる」と言われた龍がこちら。全長数mはあります

     

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「こんなでかい龍持って帰れんわと思ったんだけど、その時に現場に居合わせた銀行員が、たまたま若い頃の知り合いだったんだ。そいつが『お金貸すから』と言うもんだから、建物ごと買うことになった」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「仕込まれていたんじゃないかと思うぐらいの話ですね。下世話な話で恐縮ですが、おいくらくらいで…?」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「それは言えないくらいよ」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「言えないぐらいの金額…。もしかしてお金持ちですか?」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「いや、金はないよ。貝ならあるけど

     

    珍スポの維持はお金がかかる

    f:id:tmmt1989:20170707234654j:plain

    普段は公開してないファンタジー館の2階へ移動しながら、インタビューは続きます。

     

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「うわー広い!ここはなんですか?」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain昔は2階がレストランだったんだ。1200人収容できる規模でね。でも今は使ってない

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「こんなスペースがあるのにもったいない…」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「2階にスプリンクラーをつけるのに1億円くらいかかるのよ。そこまで余裕がなくて、1階だけ改装してオープンしたんだ」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「買い取った時、ファンタジー館はどんな状態だったんですか?」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「貝のオブジェは傷んどった。だから修繕したんだ」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「やっぱり職人さんを呼んで…」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「貝をボンドで貼り付けただけだよ。若い衆も呼んで、私も一緒に手作業でな。貝は倉庫にいくらでもあったからなぁ。ちなみにトラック3〜4台分はある」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「芸能人のバレンタインチョコみたいな規模。CGアニメは誰が手がけたんですか?」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「原案を私が考えて、地元の製作会社に発注したんだ。ミニシアターを見ながら海底冒険をする『歩く映画館』をテーマに、元のオブジェに加えて改装したんだよ」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「だから昭和感と平成感が同居してたんですね」

     

    f:id:tmmt1989:20170707235306j:plain

    レストランで使用されていたテーブル

     

    f:id:tmmt1989:20170707235338j:plain

    天板一面に貝!テーブル1台を作るのにいくらかかったんだろうか…

     

    f:id:tmmt1989:20170707235519j:plain

    同じく2階にあるホール。テーブルの上の照明も、もちろん貝

     

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「再オープンするのに、外壁も塗り直して看板も新しくしたんだ。それだけで数千万円かかってな。それからなんでも自分でやるようになった」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「そんなにするんですね。維持費も大変そうな…」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「節約のために照明は全部LEDにしたね。箱物はお金がかかるんだ」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「リニューアルにかかった費用って総額どれくらい…?」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「とても言えんわ。たくさんだよ。2階は今のところ宝の持ち腐れだね」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「まだ使う予定はないんですか?」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「私の息子が食堂をしてて、100人分くらいなら食事を作れるようになった。だからイベントや、結婚式のパーティーなんかはできると思うんだ。どんどん使ってほしいね」

     

    f:id:tmmt1989:20170708005523j:plain

    ステンドグラスの窓があるお座敷も。かつてはここで団体客たちが食事をしていたそう

     

    世界のどこにもこんな施設はない

    f:id:tmmt1989:20170708005603j:plain

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「そういえば館長さん、本業は別にあるんですか?」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「私は魚屋だよ。車で1時間くらいの碧南市に会社がある。朝3時起きで市場へ行って、自分の店へ行って、それからファンタジー館へ来るんだ。毎日、毎日。ファンタジー館は水曜が休みだけど魚屋は営業してるから、私は休みなんかないの。なんでその年でそこまでやるんだと友達にも言われるよ」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「趣味ってありますか?」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「骨董品集めが趣味だけど、安いものばっかりだよ。この間、ダビデ像をもらったのよ。6mくらいある」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「え!」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plainただ6mもあるから外から股間が丸見えになるだろ? だから庭に寝かせとるんだ。あっはっはっ

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「めちゃめちゃよくできた話だ…。ファンタジー館の龍もそうでしたけど、大きいものを譲る時は館長に話がいくんですね」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「そうそう、タダが好きだから。もらっちゃうんだぁ

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「その癖で珍スポまで継いだんですね。すごい!」

     

    おわりに

    f:id:tmmt1989:20170708221215j:plain

    最後に、ファンタジー館は館長にとってどんな場所か聞いてみました。

     

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「世界のどこにもこんな施設はないよ。世界一だと思ってるから、もっとたくさんの人に来てほしい」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「外国の人も好きなんじゃないかと思います。2階もイベントに使えそうですし、いろんな可能性はありそうですね」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「そうだな。ただ、今のところ宣伝をやる費用がないのよ」

    f:id:tmmt1989:20170709203556p:plain「この記事で宣伝しますよ!」

    f:id:tmmt1989:20170709203533p:plain「ありがたい。記事のお礼に貝をあげるよ。金はないけど貝はあるから

     

    元のオーナーの貝への情熱に現館長のサービス精神が加わり、世界でも唯一無二の存在となった「竹島ファンタジー館」。子どもから大人まで楽しめる場所として心からおすすめします。近くには温泉もあり、夏休みの旅行先にぴったりです。

    愛知を訪れた際にはぜひ一度、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。
     

     

    f:id:tmmt1989:20170709122730j:plain

    けして貝で買収されたわけではありません。

     

     

    竹島ファンタジー館
    住所:愛知県蒲郡市竹島町28-14
    営業時間:9:00~17:00(7〜8月は〜17:30、11〜2月は〜16:30)
    電話番号:0533-66-3888
    定休日:毎週水曜日

    入場料:大人1000円(小・中学生500円、3歳以上の幼児300円)
    http://www.fantasykan.jp/

     

     

     

    ジモコロは求人情報サイト「イーアイデム」の提供でお送りしています

    愛知県の求人、アルバイトはこちら!

    イーアイデム

    この記事を書いた人

    友光だんご
    友光だんご

    編集者/ライター。1989年岡山生まれ。Huuuu所属。犬とビールを見ると駆けだす。

    友光だんごの記事をもっと見る

    同じカテゴリーから記事を探す

    オススメ記事

      上へ

      こちらの記事もオススメ