自腹で情報発信! 熊本震災支援イベントに「100人のライター」が集まった結果

復興に苦しむ熊本県。震災の爪痕はまだまだ大きく残っていますが、観光面でもダメージが大きいようです。そこでジモコロ企画の「熊本震災支援イベント」を実施! 全国からライター100人を集めて、自腹でお金を落として、情報発信する試みにチャレンジしました。その全容をレポート!

f:id:eaidem:20160726144221j:plain

こんにちは、ジモコロ編集長の柿次郎です。

最高のお風呂から失礼します。源泉掛け流しの贅沢な温泉。湯の花も浮かんでいるフレッシュな泉質。全国あちこちの温泉に浸かっていますが、黒川温泉の旅館「深山山荘」は別格ですなぁ。いやぁ、熊本に来て良かったなー!

 

さて、なぜ僕が熊本県南小国町にある黒川温泉を訪れているのか?

 

理由は、ただひとつ!!

 


熊本震災支援イベントとして熊本県南小国町の名所「黒川温泉」に100人のライターを集めて、自腹でお金を落として、情報発信をするためです。

すべてのきっかけは、モヤモヤした感情を抱えていたカメントツとの熊本震災取材。現地の人のリアルな声を聞いて、居ても立ってもいられなくなりました。

 

f:id:eaidem:20160725162716j:plain

f:id:eaidem:20160725162719j:plain

 

 

いや、最初は思いつきのアイデアだったんですよ。自腹で熊本まで来てもらって…。まぁ、100人も集まるわけないよなぁ。頑張って50人かな?って。そしたら提案した数日後、南小国町の高橋町長が「やりましょう!」って。あれ、熊本にも孫正義レベルの爆速決断を下す人がいたの…?

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/e/eaidem/20160519/20160519175358.jpg

2015年。16年ぶりの町長選挙で、圧倒的大差で当選した高橋周二町長!

f:id:eaidem:20160726195140j:plain

 

 

とりあえず日程、イベント概要、ルールを決めてFacebookページを作成。「50人がいいところじゃない?」なんて弱気になった瞬間もあったんですが、黒川温泉側の本気度も次第に増していって最終的には100人以上の参加希望者が…! 

 

f:id:kakijiro:20160715013309p:plain

しかも、東京在住の人だけではなく、京都や静岡、岡山、福岡、沖縄在住の人も参加してくれました。すごいぜ、インターネット!!

 

黒川温泉の本気のおもてなしプラン

f:id:kakijiro:20160721002515j:plain

・阿蘇くまもと空港⇔黒川温泉の往復送迎バス稼働

・到着後、地元のおばちゃんが本気出したドカ盛り山菜弁当

・南小国町の伝統芸「吉原神楽」お披露目

・熊本グルメ食べ放題、飲み放題の大宴会

・黒川温泉の人気旅館 宿泊(1泊2日)+朝食

・黒川温泉の湯めぐりパス(3カ所自由に入れる)

・特別に用意された6種類の体験アクティビティ(昼食付き)

・お土産チケット 3,000円分


これだけ贅沢な内容にも関わらず…1名=30,000円ポッキリです。

黒川温泉側が赤字になっては本末転倒。受け入れ側の工夫とおもてなし精神で、「せっかく東京から100人も来てくれるんだから、頑張らんといけん!」と夜を徹して準備してくれていたようです。覚悟には覚悟で応える。

 

…で、当日を迎えたところ。

 

 

f:id:kakijiro:20160721002852j:plain

f:id:kakijiro:20160721002856j:plain

f:id:kakijiro:20160721002859j:plain

f:id:kakijiro:20160721002915j:plain

本当にみんな来ました。

阿蘇くまもと空港に100人が集結する感じ、主催者としてゾクゾクしましたね。

 

早速、阿蘇山のカルデラがお出迎え

熊本県が誇る阿蘇山。カルデラの広大な景色に参加者一同、「ウオオォォォォ」とローマ兵みたいな唸り声で感動を表現していました。

 

その後、南小国町役場に着いたら昼休憩。地元のおばあちゃんが奮発して作ってくれたというお弁当は…

 

f:id:kakijiro:20160721004123j:plain

山菜尽くしの豪華弁当!

 

 

オープニングセレモニーと吉原神楽の熱演

f:id:eaidem:20160721011337j:plain

南小国町のことを参加者に知ってもらうべく、全力歓迎のオープニングセレモニーへ。

 

f:id:eaidem:20160721011339j:plain

主催者でありながら僕自身、こんな立派なホールがあるのも知りませんでした。高橋町長による立派なスピーチで場の空気が変わっていきます。熊本地震による被害の現実。南小国町が抱える大きな観光資源「黒川温泉」も、震災発生から約一ヶ月で41736人のキャンセル。その推定被害額は10億円を超えるとも言われています。

