地方によく行く人の『あるある』を話してたら、なぜかすごい人たちが参加した

2019.05.15

地方によく行く人の『あるある』を話してたら、なぜかすごい人たちが参加した

地方によく行くライターたちで、あるあるを話してたら……有名アイドルグループ『ももいろクローバーZ』が、最新となる5枚目のアルバム「MOMOIRO CLOVER Z」の発売というみやげをもって参戦してくれました。

人気記事

    こんにちは、ライターのギャラクシーです。

    全国各地を飛び回っているジモコロ編集部とライターたち。彼らが集まると、必ず「こないだ◯◯県に行ったらこんなことがあって……」「あ~それわかる!」「あるある!」という、『地方のあるある』が話題になるのです。

     

    というわけで今回は、そんな『地方によく行く人のあるある』を改めて話し合ってみました!

     

    メンバーは、WEBライターとしてジモコロに記事を書いているヨッピーみくのしんギャラクシーモンゴルナイフ、という4人。

    ……の、ハズだったんですが、最終的に、

     

    なぜかすごい人たち

     

    が参加してくれたので―

     

     

    地方によく行く人の『あるある』

    ヨッピーの“あるある”

    ヨッピーお出かけ体験型メディア「SPOT」の編集長。仕事柄出張が多く、旅芸人並に全国各地に出没している。

     

    「では最初は僕からいきましょうかね。地方によく行く人にとって大事なのは宿! みなさん、ホテルや旅館で寝る時は、どういう格好で寝てます?」

    「もちろん浴衣ですけど」

    「ですよね? じゃあ、僕から“あるある”を発表しましょう!」

     

    朝にはバラッバラになってません?」

    「ある! ありすぎる!」

    「うわ~、メチャクチャあるわ~」

    「ていうか、最終的にヒモしか残ってない

     

    「脱げた挙げ句に、背中にクシャクシャのかたまりができて、気になって眠れないから結局持ってきたTシャツで寝る」

    「それもある! 寝間着としての戦闘力、ゼロどころかマイナス」

    「あと、ホテルの備品で言うと、ドライヤーについてもひとこと言いたい」

     

    「こういう、壁に埋め込まれてるタイプのドライヤー、風量が弱くてまるで使えないので『このタイプのドライヤーを撲滅する会』の会長に就任しました」

    「え、これは全然わからない。ドライヤーの風量ってそんなに問題?」

    「問題ですよ! 浴室の湿気にすら負ける風量だから、永遠に乾かない」

    髪が長い人にとっては、かなり“あるある”だと思いますよ。ビショビショの髪だと寝れないから、ドライヤーがショボいのは致命的」

    「『ホテルの備品あるある』みたいになってきましたね」

    「じゃあ次はもっと旅っぽいのを。空港での“あるある”を発表してもいいでしょうか? こちらです!」

     

    「わかるけど、長い!」

    「確かにあるあるですけどね。空港って遠~~~くの搭乗口まで無限に店があるように思っちゃって、入口付近の店をスルーしがちですよね」

    「で、『やっぱり最初の店にしたら良かった』って思って、また長い距離を延々戻るっていう」

    「それ、おみやげ屋でもありません? 入口付近の店で買ったほうがいいのか、奥にもっと大きな店があるのか、みたいな」

    「ある! 『ここで買うのが正解』ってマップに書いといてほしい」

    「正解じゃないほうに選ばれたみやげ屋、どうするんだ」

     

     

    ギャラクシーの“あるある”

    ギャラクシージモコロ副編集長。「人付き合いが苦手」という致命的な欠陥を持っているので、カメラマンと同行して地方取材に行く度に再起不能に近い心のダメージを負う。

     

    地方ならではの楽しみというとグルメですが……地方っておいしい店を探すのが難しいんですよね。というわけで、僕からこんな“あるある”を発表します」

     

