【街ブラ】東京スカイツリーが倒れたら…心配性の女子大生が調査してきた

2016.07.13

【街ブラ】東京スカイツリーが倒れたら…心配性の女子大生が調査してきた

押上駅にあるスカイツリー。観光スポットとしては非常に有名なこの場所ですが、もし倒れてしまったどうなってしまうのでしょうか…? 今回はそんな心配をして止まない、女子大生ライターのあぐ味が下町を街ブラします。

人気記事

    皆さんこんにちは。 あぐ味です。

    f:id:Arufa:20160630102824j:plain

    本日はここ、押上駅にやってきました……。

     

    f:id:Arufa:20160630102822j:plain

    この押上駅は、ご存知、あのスカイツリーのふもとにある駅です。

     

    f:id:Arufa:20160630103037j:plain

    スカイツリーといえば、墨田区押上一丁目にある全長634mの電波塔。

    地上から450m地点には展望回廊があり、眼下に広がる街並みを見下ろしては「愚民どもが」と好きなだけ優越感に浸ることができます。

    さて、そんなスカイツリーですが、皆さんは一度でもこう思ったことはありませんか?

     

    「スカイツリーって倒れたりしないのかな」

    「もしもスカイツリーが倒れたらどの辺まで届くの?」

    ……と。ちなみに私は常日頃思っています。

     

    f:id:Arufa:20160630103039p:plain

    そこで本日は、そんな不安を体感するために、スカイツリーを中心とした半径634mいわばスカイツリーが倒れてくるかもしれない範囲をお散歩してみようと思います。

    とはいえ、私がずっとハラハラしてる顔を見せてもしょうがないので、

     

    f:id:Arufa:20160630103038j:plain

    普通にスカイツリー周辺の街並みを楽しみたい、ライターのARuFaさんにもご一緒していただきます。よろしくお願いいたします。

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain「いきなり呼ばれた上に、よくわからない企画に参加させられてしまった」

    f:id:Arufa:20160630103040p:plain「ARuFaさん、そうやって余裕をぶっこいていられるのも今のうちですよ……」

     

    f:id:Arufa:20160630102825j:plain

    と、いうわけで、さっそくお散歩開始。

    確かこの近くで上を見上げれば、スカイツリーが見えるはずだけど……

     

    あっ!!!!!!

     

    f:id:Arufa:20160630103019j:plain

    「デカーーい!!!!!!」

    なにこれCG? なんで普通に下町の中にこんなのが立ってるの?

    もし突然現れた巨人がこれを指でつついたりしたらと思うと……怖い! 怖すぎる!

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain「そんな怖い? かっこいいじゃん」

    f:id:Arufa:20160630103040p:plain「……ARuFaさんって身長いくつですか?」

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain「164cmだけど」

    f:id:Arufa:20160630103040p:plain「となると、スカイツリーは634mなので……ARuFaさん386.6人分の高さということになるんです! だとしたら怖いじゃないですか!」

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain「高さを人数で例える時に小数点をつけないでよ。0.6人分の奴が腰あたりでブッた切られてるじゃん」

     

    f:id:Arufa:20160630102828j:plain

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain「……そんなことより何かやってるよ! ご当地キャラクターフェスティバルだって!」

     

    f:id:Arufa:20160630102826j:plain

    わぁ……! みんなご存知、台東区のまもり神こと「台東くん」だ…可愛いなぁ…!

     

    f:id:Arufa:20160630102827j:plain

    でも……。

     

    f:id:Arufa:20160630102829j:plain

    すぐ頭上にはヤツがいる……!

    もし倒れてきたら、台東くんがモシャモシャーーン! となってしまう!

     

    f:id:Arufa:20160630103058j:plain

    「こうしちゃいれない! 早くここから離れましょう!」

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain「え、なんで? もっとゆるキャラ見てたいんだけど」

     

    f:id:Arufa:20160630103059j:plain

    「いいから行くんだよ!! 早く!!」

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain「え~、ゆるキャラ見たいよ~」

     

    f:id:Arufa:20160630103100j:plain

    「ゆるキャラなら他にもいるわ馬鹿が!! 変なTシャツ野郎!!!」

     

    f:id:Arufa:20160630103101j:plain

    (本当に変なTシャツだった)

     

    ゆるキャラを見に行こう

    f:id:Arufa:20160630103046j:plain

    ……というわけで、我々は別のゆるキャラを求め、スカイツリーから徒歩5分の位置にある「おしなりくんの家」にやってきました。

    【おしなりくんの家】

    「墨田区おしなり商店街」のゆるキャラである『おしなりくん』の家。

    観光案内所兼お休み処として運営しており、グッズや軽食などが販売されている。

     

    f:id:Arufa:20160630103050j:plain

    中にはこの家の主、おしなりくんがちゃんと住んでいます(動かないけど)

    モデルは在原業平という歌人で、この烏帽子はスカイツリーをイメージしてるんだとか。カワイイ!