 

f:id:eaidem:20160721011340j:plain

100人の参加者も、ジモコロの記事を含めた各報道で目にしていたでしょう。しかし、その土地でその当事者の声を聞くのとは大きな違いがあるものです。現に高橋町長の力強い言葉に耳を傾ける参加者の顔は真剣そのもの。この体験1つで震災に対する意識が変わるはずです。

 

f:id:eaidem:20160721011345j:plain

f:id:eaidem:20160721011352j:plain

f:id:eaidem:20160721011349j:plain

 

 

 

 

f:id:eaidem:20160721011351j:plain

変な仮面をかぶって感情が読めないけど、真剣な表情をしてると思います。

 

もうこれだけでオープニングのトークは充分。誰もがそう思っていたはずです。僕自身もそう思い込んでいたのですが…

 

司会「ここで最後に、今回の企画を考えてくれたジモコロ編集長の柿次郎さんからご挨拶があります」

柿次郎「…!!(聞いてない)

 

f:id:eaidem:20160721011353j:plain

突然の無茶ぶり…この写真がすべてを物語っています。そう、私の頭は完全に真っ白でした。「町長から柿次郎」。なにかしら格が落ちる類の諺だと思うんですが、賢明に言葉をひねり出した記憶があります。

このイベントに至った経緯、そして熊本県には母方の親戚が住んでいて他人事ではないこと。決して一人の力では、この日を迎えることができなかったこと。白い光に包まれながら、気の利いたことも言えずに数分の時間が流れました。

 

f:id:eaidem:20160721013321j:plain

同僚の山口むつおは、途中居眠りをした後にスマホをいじってました。

 

 

f:id:eaidem:20160721011357j:plain

気を取り直して次は、南小国町に伝わる神々の舞「吉原神楽(よしわらかぐら)」が披露されました。南小国町役場職員である橋本哲典さんが徹夜で作った紙芝居映像を見るとストーリーが理解できると思います。

 

切り絵、文、編集の作業を一人でこなしたという超力作!

さらに橋本さんは、吉原神楽の演舞にも参加。今回のイベント全体の仕切りからセレモニーの司会、映像制作、演舞まで…とんでもないクリエイティブな職員でした。

 

f:id:eaidem:20160721011400j:plain

 

f:id:eaidem:20160721011404j:plain

 

f:id:eaidem:20160721011406j:plain

 

f:id:eaidem:20160721011407j:plain

 

f:id:eaidem:20160721011358j:plain

平たく言えば、神様の前で踊りふざけて、何とか降臨してもらおうという話。どこかコントっぽい動きがあるな…と思ったら間違いでもなかったようです。

 

 

各自の宿で黒川温泉の湯めぐりを楽しむ

f:id:eaidem:20160721011418j:plain

オープニングセレモニー終了後は、各自が泊まる黒川温泉の宿へ。黒川温泉は元々、昭和のネオン全開の温泉街だったそうですが、約30年前に景観やコンセプトを統一すべく一新。「黒川一旅館」というテーマを設けて、運命共同体としての温泉街に舵を切ったそうです。その成果が現在の黒川温泉ブランドに繋がってるんですね。

 

f:id:eaidem:20160725165047j:plain

一説には「露天風呂の元祖」とも言われていて、オープンシェアの発想で全国に露天風呂の普及に貢献しているのだとか。また、「温泉手形」(1,300円)を買えば旅館の垣根を越えて3軒まで露天風呂に入浴可能です。7種類もの泉質がある豊富な温泉資源。さらに各施設で割引サービスもあるっていう…お得すぎるサービス!

 

 

 

 

f:id:eaidem:20160721011427j:plain

 

f:id:eaidem:20160721011428j:plain

 

f:id:eaidem:20160721011430j:plain

その後、総勢150人規模の大宴会がスタート!

 

f:id:eaidem:20160721011447j:plain

 

f:id:eaidem:20160721011453j:plain

黒川温泉の皆さんによる和太鼓の演奏!

 

 

 

f:id:eaidem:20160721011512j:plain

 

f:id:eaidem:20160721011507j:plain

  

f:id:eaidem:20160721011508j:plain

みんないい感じにベロベロに酔っ払ってるんですが…

ここで場の空気をガラっと変えるLIVEがスタート。

 

f:id:eaidem:20160721011517j:plain

 

f:id:eaidem:20160721011515j:plain

Tシャツ、短パン、裸足スタイルで登場したのは、黒川温泉を舞台にした映像作品「KUROKAWA WONDERLAND」で音楽全般を担当したアーティストの[.que]くん。

 

f:id:eaidem:20160721011518j:plain

 

彼が熊本震災を受けて制作したチャリティーソング「Hope」。黒川温泉の人たちにとって、いわゆる「泣き」のスイッチが入ってしまう想い入れの強い曲なんです。決して諦めず、前向きに希望を追い続ける熊本県民の強さと重なり合う数分間。生演奏の臨場感もあいまって、騒がしい宴の空間が落ち着いた雰囲気に切り替わっていきます。

 

ジ〜ン

 