    「えーっ! もったいない!」

    カスの所業。地方の生産者さん、飲食店の方々に土下座して謝罪行脚するべき」

    「いや、僕はわかります。事前にネットで店は調べるんですけど、そういう有名店は混んでて入れなくて、じゃあ次はここだって思ったら19時で閉まってたりして」

    「そう! 地方って店の選択肢が少ないから人が集中するし、すぐ閉店するし、焦って探し回るうちに疲れて『もう何でもいいや』ってなっちゃう

    「まあ、ホテルの部屋で食べるって、それはそれで旅っぽいですけどね。居酒屋とかは東京でも行くけど、ホテルはそうそう泊まるものじゃないから」

    「地元の人とかタクシーの運転手に聞いたら、おいしいお店を教えてくれるんじゃない?」

    「以前、香川でタクシーに乗ってる時、運転手さんに『このへんに、おいしいうどんの店ありませんか?』って聞いたんですよ。そしたら……」

    「そしたら?」

    『店で食べるより、冷凍うどんのほうがおいしいよ』って言われて……そのあと30分くらい冷凍うどんの素晴らしさについて語られました」

     

    「それは“あるある”ではない」

    「香川県で、『店で食べるより、冷凍うどんのほうがおいしい』ってこと、ある?」

    「冷凍うどん、おいしいけどね!」

     

     

    モンゴルナイフの“あるある”

    モンゴルナイフ地方に取材に行く時は「現地の美味しいお店」「行っておくべき絶景ポイント」などを調べつくしてから行く性質があり、「出張」と「個人的な旅行」を完全に混同している。

     

    「グルメ繋がりで、私からはこんな“あるある”を発表しますね!」

     

    「私の出身地・北海道だとセイコーマートなんかがそうなんですけど、その地方特有のチェーン店って最高じゃないですか?」

    「わかる~! 地方感もあるし、値段も手頃だし、敷居も高くない

    「以前、全国のローカルチェーン店についての記事を書いたから詳しいんですが……地方のチェーン店は、憶えとくと その地方出身の人に気に入ってもらいやすいですよ」

    「えっ、どういうことですか?」

    「例えば福島の人なら『メヒコのカニピラフおいしいですよね』って言ったら、すごく喜んでもらえるし、秋田なら『ババヘラアイス食べましたよ』って言うと盛り上がるんです」

    「あ~、なるほど! 特定の個人店だと知らない人もいるけど、チェーン店ならその地方の人は全員食べてるから、親しみを持ってくれやすいんだ!」

    「次 地方に行ったらローカルチェーン店に入ろう」

    「札幌だと『みよしの』のぎょうざカレー、みたいなことですね。今回で一番役立つ知識かも!」

     

    本当の札幌を満喫するため、今からリアルタイムでおすすめコメントを募集する

    ※『みよしの』のぎょうざカレーについてはこちらの記事をご参照ください

     

    「ところで、みなさんトラベルグッズにこだわりはありますか? 充電器とか小物を入れるポーチとか」

    「僕は衣類をコンビニの袋に入れてるくらいなので、何のこだわりもないです」

    「そういう人は論外として、私から言いたい“あるある”はこちらです!」

     

    無印良品のトラベルグッズはマジで便利で、おしゃれで、安い!」

    「わかる! アイマスクがついてるパーカーとか、フックに掛けて吊るせる小物ポーチとか、愛用してます」

    「私はメッシュ素材のポーチを愛用してます。脱いだ服をそこに入れとくと、『洗濯ネット』みたいにそのまま洗濯できるんですよ! 帰ったら洗濯機にポンと入れるだけ」

    「何それ超便利じゃん」

    「今 洗濯の話が出ましたが、みなさんは旅の途中に洗濯ってします?」

    「長い宿泊だとホテルで洗濯しますね。最近は乾燥機が設置されてるところも多いし」

    「僕は洗濯しません。一週間泊まるなら、下着を7枚持っていきます

    愚の骨頂すぎる。ちなみに僕はこんな感じで……(ゴソゴソ)」

     

    本当にヨッピーが数時間前に脱いだ下着類です

     

    「うわっ、汚いっ!」

    「こうして、ジップロックに、パンツ・靴下・Tシャツを入れて持ち歩いてます。長い宿泊の場合はこれを3セット持って行って、ホテルの洗面所でハンドソープで洗濯しながらローテーションするって感じですね」

