“異種格闘技”で出版業を逸脱。ビジネスの幅が広すぎる『和樂』の編集論

2019.07.17

“異種格闘技”で出版業を逸脱。ビジネスの幅が広すぎる『和樂』の編集論

「歌舞伎vs世界のエンタメ」「茶の湯はROCKだ!!」など、尖った特集を次々と仕掛ける小学館の雑誌『和樂』。カップヌードル専用縄文土器など、ヤバい商品開発も行なっています。そんな『和樂』を率いる高木史郎さんに、プロレスがルーツの編集論から本業を逸脱する理由まで、話を聞きました。

人気記事

    こんにちは!

    ジモコロライターのくいしんです。

     

    adidasを着ているのが、僕です。

    突然ですが、今日から「『ジモコロ』編集長シリーズ」を始めます!

     

    「雑誌の編集長」ってなんかヤバそうな生き物な気がしませんか?

     

    僕、小学生のときから雑誌が大好きなんですけど、雑誌って1ページ1ページがすごい情報量で、隅から隅まで読もうとしたら一日時間を潰せちゃいます。なのに、パラパラめくっているだけでも楽しいっていう。

     

    何、あれ。

     

    奇跡?

     

    雑誌って、編集長の頭の中が具現化したものなんです。

    だから、雑誌の編集長の頭の中を覗きたい!

     

    さっそくですが、そんな気持ちで、この日は小学館を訪れました。

     

    お目当ては、「日本文化の入り口マガジン」をキャッチコピーに掲げる雑誌『和樂』編集部。

     

    2001年創刊の隔月発行の雑誌で、読者は40代〜50代の女性が中心です。

     

    そんな『和樂』を率いるのが、高木さん。

     

    話を聞いた人:高木史郎(たかぎ・しろう)

    1970年生まれ。大学卒業後2年間、ヨーロッパ、北アフリカを中心にバックパック旅行を経験。テレビの制作会社を経て小学館入社。『Domani』7年、『和樂』15年の編集を手がける。
    好きなもの:仏像巡り、土門 拳、喫茶店、マンガ、ボブ・マーリー、雑草観察、スキー、どぶろく、ビール、トルコライス、セントジェームス、顔ハメ写真

     

    高木さんはもともと「美と知と心のハイライフマガジン」というキャッチコピーを掲げていた『和樂』を、編集長になってリニューアル。

     

    「日本文化の入り口マガジン」とコピーを掲げると同時に、「茶の湯ROCK!!」などのぶっとんだ企画で『和樂』の間口を広げていきます。

     

    これが、ヤバい。

     

    「ボブ・ディラン」と日本の「名茶碗」を並列に並べちゃう。

     

    ロック・ミュージシャンの名言と、茶器。

    小学館という大きな会社でこんなことやってるのって、異端中の異端じゃないですか? 偉い人とかに怒られないのかな?

     

    聞いていくと、

    ・雑誌とウェブの編集に留まらず、商品開発、コンサルティングまでやってる

    ・ルーツは基本、プロレス

    ・影響を受けたのは、アントニオ猪木

    ・猪木の異種格闘技路線を誌面に反映

    ・ぶっとんだ商品をつくりまくり

    ・日本経済新聞社と『浮世絵2020』プロジェクトを立ち上げ

    ・エンディングというテーマはライフワーク

    ・父と祖父が蒸発

    などなど、楽しい(?)話が盛りだくさん。

     

    高木さんの頭の中、想像以上にヤバかったです。

     

    ルーツはプロレスの異種格闘技路線?

    「先日、『ジモコロ』の記事で、共栄さんの棺に入ってきたくいしんです。今日はよろしくお願いします!」

    「よろしくお願いします。棺、入ってましたね。うちのスタッフにもバカウケでした(笑)」

     

    人生で初めて「棺」に入ったら死生観が揺らいだ話

    (※『和樂』は上記の記事の共栄さんとコラボして、オリジナル棺もつくっている。ジモコロに共栄さんを紹介してくれたのが、高木さん)

     

