ジモコロも全面協力!兵庫県多可町「2泊3日PR映像プロジェクト」で優勝すれば30万円

2016.11.23

ジモコロも全面協力!兵庫県多可町「2泊3日PR映像プロジェクト」で優勝すれば30万円

人気記事

     

    f:id:madmania:20170921195425j:plain

    ジモコロ編集長の柿次郎です。

    突然ですが、兵庫県多可町をご存知でしょうか?

     

     

    f:id:madmania:20170921195424j:plain

     

    多可町(たかちょう)は兵庫県の中央部にある、2万2千人が暮らす山里。

    一見、ありふれた日本の田舎のように見えますが、ここではさまざまな「おもろい人たち」「アツい人たち」が、自分たちの手で「やりたい仕事をつくること」を実践しています。そんな、ちょっと自由でバイタリティあふれる多可町の人々からは、いわゆる「田舎」のイメージを覆すようなポジティブな空気を感じます。

     

    場所はこのあたり!

    兵庫県は神戸、西宮、尼崎なんかは有名ですが、山奥の土地となるとなかなか縁がありません。

     

     

    f:id:kakijiro:20161123153440p:plain

    今回ロフトワークさんが主催する多可町のPRムービープロジェクト「TAKA Winter Video Camp」にジモコロも、がっつり協力させていただくことになりました!うおおおおお!なんかおもしろそうだからやるぞおおおお!

     

    TAKA Winter Video Campとは?

    f:id:kakijiro:20161123154902p:plain

    2017年1月13日〜15日にかけて2泊3日間滞在し、地域の人たちや文化に直接触れてもらいます。その流れの中で、ジモコロならどんな企画を立てて、取材をするのか…といった部分のワークショップを開催。僭越ながら私がフワッとしたことを話します。その上で企画コンペに参加してもらい、通過企画は実際に制作してもらう流れです。

    グランプリ受賞者には、映像制作費として30万円!

    さらにビデオキャンプ参加者にも、交通費・プラン制作費として6万円をお支払します。割と太っ腹ではないでしょうか。話を聞いてる限り、多可町がこのプロジェクトに参加する意味は、土地のポテンシャルに自信があるからだと思います。播州織を担う若旦那衆の力強さ。兵庫県の大自然を生かした農作物の数々、郷土料理など、まだ全国に発掘されていないコンテンツが眠っているようです。

    なにより単純にキャンプが楽しそう!

     

    兵庫県多可町を舞台に開催される「TAKA Winter Video Camp」では、合宿(キャンプ)というかたちで現地に滞在し、バイタリティあふれる個性的なオカンや職人の手仕事など、地域の「すごい(SUGOI)」を発信する「PRムービー」を制作するクリエイターを募集します。

    真冬のムービーキャンプには、あったかい郷土料理と温泉、そして満天の星空のオマケ付き。兵庫の奥座敷・多可町へ、人々のパワフルな生きざまに出会いにきてください。

     

    f:id:kakijiro:20161123154949p:plain

    ●応募要項

    2017年1月13〜15日に実施される「Taka Winter Video Camp」(以下、ビデオキャンプ)に参加する映像・アニメーション作家を募集します。

     

    ●ビデオキャンプ参加者が行うこと

    ・多可町に2泊3日滞在し、多可町のものづくり現場の視察や人々との交流など、地域の見どころを体験します。

    ・ビデオキャンプ終了後、多可町の魅力を広く伝えるPRムービー(以下、PRムービー)の企画コンペティションに参加します。企画プラン・ストーリーボードを制作し、2017年1月29日までに事務局に提出します。

    ・グランプリを受賞した場合、受賞プランに沿ったPR映像を制作し2017年3月までに事務局に提出します。

     

    ●プロジェクトがサポートすること

    ・選考によってビデオキャンプへの参加が認められた場合、プロジェクトは以下の事項をサポートします。

    ・プロジェクトより、ビデオキャンプ参加者に交通・滞在・プラン制作費用として6万円を支給します。

    ・応募者1組あたり最大2名まで宿泊場所を提供します。

    ・キャンプでは、参加者が多可町を代表するものづくりの現場を訪れ、働く人々と交流したり地域の見どころを体感できるツアーを提供します。

    ・キャンプでは、Webメディアの第一線で活躍しているクリエイターがメンターとなり、企画やストーリー制作のノウハウをハンズオンするワークショップを行います。

    ・グランプリ受賞者には、プロジェクトより映像制作費として30万円を支給します。

    ・PRムービーは完成後、多可町公式PRムービーとして地元のローカルテレビ局で流れるほか、多可町をPRするさまざまなシーンで上映されます。

     

    ●応募期間

    2016年11月15日(火)〜12月18日(日) 深夜12:00

     

    ●応募条件

    ・日本国内在住で、映像作品またはアニメーション作品の制作実績のある方。(国籍は問いません)

    ・2017年1月13、14、15日に行われるビデオキャンプ全行程に参加可能であること。

     

    f:id:kakijiro:20161123155031p:plain

    全体のスケジュールはこんな感じです。

     

    ほとんど引用してるけど、詳しくはロフトワークさんのページをご確認ください。応募も飛び先からお願いします。

    www.loftwork.com

     

    応募締め切りは12月18日。おもしろそう!と感じたら、後先考えずに応募してみてはいかがでしょうか。こういうのは直感に身を任せて、行動力と覚悟を後づけで伴わせていけばいいと思います。僕自身、とても楽しみにしている企画なので多可町でお会いしましょう!

     

     

     

    ジモコロは求人情報サイト「イーアイデム」の提供でお送りしています

    多可町の求人、アルバイトはこちら!

    イーアイデム

    この記事を書いた人

    徳谷柿次郎
    徳谷柿次郎

    ジモコロ編集長。大阪出身。趣味は「日本語ラップ」「漫画」「プロレス」「コーヒー」「登山」など。顎関節症、胃弱、痔持ちと食のシルクロードが地獄に陥っている。

    徳谷柿次郎の記事をもっと見る

    同じカテゴリーから記事を探す

    オススメ記事

      こちらの記事もオススメ