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain「本当に他にもゆるキャラがいるんだ……しかもゆるキャラの家があるってすごいね」

    f:id:Arufa:20160630103040p:plain「まあ、ここも634m範囲内なので、もしスカイツリーがアレなことになったらアレしちゃいますけどね」

     

    f:id:Arufa:20160630103102g:plain

    f:id:Arufa:20160630103041p:plain「……あっ、でも頭がめっちゃフカフカだから、スカイツリーが直撃しても衝撃を吸収してくれるかも」

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain「イケるかな~?」

    f:id:Arufa:20160630103041p:plain「スカイツリーの重さにもよりますけどね。5トンくらいならこのフカフカで何とかなる気がします。何故ならそのくらいフカフカだから」

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain「……あ、今調べたらスカイツリーの重さは」

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain41,000トンだってさ」

     

    f:id:Arufa:20160630202129j:plain

    ビクンビクンッ!!

     

    f:id:Arufa:20160630103048j:plain

    f:id:Arufa:20160630103040p:plain「ダメだ無理だ、早く遠くへ行きましょう」

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain「だから倒れないって……あっ!

     

    f:id:Arufa:20160630103045j:plain

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain「何か出店やってるよ! 出店好き~~~~!」

     

    f:id:Arufa:20160630103054j:plain

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain出店~~~~~~!!!!

     

    f:id:Arufa:20160630103055j:plain

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain出店ウマ~~~~~~~い!!!!

     

    f:id:Arufa:20160630103056j:plain

    f:id:Arufa:20160630103040p:plain「(よく食欲湧くなぁ……。こんなにも危険な場所なのに……)」

    f:id:Arufa:20160630202139p:plain「辛気臭い顔してないで、なんか食べなよ~~~」

     

    f:id:Arufa:20160630202133j:plain

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain「あ!そうだ! キュウリ買ってあげるよ!」

     

    f:id:Arufa:20160630202134j:plain

     

    f:id:Arufa:20160630202136j:plain

    f:id:Arufa:20160630103042p:plain「ほら…こうやってキュウリとスカイツリーを並べたら、スカイツリーなんてちっぽけなものに思えてこない?」

    f:id:Arufa:20160630103040p:plain「 (なにを言ってるんだろう?)」

     

    f:id:Arufa:20160630202135j:plain

    …ちょうどその時、優しい屋台のおじさんが、「撮るよ撮るよ~!」と言って写真を撮ってくれたのですが、ヤバい構図になっていて笑ってしまいました。

    とはいえ、押上の人々の温かみに触れたような気がしてホッコリしました。

     

    f:id:Arufa:20160630202131j:plain

    ただ、私がスカイツリーが怖いこととは何ら関係もないので、 先へ急ぎます。

     

    タワービュー通り周辺を散策

    f:id:Arufa:20160630202140j:plain

    f:id:Arufa:20160630202139p:plain「へぇ~、タワービュー通りだって! その名の通り、スカイツリーがめちゃくちゃよく見えるね!」

    f:id:Arufa:20160630202137p:plain「道が良い感じにまっすぐなので、ここにスカイツリーが倒れてきたら道にスッポリはまりそうですね」

    f:id:Arufa:20160630202139p:plain「うん……」

     

    f:id:Arufa:20160630202142j:plain

    f:id:Arufa:20160630202138p:plain「でももしそうなっても私が受け止めてやりますから! ARuFaさん、心配せずにこの道を歩いて下さい!」

     

    f:id:Arufa:20160630202141j:plain

    f:id:Arufa:20160630202138p:plain「かかってこいやコラァ~~~~~!!!!」

     

    f:id:Arufa:20160630202143j:plain

    「………」 

     

    f:id:Arufa:20160630202154g:plain

    スゥ~~~~~~~~~

    f:id:Arufa:20160630202137p:plain「ちょっと! 待ってくださいよ!」

     

    f:id:Arufa:20160630202144j:plain

    f:id:Arufa:20160630202137p:plain「ん…? なにここ! 道に突然砂場がある! おもしろい!」

     

    f:id:Arufa:20160630202145j:plain

    f:id:Arufa:20160630202137p:plain「なるほど… 四方が建物で囲まれているし、完全なる“安全地帯ですね。やっぱりスカイツリーが倒れてきたときのことが考えられているんですよ」

    f:id:Arufa:20160630202139p:plain「思想が偏ってきてるなぁ…」

     

