USJより人気!?「アンデルセン公園」を100倍楽しむ方法を地元民が教えます

2015.10.15

USJより人気!?「アンデルセン公園」を100倍楽しむ方法を地元民が教えます

大人気!千葉県船橋市「アンデルセン公園」はUSJよりも凄かった…!? チケットの購入方から遊び方までARuFaが紹介します。

f:id:Arufa:20151013150031p:plain

 

こんにちは、ARuFaです。

f:id:Arufa:20151007155423j:plain
突然ですが僕は今、千葉県船橋市にある「ふなばしアンデルセン公園」というテーマパークに来ております。

f:id:Arufa:20151007171810j:plain
アンデルセン公園は、北欧デンマークをイメージした自然豊かなテーマパーク。

東京ドーム6個分という広大過ぎる敷地に様々なアクティビティが詰め込まれ、世界最大級の旅行サイト「トリップアドバイザー」『日本の人気テーマパークランキング』では、あの”USJを抑えて3位に君臨する程のテーマパークなのです。

しかも、アンデルセン公園にはUSJのような大型アトラクションは一切無く、その意外性から最近ではテレビでも取り上げられるなど、今最も熱いテーマパークと言っても過言ではありません。

f:id:Arufa:20151007171741j:plain
…そして、このアンデルセン公園のある千葉県船橋市は、何を隠そう僕の地元

家から近いこともあり今までに50回以上は遊んできたので、いわば僕はアンデルセン公園の全てを知り尽くした「アンデル神」と言えますし、「病的なリピーター」とも言えるでしょう。

f:id:Arufa:20151007171934j:plain
そこで、今回の記事では「これからアンデルセン公園に遊びに行こう」と思っている方のため、この僕がアンデルセン公園の楽しみ方をご紹介させていただきたいと思います!

今までアンデルセン公園を知らなかった方も、この記事を読んでアンデルセン公園に興味を持っていただければ幸いです。

 

f:id:Arufa:20151007171742j:plain
今回同行してくれるのは会社の先輩である加藤さん。アンデルセン公園に来るのは初めてだそうです。
 

f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「ようこそアンデルセン公園へ。指定した服装で着てくれてありがとうございます」

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「どうしてもって言われたから着てきたけど、この服装じゃなきゃダメなの?」

f:id:Arufa:20151007155425j:plain

f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「そうですね。アンデルセン公園は何より身体を動かしまくる場所なので動きやすさが大切なんです。特に女性はスカートよりズボン、ヒールよりスニーカーで来た方が良いと思います」

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「…じゃあ、逆にミニスカートとハイヒールで来たらどうなるの?」

f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「入園した瞬間に体が爆散して、数日後に真っ赤な花が咲きます」

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「…怖すぎない?」

爆散まではしないにしても、アンデルセン公園を充分に楽しめないのは「死」と同じなので動きやすい服装で来るのをオススメします。

 

f:id:Arufa:20151007171928j:plain
さあ、それでは服装のおさらいをしたところで、さっそく入園券を買ってアンデルセン公園へ入園しましょう。

ちなみに入園券は、最寄駅近くのコンビニでも割安で売っているので、前もってそちらで買っておくと券売機にできた行列を尻目に優越感に浸りながら入園することができるのでオススメです。

f:id:Arufa:20151009132349p:plain

 

アンデルセン公園に入園!

f:id:Arufa:20151007171745j:plain
さあ、そんなこんなでいよいよアンデルセン公園に入園した僕等。

ゲートをくぐって最初に見えてくるのは……

 

f:id:Arufa:20151009132348j:plain
こちらの『芝生広場』です。

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「何だこれメチャクチャ広い! しかも何か凄そうなアスレチックがある!」

f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「入園した子供のテンションが一番最初にブチ上がるのがココです。『さあ自由に遊んでごらん…』と言わんばかりの空間なので、日常生活で抑圧された子供の暴れ欲がここで解放され、叫び声を上げながら狂喜乱舞します」

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「でも大人は何すればいいの? 子供みたいに遊ぶわけにもいかないし…」

 

f:id:Arufa:20151007171801j:plain

 

f:id:Arufa:20151007171803j:plain
f:id:Arufa:20151007171849p:plain

 

f:id:Arufa:20151007171800g:plain
f:id:Arufa:20151007171850p:plain

 

f:id:Arufa:20151007171759g:plain
はははははははははははは!!!