    「それはいいんですが、汚らわしいので、下着類は一旦テーブルから移動してもらっていいですか?」

     

    みくのしんの“あるある”

    みくのしんジモコロではバイト体験レポートを連載中。方向音痴で極度のビビりという致命的な欠陥を抱えているので、出張の時も基本的にはビジネスホテルに籠もっている

     

    「では次は僕から“あるある”を発表しますね。これは移動に関する、恐怖のあるあるです」

     

    「うわぁーーー! わかるゥゥ~~!!」

    「まさにあるある! 移動手段にバスを選ぶの、勇気がいる

    「まずバス停が見つけられない。Google Mapにも正確な位置が記されてないから」

    「先払いなのか後払いなのか、料金のシステムもよくわからないし、PASMO(ICカード)が使えなくて慌てて両替したり」

    「しかも地方だと2時間に一本しか走ってなかったりするから、逃したらドエライことになる」

    「乗換アプリって、基本的に“スムーズに行けた時”の時間しか書いてないじゃないですか『乗り換え時間・4分』とか。『知らない土地で4分以内にバス停を見つける』って怖いから、1本前の電車に乗ることにしてます」

    「わかる。というか、バスに限らず、知らない土地では全部の乗り換えが怖いんで、3回乗り換えるとしたら3本早い電車に乗っちゃう。結果、1時間前に目的地に着いて途方に暮れる」

    「それはビビりすぎでしょ」

     

    「さあ、というわけで一人2個ずつ“あるある”を発表してきましたが、次が最後ですかね?」

    「お任せ下さい。では発表しましょう! こちらです!」

     

    「は?」

    「???」

    「何の話?」

    「道路脇に植えられてる街路樹、地方だとインフレしてて、トトロの木みたいなレベルのがズラ~っと生えてるんですよ(笑)」

    「……そうか?」

    「そんなことないでしょ」

    「創作した………?」

    「………………」

     

    「勝手に付け足すな」

    「終了」

     

     

    4人でのあるある座談会を終えて

    「いやぁ、ド直球の“あるある”から、“それはない”ってものまで、色々出たなぁ。これ、他にも地方によく行く人が居たら聞いてみたいな」

    「そういうことなら私たちにお任せください!」

    「え、誰!? どこからか声が……」

     

    「確かこっちの部屋から聞こえてきたけど……?」

     

    ドドドド……!!

     

    「あ、ああぁぁ~~!!! まさか、あなた達は……!!」

     

    ドーン!

     

    「ジモコロ読者のみなさん、はじめまして! ももいろクローバーZです!」

    「もっ、ももも……ももクロだ~~~ッ!!!」

     

    「まさか地方あるある座談会にももクロが参加してくれるとは……! アイドルと地方って、あまりイメージが結びつかないんですが、色んな土地に行ったりするんですか?」

    「ライブや撮影で地方に行くことはよくありますね。日常的と言ってもいいかも」

    「特に2017年からは47都道府県をライブツアーする『ももいろクローバーZ ジャパンツアー「青春」』というのをやっていまして」

    「あえて県庁所在地や都市部ではない地域でもライブをやっています。それこそ、小さな町の公民館みたいなところでも!」

    「実は日本全国、かなりの場所に行かせて頂いてますね」

    「47都道府県をツアーするってすごいですね! ジモコロ編集部より地方に行っている……! では、そんなみなさんの“あるある”を教えてください。

     

    ももいろクローバーZの地方あるある座談会

    百田夏菜子のあるある

    「ツアーの移動は現地集合なんですか? それとも4人一緒に行動するんですか?」

    「基本的には4人一緒に行動してますね」

    「移動はみんなでしたい」

    「特に車で移動する時なんかは、一緒の車内で、もうず~~っと喋ってます

    「そう、ず~~っと喋ってる。ただ……ここで私からの“あるある”を言っていいですか?」

     

    「今日もこのスタジオに来るまで車内でお喋りしてたハズなのに、1ミリも憶えてない

    「え~? そんなこと……あれ!? 本当だ、全然憶えてない!