    f:id:Arufa:20160630202152j:plain

    f:id:Arufa:20160630202137p:plain「あっ! これも! スカイツリーを受け止めるために用意された手ですよ!」

    f:id:Arufa:20160630202139p:plain「手のカタチをしたオシャレなイスにしか見えないけどなぁ…」

     

    f:id:Arufa:20160630202210j:plain

    …ふと上を見上げてみると、亀甲縛りにされている座布団も見つけましたが、恐らくこれもスカイツリーと何らかの関係があるものでしょう。

     

    f:id:Arufa:20160630202138p:plain「あっ!」

    f:id:Arufa:20160630202158j:plain

    f:id:Arufa:20160630202138p:plain「ARuFaさん、『わんぱく天国』がありますよ!」

    f:id:Arufa:20160630202139p:plain「わんぱく天国? 何それ?」

     

    f:id:Arufa:20160630202200j:plain

    【わんぱく天国】

    押上駅から徒歩5分にある公園。

    ロープスライダー、畑、池、工作室などがあり、都会の中のオアシス的遊び場。

    f:id:Arufa:20160630202139p:plain「親子連れが多くて賑やかだね。いいところ~」

    f:id:Arufa:20160630202137p:plain「でもここは……地図によると、スカイツリーからちょうど450m地点……」

     

    f:id:Arufa:20160630202202j:plain

     

    f:id:Arufa:20160701111041j:plain

    f:id:Arufa:20160630202137p:plain「もしスカイツリーがこっちに倒れてきたら、あの天望回廊にちょうどブチ当たる場所なんです!」

    f:id:Arufa:20160630202139p:plain「もういいから遊ぼうよ」

     

    f:id:Arufa:20160630202209j:plain

    というわけで、わんぱく天国で遊んでみる我々。

    わんぱく天国には様々な遊具があり、子ども達が思い思いに楽しんでいたのですが、私的に印象に残った遊具はこちらの…

     

    f:id:Arufa:20160630202206j:plain

    力ずくで成長を止められている切株と、

     

    f:id:Arufa:20160630202207j:plain

    めちゃくちゃ怖い人形でした。

     

    f:id:Arufa:20160630202204j:plain

    とはいえ、タワービュー通りと同じように、わんぱく天国にも安全地帯があったので、もしもの時にはこの穴に逃げ込みましょう。

     

    f:id:Arufa:20160630202205j:plain

    ただでさえ防御力の高い土管をさらに土に埋めてあるので、この中ならスカイツリーでも隕石でも余裕で防いでくれるでしょう。

    ただ、スペース的には大人5人くらいしか入れないので、心配な人は常にこの中に住んでおくと良いと思います。そして警察に捕まって下さい。

     

    ボーダーラインの634m地点!

    f:id:Arufa:20160630202146j:plain

    f:id:Arufa:20160630202138p:plain「あぁっ!! ARuFaさん!!! 地図によるとここがスカイツリーからおよそ634m地点、つまりスカイツリーが倒れてきた時にちょうど先っぽらへんにあたる場所です!!」

    f:id:Arufa:20160630202139p:plain「へぇ~、ちょうど『たばこと塩の博物館』っていう建物があるんだ」

     

    f:id:Arufa:20160630202150j:plain

    【たばこと塩の博物館】

    日本たばこ産業が運営する、たばこと塩の歴史・文化をテーマとした博物館。愛称は「タバシオ」。

     

    f:id:Arufa:20160630202147j:plain

    f:id:Arufa:20160630202138p:plain「ここです、この辺りにあのスカイツリーの先っぽが!」

     

    f:id:Arufa:20160630202149j:plain

    f:id:Arufa:20160630202139p:plain「あれがちょうどココに……?」

     

    f:id:Arufa:20160630202148j:plain

    f:id:Arufa:20160630202139p:plain「…え、なにしてるの?」

    f:id:Arufa:20160630202138p:plain「スカイツリーが倒れてきたときのシミュレーションです。先っぽがちょうどこの唇をかするので、スカイツリーとキッスができるってことですからね!」

     

    f:id:Arufa:20160630202153g:plain

    ※イメージ

    f:id:Arufa:20160630202139p:plain「唇もげるんじゃない?」

    f:id:Arufa:20160630202138p:plain「スカイツリーが倒れてきて、唇だけで済むのなら結果オーライですよ」

    f:id:Arufa:20160630202139p:plain「ネガティブなのかポジティブなのかわからない」

     

    スカイツリーの中に入ってみよう!