 

f:id:Arufa:20151007171755j:plain
「……」

 

f:id:Arufa:20151007171805j:plain

 

f:id:Arufa:20151007171806j:plain

 

f:id:Arufa:20151007171807j:plain
うっーーーーーーー!!!!

f:id:Arufa:20151007171809j:plain
うぅーーーーーーー!!!!

 
f:id:Arufa:20151007171808j:plain
キャッキャッキャ!

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「すごい! 恥を捨てて遊んでみると死ぬほど楽しい!!!」

 

f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「そうでしょう。子供に気を遣ってあげる必要はありますが、ここは大人も十分楽しめるんです。何だかんだ言って大人も普段から抑圧されてますしね。ちなみに昔アンデルセン公園で遊んだ子供が大人に成長し、今度は子供に遊具を優先してあげることを僕は『遊具を返す』と呼んでいます」

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「無理に良い事を言おうとしてるのがキモ過ぎるけど、確かに大人も楽しめるね」
 

f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「ちなみに初めてアンデルセン公園に来た人はここで全力を使いがちなのですが、ここで力を使い果たすと他の場所を巡れなくなるので、遊ぶ時間は30分未満にしておいた方が吉です」

f:id:Arufa:20151007171811j:plain
そして、アスレチックで一汗かいた後は、芝生広場の隣にあるこちらの「牧場のあいす屋さん」で一休みするのが完全にオススメです。

f:id:Arufa:20151007171813j:plain
地元の牧場でとれた新鮮な牛乳を使ったアイスはマジの最高なので、アンデルセン公園に来たら必ずこれを食べなきゃいけない法律が出来てほしいな、と僕は思っています。

f:id:Arufa:20151007171825j:plain
「うわ、消える! 濃厚なミルクの味がした後に一瞬でそれが消える! 何これ!」

f:id:Arufa:20151007171824j:plain
「美味しいですよね。後味がスッキリしているので運動後にピッタリなんですよ」

…意外と素通りされがちな場所にあるアイス屋さんなのですが、ここに行くか行かないかで満足度がだいぶ変わって来るので、よっぽどのこと(全財産が消滅など)が無い限りは是非訪れてみてください。

f:id:Arufa:20151009132350p:plain

さあ、甘い物を食べて体力を回復させた後は、休憩がてらにのんびりとした時間を過ごしてみましょう。

 

ボートに乗ってのんびりしよう

f:id:Arufa:20151007171826j:plain
さて、人が最もリラックスできる場所といえば水面の上ですが、我々が望む全てが揃っているアンデルセン公園には、もちろん手漕ぎボートも当然のごとく存在します。

公園のちょうど中心に位置する池のほとりにはボートを貸してくれるロッジがあり、そこではボートに乗りながらのんびりとした時間を過ごすことができるのです。

f:id:Arufa:20151007171827j:plain
f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「加藤さん! あそこ! あそこでボートに乗れるんですよ!」
 

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「ずいぶん嬉しそうだけど、そんなにボートが好きなの?」
 

f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「この季節に乗るボートは太陽の日差しが気持ちいいんですよ! ほら、加藤さんも早く!」

f:id:Arufa:20151007171828j:plain
f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「最初は僕が漕ぎますね! 早く行きましょう!」
 

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「わ~! ボート乗るのなんて何年ぶりだろう……確かに楽しみだわ!」

f:id:Arufa:20151007171829j:plain

 

f:id:Arufa:20151007171830j:plain

 

f:id:Arufa:20151007171831j:plain

 

f:id:Arufa:20151007171832j:plain

 

f:id:Arufa:20151007171833j:plain
「何で?」

f:id:Arufa:20151007171834j:plain
すみません。何か変なノリで一人で出航してしまったのですが、一人でボートに乗っても全然楽しくなかったので、皆さんはボートに乗るときは二人以上で乗るようにしましょう。