    「確かに何かを話して盛り上がった記憶はあるのに……思い出せない」

    「私たちって、何を喋ってるんですか?」

    「僕に聞かれても……」

     

    高城れにのあるある

    「続いて私からの“あるある”を発表していいでしょうか? こちらです!」

     

    「わっ、ある! 移動が長い日はゆったりした服にしがち」

    動きやすさとか、快適さを優先して服を選んじゃう。大きめのパーカーとか」

    「たまに、『私たちってアイドルだよね?』って心配になるくらいユルユルの格好の時あるよね」

    「今日は皆さんピチッとした衣装ですが、移動中はそういうのだとツラいってことですか?」

    「時間がなくて、衣装の上からベンチコートを羽織って移動することもあるんですけど、できればピチッとしてない服が良いですね」

    スキニーみたいな細めのボトムだと、ずっと膝を曲げたままの移動には向いてない。特に飛行機は席が狭いので」

    「あと飛行機って気圧の関係なのか、脚がむくみがちなんですね。それもあって、スキニーはきついです」

    「月に10回は飛行機に乗る私たちから、全ての女性にアドバイスさせてください。長時間の移動にはゆったりしたボトムのほうが絶対良い!」

    「でも、私たちって飛行機に乗ってもずっと寝てるから、記憶がないよね」

    「お喋りの件といい、記憶を失いすぎでは?」

    離陸と同時に寝て、着陸の衝撃で起きるのがももクロあるある」

    「シートをリクライニングさせてると、途中でCAさんに『座席を元の位置に戻してください』って起こされるから、1ミリも倒さずに直角のまま爆睡する」

     

    佐々木彩夏のあるある

    「地方に行くっていうと羨ましがられることも多いんですよ。空気のきれいな所でゆっくりできるんでしょ?みたいな」

    「実際はすごいバタバタして、日帰りのことが多いよね。沖縄とか北海道すら日帰りの範囲内

    「せっかく沖縄に行ったのに、滞在2時間ってこともありました」

    「あった! 7時に飛行機が到着して、9時にはもう帰りの飛行機に乗ってた

    「売れっ子って大変! とはいえ、時にはホテルに泊まることだってあるんですよね?」

    「もちろん、泊まることもありますよ。あ、じゃあここで私からの“あるある”を発表しますね」

     

    「あ~わかる! できるだけ速やかに、自分好みに最適化する。ここは荷物置くところ、ここはスマホを充電しながら見るところ、みたいな」

    「明日着ていく服はここ、とかね」

    「机に、ホテルの案内書きとかマッサージサービスのプリントとか、そういう、自分のものじゃない書類が出てるの、すごく気になる。部屋に着いたらすぐ、全部端っこにしまっちゃうよね~?

    「え……? 気にしたことなかった。ていうか気にする人、いるんだ」

    「長い付き合いなのに、そんな習性があるの、初めて知った(笑)」

     

    玉井詩織のあるある

    「じゃあ次は私から“あるある”を発表してもいいでしょうか? こちらです!」

     

    いちばん大事なのはライブですけどね!」

    「それはわかってます! そうじゃなくて、地方によく行く人のあるあるとしてってこと!」

    「せっかく地方に行くんだから、グルメは大事にしたい。滞在時間が短いことも多いし、観光とかは厳しいんですよ。だからせめて食べ物はこだわりたい!」

    「短い時間でどれくらいおいしいものを食べられるか、というゲームになる」

    「もうすぐ飛行機のチェックインが締め切りになる!っていう時でも、どうしても『沖縄そば』が食べたくて、10分で完食したことあるよね」

    「沖縄だと『ブルーシール』っていうアイスも時間ないけど食べました。グルメに関しては、決して諦めない(笑)

    「北海道の海鮮丼とか最高だったよね~」

    「私、地味に『新潟チップス』とか大好き!」

    宮崎の地鶏……あ、違う。なんだっけ、その地方特有の鶏のこと。えっと、地鶏だ!