    f:id:Arufa:20160701111042j:plain

    さて、634mのボーダーラインを満喫した後は、「逆にスカイツリーの中なら倒れても安全なんじゃ…?」と思ったため、スカイツリーに近づくことに。

     

    f:id:Arufa:20160704014014j:plain

    ちなみに、その道中には昔ながらの駄菓子屋さんや、

     

    f:id:Arufa:20160704013953j:plain

    今はあまり見ないガチャガチャがありました。さすが下町~~~!!!

    f:id:Arufa:20160704014016p:plain「ARuFaさん、ガチャガチャやってみましょうよ」

     

    f:id:Arufa:20160704013954j:plain

    f:id:Arufa:20160704014016p:plain「これやりましょう! 『ザ・バクダン』!」

    f:id:Arufa:20160704014017p:plain「シンプルに物騒かよ」

     

    f:id:Arufa:20160704013955j:plain

    というわけで、ガチャガチャを回した結果…

     

    f:id:Arufa:20160704013956j:plain

    「火薬を詰めて投げると自爆する恐竜」が当たりました! この子が一体何をしたっていうんだろう…

     

    f:id:Arufa:20160704013958j:plain

    f:id:Arufa:20160704014017p:plain「僕は、それこそ爆弾みたいなやつが当たりました」

     

    f:id:Arufa:20160704013959j:plain

     

    f:id:Arufa:20160704014000j:plain

    f:id:Arufa:20160704014017p:plain「ウマい」

    f:id:Arufa:20160704014015p:plain「えっ、何、急に怖い!!」

     

    f:id:Arufa:20160704014003j:plain

    ……さあ、そんなこんなでスカイツリーの前までやってきた我々。

    それでは恐る恐る中へと入ってみたいと思います。

     

    f:id:Arufa:20160704014004j:plain

    スカイツリーの内部に入ると、「世界各国のタワーの中でいかにスカイツリーがデカいか」という図がありました。比べてみるとダントツでスカイツリーがデカい……

    こんなに高いんだから、倒れたときのこと想像しちゃうのもおかしくないよね…。

     

    f:id:Arufa:20160704014005j:plain

    ん…? なんだこれ。

    f:id:Arufa:20160704014015p:plain「ん? ARuFaさん! この丸ってなんですか?

    f:id:Arufa:20160704014017p:plain柱の太さじゃない?」

    f:id:Arufa:20160704014015p:plain「え!!?これが柱? 太い!!! 絶対倒れないじゃないですか!」

    f:id:Arufa:20160704014017p:plain「うん、絶対倒れないんだよ」

    f:id:Arufa:20160704014015p:plain「スカイツリー、絶対倒れないの!?!!」

    f:id:Arufa:20160704014017p:plain「うん」

    f:id:Arufa:20160704014016p:plain「まじかよ……!」

     

    f:id:Arufa:20160704014006j:plain

    f:id:Arufa:20160704014016p:plain「安心した…。これで安心して、私も元の大きさに戻れます

    f:id:Arufa:20160704014017p:plain「え?」

    f:id:Arufa:20160704014016p:plain「もしもスカイツリーを倒してしまったらと思うと、いつも不安で歩けなかったけど…」

     

    f:id:Arufa:20160704014007j:plain

     

    f:id:Arufa:20160704014012g:plain

    ズモモモモモモモモモモ…………

     

    f:id:Arufa:20160704014008j:plain

    シュゥゥゥ………

     

    f:id:Arufa:20160704014011j:plain

    f:id:Arufa:20160704014016p:plain「ARuFaさん、少しの間だったけど、人間サイズの私にたくさんの楽しい思い出を与えてくれて、ありがとうございました」

     

    f:id:Arufa:20160704014009j:plain

     

    f:id:Arufa:20160704014010j:plain

    「…………?」

     

    f:id:Arufa:20160704014013g:plain

    f:id:Arufa:20160704014016p:plain「あ、本当だ! ちょっと押したくらいじゃ倒れない! よかったぁ…」

     

    楽しい思い出をありがとう、ARuFaさん……そして押上……

    これだけ丈夫なら、安心だね……

     

    f:id:Arufa:20160704013952j:plain

    ドシーン、ドシーン………

     

    f:id:Arufa:20160704014018j:plain

    ドシーン……ドシーン……

     

    f:id:Arufa:20160704014019j:plain

    ドシーン…

     

     

    (おしまい)

     

    ジモコロは求人情報サイト「イーアイデム」の提供でお送りしています

    東京都の求人、アルバイトはこちら!

    墨田区の求人、アルバイトはこちら!

    イーアイデム

    この記事を書いた人

    あぐ味
    あぐ味

    マントヒヒを引き裂くことができる。

    あぐ味の記事をもっと見る

    同じカテゴリーから記事を探す

    オススメ記事

      こちらの記事もオススメ