大きな拍手の後、黒川温泉旅館組合・組合長である北里有紀さんの締めの挨拶が。震災直後から大きな重圧を背中に背負って、この日を迎えていました。

 

f:id:eaidem:20160725202725j:plain

 

 

 

f:id:eaidem:20160721011523j:plain

 

 

 

f:id:eaidem:20160725202728j:plain

 

 

 

f:id:eaidem:20160721011545j:plain

 

f:id:eaidem:20160721011547j:plain

その場にいなければ、伝わらない感動かもしれません。

ただ、未曾有の震災に巻き込まれた北里有紀さんも一人の女性です。組合長として弱音を吐かず、周囲に元気を分け与えながら、この日を迎えていたのは想像に難しくありません

前日から始まった「九州ふっこう割」と「ジモコロ震災支援ツアー」。それまで張り詰めていた緊張の糸が切れたんでしょう。くううう。こんな姿が待っているだなんて。[.que]くんの生演奏も前フリとして相当効いていたと思います。恥ずかしくて写真は載せませんが、僕も目が真っ赤っかになってました。

 

こんなの誰でも泣くから!

 

心揺さぶられるから!

 

 

f:id:eaidem:20160721011617j:plain

2日目の南小国町ツアー(全6種)も最高だったんですが、詳しくは参加者の各メディアやブログ、Toggterまとめをぜひ読んでみてください。この同時情報発信が今回のプロジェクトの肝なので! みんなの熱量がすごい!

 

●熊本の温泉郷がクリエイターと手を組んだ理由|黒川温泉旅館組合・組合長が語る、地域に光を照らすつながり(製作:CAREER HACK 田中嘉人さん)

 

●クリエイターのあなたが被災地のために出来ること。熊本地震から3ヶ月たった今(制作:はたらくビビビット 後藤あゆみさん)

 

●けんちく目線で見てみよう!「南小国町役場」(制作:haconiwa 箱庭 タナカユウキさん)

 

●【熊本震災支援イベント】黒川温泉に100人集めて「お金を落として」「情報発信しよう」に参加してきました!(一日目)(制作:しゃかいか! 加藤洋さん)


●【観光での熊本支援】ジモコロ熊本復興ツアーに参加して、自然と温泉と料理を満喫してきた【大人の夏休み】(制作:ネタりか ヨシキさん)


●イベント参加者のtogetterまとめ(制作:椿原真さん)

 

 

f:id:eaidem:20160801101124j:plain

なんにせよ思いつきで「熊本に100人集めて、自腹で泊まって、情報発信します!」と言ったことも、たったの一ヶ月で実現できました。細かい計算を抜きにして、物事をシンプルに考えてみる。その強い想いだけで意外と人は動くのかもしれません。

 

f:id:eaidem:20160801101144j:plain

f:id:eaidem:20160801101147j:plain

まだまだ熊本復興の道のりは長いと思いますが、人間ひとりがやれることをこなしていくしかないでしょう。今回の企画を目にして「黒川温泉に行ってみたいな」と思った人は、軽い気持ちで訪れてみてください。現地に行かないと気づかないこと、出会えないこと、考えつかないことが山ほどあるはずです。

7月〜9月に九州旅行する人向けの「ふっこう割」(売切続出!)、ETC利用で高速道路が大幅割引となる「九州観光周遊ドライブパス」(事前申し込み必要)などを駆使して、熊本県に旅行してみてはいかがでしょうか。

 

f:id:eaidem:20160725210239j:plain

現地で多大なおもてなしをしてくれた南小国町の皆さん。そして、全国から集まってくれたツアー参加者の皆さん。読者の皆さん。改めてありがとうございました。

この記事を含め、各メディアの記事をシェアすることが南小国町・黒川温泉の応援に繋がります。気に入った記事があれば是非ご協力ください。

 

最後に共同主催者である田村祥宏のダイジェストムービーをどうぞ

 

Photo by : Kenichi Aikawa

Movie by : EXIT FILM

Music by : [.que]

Special thanks : 南小国町観光協会黒川温泉観光旅館協同組合

 

※追記:2016年8月1日 17:00

山口むつお視点のジモコロ記事を公開しました!

 

 

 

書いた人:徳谷 柿次郎

f:id:kakijiro:20160511170425j:plain

ジモコロ編集長。大阪出身の33歳。バーグハンバーグバーグではメディア事業部長という役職でお茶汲みをしている。趣味は「日本語ラップ」「漫画」「プロレス」「コーヒー」「登山」など。顎関節症、胃弱、痔持ちと食のシルクロードが地獄に陥っている。 Twitter:@kakijiro / Facebook:kakijiro916

漫画:カメントツ

f:id:eaidem:20150528145211j:plain

仮面を被った漫画家ライターゆえにカメントツ。オモコロでもマンガを描いているという噂がある。仮面凸ポータルから呼ばれればどんなときも予定があいてれば駆け付けるぞ。Twitterアカウント→@computerozi

 

 

ジモコロは求人情報サイト「イーアイデム」の提供でお送りしています

南小国町の求人、アルバイトはこちら!