    「何なんだ」

     

    「『青春ツアー』では、土地土地のおいしいものを食べられる機会が多くて。どれがおいしかったか考え出すと悩んじゃう」

    「飛騨牛が最高においしかった」

    「551の豚まんは忘れたくない」

    「仙台の牛たん弁当で、ヒモ引っ張ったら温かくなるやつ考えた人は天才」

    地方によく行く人は、食べ物の話でめちゃめちゃ盛り上がるって……あるあるですよね」

     

    ももクロが地方をツアーする理由とは

    「話を聞いていると、かなりタフなツアーをこなしているようです。そうまでして全国47都道府県でライブをするのは、何か理由があるんですか?」

    「都会の大きなコンサートホールも、もちろん良いんですけど……ファンのかたが住んでいる場所でライブをやりたかったというのがありますね」

    「地方の人が、東京や大阪までライブを見に来るのは、気軽にというわけにはいかないですよね。どうしても見に行けない人も居て……」

    「青春ツアーでは、都市部や県庁所在地以外に、公民館みたいな場所でもライブしたんですね。そしたら、来てくれる人は近くに住んでる人がやっぱり多くて。7~8割くらいは地元の人だったんじゃないでしょうか」

    「自転車で会場まで来た人もいたよね。『自分が住んでいる町でももクロを見られるなんて!』って、すごく喜んでもらえました」

    「小さな会場だとファンとの距離が近いっていうメリットもあるよね。お客さんのレスポンスも速いし、アツい!

     

    「客層も、都心のライブとはちょっと違うんですよね。お婆ちゃんが来てくれたり。『ここでライブをやっていなければ、ももクロとこのお婆ちゃんとは出会えなかったんだろうな』って」

    「逆に、小さい人も来てくれるよね」

    「ち、小さい人???」

    「違うっ! 子供、と言いたかったんです」

    「あぁ(笑)。そうなんです。お子さん連れの方も多いです。アイドルのライブでファミリー席を設けているのはあまりないんじゃないかなぁ」

    「なるほど。では、『青春ツアー』……やって良かった?」

    「もちろんです!」

    「具体的にはどういう部分が良かったんでしょうか?」

    「それはですね……」

     

    【Amazon.co.jp限定】MOMOIRO CLOVER Z【初回限定盤A】(オリジナル「MOMOIRO CLOVER Z」デカ缶バッジ(75mm)【初回A ver.】付き)

    「この度、5月17日に私たちの5枚目のアルバムが出るんですが……」

    「その名も『MOMOIRO CLOVER Z』! まさにももクロの集大成と言える内容になってます」

    「こちら、初回限定盤Aには、なんと『青春ツアー』中野サンプラザホール公演のLIVE映像を収録したBlu-rayが特典として付いてくるんです! 私たちのコメンタリーも入っていますよ!」

    「『青春ツアー』の良さは、このBlu-rayで片鱗を垣間見ることが
    できるのではないでしょうか?」

    「新曲はもちろん、初回限定盤Bにはセルフリメイク曲が10曲収録されて
    いるので、みなさんぜひ聴いてくださいね!」

    「これはもう買うっきゃないですね! 本日はお忙しい中、ありがとうございました!」

    「ありがとうございました!」

     

    まとめ

    4人とも本気でかわいかったので、終始 ニヤケた顔になってしまいました

     

    というわけで今回は、地方によく行くライターたちと“あるある”を話してたら、僕らより地方をツアーしているアイドルが遊びに来てくれた、というお話でした。

    負けてられないぜ!というわけで、5月17日発売のももいろクローバーZの5thアルバム『MOMOIRO CLOVER Z』を聞きながら、これからも地方取材を頑張りたいと思います!

     

    イーアイデム

    この記事を書いた人

    ギャラクシー
    ギャラクシー

    株式会社バーグハンバーグバーグ所属。よく歩く。走るし、電車に乗ることもある。

    ギャラクシーの記事をもっと見る

    同じカテゴリーから記事を探す

    オススメ記事

      こちらの記事もオススメ