【記事連動型】「マーチエキュート神田万世橋」でジモコロのポップアップショップ展開中!(3/30まで)

f:id:eaidem:20170326232605j:plain

こんにちは、ジモコロ編集長の柿次郎です。

秋葉原駅から徒歩5分のところにある「マーチエキュート神田万世橋」ってご存知でしょうか。元々「万世橋駅」であり、その後は鉄道博物館として活用していたんですが、2013年から商業施設として大勢の人を集めています。

 

f:id:eaidem:20170326234110j:plain

そんな歴史のある、すんげー人が集まる商業施設で…!

 

f:id:eaidem:20170326235404j:plain

3月30日(木)まで、ジモコロのポップアップショップを開いています!

 

---

●イベント情報
『Anonymous Camp Tokyo Vol.0』

2017年3月24日(金)~3月30日(木)
会場:東京都 秋葉原 マーチエキュート神田万世橋
時間:11:00~21:00(日曜、祝日のみ20:00まで)


参加作家:
シャムキャッツ、黒木雅巳、stomachache.、MESS(宮崎希沙)、礒野桂、河村実月、やないももこ、ミシシッピ、POP●COPY、ちえちひろ、上坂元均、磯優子、西風によせる歌、yucco、まちこ!、原田響、玉川ノンちゃん、Natsuru Matsuda、エヒラナナエ、ズック、日向山葵、オカタオカ、佐藤拓人、松岡マサタカ、any、足立拓人ほか

---

 

気になる出展内容は?

 

ジモコロは、先日公開の記事連動型企画として・・・

 

●納期に追われると蕁麻疹が出る革職人「OND WORK SHOP(木村真也)」


 

f:id:eaidem:20170327000013j:plain

28日(火)は今回のためだけに、普段長野市でしか受注していない革製品のセミオーダーを「マーチエキュート神田万世橋」でやります。

 

f:id:eaidem:20170326231635j:plain

手に取る人が一番多かったレザートレイ。玄関に置いて鍵置きたいヤツ!

 

f:id:eaidem:20170327000038j:plain

レザーブレスレット

 

f:id:eaidem:20170327000051j:plain

くつべらキーホルダー

 

f:id:eaidem:20170327000138j:plain

ちっちゃいキーケース

 

などなど、革の小物製品も販売中!(在庫あるだけ)

詳しくは記事をご覧ください。

 

●没後10年後、敏腕編集者の手によって再評価された画家「池田修三」


f:id:eaidem:20170327000312j:plain

木版画家「池田修三」のグッズを揃えました!

おすすめはポストカード。全種類揃えたくなります。

 

f:id:eaidem:20170327000320j:plain

かわいい付箋!

 

f:id:eaidem:20170327000333j:plain

使い勝手のいいクリアファイル

 

f:id:eaidem:20170327000341j:plain

マスキングテープなんかも売ってます。

 

原画も数点展示しているので、木版画の深みを現地で確認してみてください。

 

f:id:eaidem:20170327002334j:plain

老若男女、国籍問わず、「なんだろ?」と立ち止まる人がとにかく多いです。

 

f:id:eaidem:20170327000903j:plain

 

ジモコログッズもあるよ!

f:id:eaidem:20170327001010j:plain

ジモコロTシャツも今回のために作り直しました!

漫画家・カメントツデザインのロゴを蛍光オレンジでプリント。前回よりもボディ素材をやや厚くして、男の乳首透けをストップ。さらにS・M・Lのサイズ展開がありながら…利益度外視の各2,000円(税抜き)です。50着限定なのでお早目に。

 

さらに!

 

f:id:eaidem:20170327001152j:plain

誰が買うんだ?でおなじみの写真集「ジモコロおじさん(赤・白)」(各1,000円)も増版しました。長野のフリーペーパー「鶴と亀」の小林直博の作品でもあります。彼がジモコロ取材で撮影した写真のみで構成したもの。そこに僕が汚い文字でコメント入れています。

 

前回刷った分は奇跡的に完売…。気が向いたらポケモンみたいに「ジモコロおじさん(金・銀)」を作ろうと思っているので、誰得な写真集を買ってみてはいかがでしょうか。寄付感覚で。こちらも利益ナシ。

 

f:id:eaidem:20170326231601j:plain

f:id:eaidem:20170326231616j:plain

並べた直後、奇跡的に二人買ってくれました。赤・白セットで。

 

f:id:eaidem:20170326231603j:plain

こちらの二人は汚物でも見るような表情でチラ見をして、棚に戻していました。

まぁ、正しい反応かもしれません。

 

山形・山口・山梨のユニット「さんてん」

f:id:eaidem:20170326231447j:plain

ジモコロ取材でも度々お世話になっている山形・山梨・山口のユニット「さんてん」も、自分たちでセレクトした13点の商品を販売。なかなか手に入らない商品を持参してきているのでおすすめです。

 

 

山口県萩市でゲストハウス「ruco」を運営する塩満さんのインタビュー記事はこちら。

 

 

f:id:eaidem:20170327002316j:plain

さんてんのブースはこんな感じ。

 

f:id:eaidem:20170326231532j:plain

僕も大好きな山梨県「五味醤油」の味噌かりんとう。

 

f:id:eaidem:20170326231538j:plain

こちらは山形県南陽市で知る人ぞ知る「唐からし粉」!

 

f:id:eaidem:20170326231456j:plain

山口県のソウルフード「どんどん」の食品サンプル(展示)はじめ、手ぬぐいやマーマレード、野菜のピクルスなど、いろいろ販売中。

僕はマーマレードと唐からし粉を買いました。

 

f:id:eaidem:20170327002309j:plain

同じローカルメディアの「雛形」も出店しています!

 

f:id:eaidem:20170327002324j:plain

赤鬼の手ぬぐい、山Tシャツ、どっちも欲しい…。

 

 

f:id:eaidem:20170327010134p:plain

Anonymous Camp presents トークセッション#1「“場の編集”から考える、未来の編集」

さらに28日(火)はトークイベントも開催します!

「Anonymous Camp」のコンセプトである「場の編集」をテーマに、『CINRA.NET』編集長/CINRA取締役・柏井万作、
東京ピストル代表・草彅洋平、『ジモコロ』編集長/Huuuu代表・徳谷柿次郎という時代をリードする3人の編集者にお越しいただき、トークイベントを開催します。

気になるトークの内容は、「場の編集」とは? という話に留まらず、3人の編集者それぞれが考える「未来の編集」「編集者という人生」「今後の展望」など、「編集」をキーに、普段はあまり聞けないお話もざっくばらんに伺います。

編集者、ライター、イベントオーガナイザー、デザイナー、ディレクター etc.クリエイター必見の内容です。

 

というわけで皆さんお待ちしています!

 

※詳細はこちら

http://www.anonymouscamp.com/archives/712

ジモコロは求人情報サイト「イーアイデム」の提供でお送りしています

東京都の求人、アルバイトはこちら!