何でこんなことをしたのか自分でもわかりません。

f:id:Arufa:20151009132351p:plain

 

 昼食はバーベキューがオススメ!

f:id:Arufa:20151007171837j:plain
さて、芝生広場で遊んだりボートに乗ったりしていると、あっという間にお昼になってしまったため、僕等は昼食を食べることに。

アンデルセン公園内には飲食店がいくつかありますが、アンデル神である僕がオススメしたいのはこちらのレストラン メルヘン』というお店です。

f:id:Arufa:20151007171838j:plain
というのも、こちらのお店では手ぶらでバーベキューができちゃうんです。

天気のいい秋空の下、自然いっぱいの公園でバーベキューができちゃうだなんて、考えただけでも頭がおかしくなりそうですよね。

f:id:Arufa:20151007171839j:plain
f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「店内で食材を買って屋外席で焼くだけなので、手ぶらでバーベキューができるのが最高過ぎますよね。お酒も売ってるので、ここからさらにビールなんて飲んじゃったら幸せがキャパオーバーして泡吹いて失神すると思います
 

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「メチャクチャ美味しそう!! 早速いただきます!」
 

f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「多分、顔の形が変わるほど美味しいと思いますよ」
 

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「そんなことある?」

f:id:Arufa:20151007171844j:plain
「あぐっ…」

f:id:Arufa:20151007171848g:plain
f:id:Arufa:20151007171851p:plain

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「死ぬほどウマかった……」
 

f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「肉の美味しさだけでなく、ロケーションも最高ですからね」

…ここのバーベキューは本当に最高なので、是非皆さんにも体験してほしいものです。

とはいえ、アンデルセン公園は食べ物の持ち込みOKという菩薩のような広い心を持っている場所なので、レジャーシートを広げてお弁当やお菓子などを食べるのも、また一つの『最高』といえるでしょう。

f:id:Arufa:20151007171836j:plain
そんな時にオススメなのは、アンデルセン公園のシンボルであるこちらの風車前の広場!

最初に紹介した芝生広場ほど人も多くなく、ゆっくりお弁当が食べることができるため、一部のアンデルセン公園ファンの間でも「ここの芝生になりたい」と人気の穴場です。

f:id:Arufa:20151009132352p:plain

 

午後からはラストスパートだ!

f:id:Arufa:20151007171911j:plain
さあ、昼食を食べた後は、いよいよラストスパート!

というのも、アンデルセン公園の営業時間は16時までという良い子に優しい時間設定となっているため、我々には『べらぼうに遊びまくる』という選択肢しか与えられていないのです。

f:id:Arufa:20151007171907j:plain
f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「そんな訳で、ここからはこの身が果てるまで遊び尽くしましょう!」
 

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「よっしゃーーーー!!!」

 

f:id:Arufa:20151007171908j:plain
f:id:Arufa:20151007171933p:plain
ヒツジだ! かわいい!!」

f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「ここはかわいい動物と触れ合える『どうぶつふれあい広場』ですね。ヒツジやヤギ、馬、ポニーなどを一生触ることができます」

f:id:Arufa:20151007171909j:plain
「…人ん家の絨毯と全く同じ触り心地だ」

f:id:Arufa:20151007171906g:plain
ちなみに、ずっと自分の足を食べ続けているヒツジがいましたが、コイツは本当に意味がわかりませんでした。

 

f:id:Arufa:20151007171912j:plain

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「何か物凄いのがいるんだけど」
 

f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「ここは『子ども美術館』ですね。作品の展示イベントや、自分たちで作品を作れる体験コーナーがあって、夏休みの自由研究は大体ここで作品を作れば済ませられます」

f:id:Arufa:20151007171915j:plain
ちなみにこの日は『ダンボール彫刻』の展示イベントありました。先程の半裸の巨人もダンボールでできていたそうです。

f:id:Arufa:20151007171913j:plain
この人もダンボールだそうです。
 

f:id:Arufa:20151007171914j:plain
f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「表情が味わい深過ぎるだろ」

 

f:id:Arufa:20151007171917j:plain
そして、忘れちゃいけないのがこちらの『森のアスレチック』

f:id:Arufa:20151007171918j:plain
広大な森の中に74種類ものアスレチックがあり、アンデルセン公園を代表するアクティビティと言っても過言ではありません。

4つの難易度からコースが選べるため、大人から子供まで楽しむことができます。

f:id:Arufa:20151007171916j:plain
ちなみに僕は、

f:id:Arufa:20151007171925j:plain
もう50回来ているので、

f:id:Arufa:20151007171919j:plain
全てのコースを、
 

f:id:Arufa:20151007171920j:plain
余裕で完全クリアできますが、
 

f:id:Arufa:20151007171926j:plain
慣れていないと一瞬でバテバテになるので、こまめに休憩しながら遊ぶようにしましょう。

あと関係ないのですが、このアスレチックでは「大人が遊んでいると子供がガンガンに煽ってくる」という”あるあるがありますが、悪気はないと思うので大目に見てあげましょう。

 

f:id:Arufa:20151007171927j:plain
さあ、子供と言えば、子供に大人気なのがこの『にじの池』

夏には大量の子供たちが元気に水浴びをし、アンデルセン公園一の賑やかさを誇る場所になります。

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「今は誰もいないね…」

f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「まあ、10月中旬で普通に寒いですからね。とはいえ、この池は公園にしては珍しく夏に限らず一年を通して水浴びができるんです。だからルール上はこの時期も水浴びができるんですよ」

f:id:Arufa:20151007171933p:plain
「んなこと言ったって、こんな寒い日に入る人はいないでしょ」
 

f:id:Arufa:20151007171932p:plain
「まあ、それもそうですけど」

 

f:id:Arufa:20151007171922j:plain
「でも、入れるなら入った方が良くないですか?」

 

f:id:Arufa:20151007171921j:plain
「寒い」

 

f:id:Arufa:20151009132353p:plain
入れるもんなら入ってみてください。

夏の場合は、アスレチックでかいた汗をここで流して帰るとサッパリして気持ちが良いのでオススメです。夏は、です。

 

f:id:Arufa:20151007171929j:plain
「いや~! ずいぶん回ったつもりだけど、まだまだ遊んでないところがあるね。次はどこいく?」

f:id:Arufa:20151007171923j:plain
「加藤さん、」

 

f:id:Arufa:20151007171924j:plain
「僕は帰ります」

 

f:id:Arufa:20151009132354p:plain
夏でも冬でも水遊びをしたら体力をすべて持っていかれて何もできなくなるので、濡れるのであれば散々遊んだあとにしましょう。

 

いかがでしたか?

f:id:Arufa:20151007171931j:plain
…そんな訳で今回は、大好きな「アンデルセン公園」の魅力や楽しみ方をご紹介させていただきました。

本当はもっと紹介したい場所があと7000ヶ所くらいあったのですが、それは皆さんが実際にここを訪れた際に発見してみてください。

とりあえず僕は今、『世界で一番お風呂に入りたい人間』になってしまったのでそろそろ失礼させていただきます。

それでは、さようなら。

 

 

 【アクセス】

 

ジモコロは求人情報サイト「イーアイデム」の提供でお送りしています

イベント・キャンペーン・アミューズメントの求人、アルバイトはこちら!

千葉県の求人、アルバイトはこちら!

千葉県×イベントの求人、アルバイトはこちら!

イーアイデム

この記事を書いた人

ARuFa

株式会社バーグハンバーグバーグ所属のブロガー。車にひかれるのが苦手

ARuFaの記事をもっと見る

同じカテゴリーから記事を探す

こちらの記事もオススメ

    上へ