    「今日は、雑誌『和樂』のことを聞きたくて来ました」

    「はい。なんでも聞いてください」

    「『和樂』って、『茶の湯★レボリューション』とか『若冲とフェルメール』とか『茶の湯はROCKだ!!』とか、めちゃくちゃ尖った特徴的な特集が多いですよね」

    「ありがとうございます」

    「高木さんの頭の中でどんなことが考えられて、どうやってこういう特集がつくられるのか聞いてみたいなと思いまして。考え方のルーツや発想のきっかけってありますか?」

    基本、プロレスでしょうね

     

    「(プロレスなの!?)」

    「プロレスを見ていると『人様にお金を払っていただくってどういうことなのかな』って、考えさせられるんです」

    「なるほど?」

    「僕がずっと参考にしているのは、アントニオ猪木です」

    「猪木」

    「猪木の異種格闘技路線がすごく好きで。たとえばこれは歌舞伎の特集なんですけども」

     

    「『歌舞伎vs世界のエンタメ』という切り口で、歌舞伎対ロックとか、歌舞伎対バレエとか、歌舞伎対映画とか。これはアントニオ猪木が言っていた『環状八号線理論』にも通ずるところがあって

    「環状八号線理論とは…なんですか?」

    「プロレスは当時、まだ環状七号線くらいまでの認知しかなかったんです。それを、環状八号線を超えた存在にする必要があった」

    「より広い相手を想定して自分たちを売り込まないと、っていう」

    「そうなんです。プロレスが好きな人だけじゃなくて、プロレス一般的な事件にる。だから、アントニオ猪木は、新宿で夫人と買い物中の自分をタイガー・ジェット・シンに襲わせたりしました。あれは事件として新聞でも報道されましたから

     

    ※1973年11月、タイガー・ジェット・シンは来日中に買い物中だったアントニオ猪木を新宿伊勢丹前で襲撃。猪木は街中で負傷し、血だらけになった。この事件はプロレスがより世の中に広がるきっかけのひとつでもあった

     

    「そうやって考えると、異種格闘技路線もそういう想いがあったんじゃないかなと。モハメド・アリと戦うことによって、プロレスを普遍的な存在にするっていう」

    「『歌舞伎vs世界のエンタメ』もそれと同じですか?」

    「そう。今までやって来た歌舞伎の特集って、どうしても歌舞伎のファンしか集められないなってあるとき感じたんです。その方に向けた歌舞伎の記事をつくるとすると、歌舞伎役者の方にインタビューをするとか、この芸の見どころは〜とか」

    「なるほど」

    「歌舞伎vs映画であれば、映画ファンにも歌舞伎のことを知ってもらえるんです。そこで考えたのが…たとえば、これなんですけど」

     

    「なんですかこれ。縄文土器?」

    「そうそう」

     

    パカッ

     

    国宝の縄文土器をモチーフにしたカップヌードル入れ

    「カップヌードル入れ!?!?(笑)」

    『縄文DoKi★DoKiクッカー』という商品です。59,800円するんですけど、つくった15個があっという間に完売しました」

    「59,800円? しかも完売? なぜこれをつくろうと思ったんですか?」

    そもそものきっかけはカップヌードルを縄文土器で食べたいってだけだったんですけど」

    「ふつうの人間ってそんな欲求芽生えますか?」

    「で、日清食品に飛び込み感覚で営業に行きまして。なんでそれをやりたいのかって説明するときに、オリンピック憲章には『スポーツと文化のマリアージュ』ってきちんと書かれているんです

    「へえ! そんなことが」

    1936年のベルリンオリンピックまでは、アートって種目があったんですよ」

    「ええええ。初めて知りました」

    「だから『日清食品はオリンピックに向けてオフィシャルパートナーとしてアートをやらなくちゃいけない』…っていう企画書をつくって(笑)。その結果、これができました」

    「できちゃうのがすごい」

     

    他にも、高木さんが手がけた商品はたくさん。

     

    真ん中に置いてあるのは、江戸時代の浮世絵師「写楽」をイメージした招き猫。

     

    この帽子は、葛飾北斎の妖怪をイメージしたレザーハット。

     

    お次は、孫の手。

    国宝の「十一面観音(じゅういちめんかんのん)」の手でつくった「孫の手」、名付けて「仏(ぶつ)の手」なんです。

     

    機能性は…

    ノーコメントでお願いします。

     

     

    なぜ高木さんは本業から”逸脱”するのか?

    イーアイデム

    この記事を書いた人

    くいしん
    くいしん

    1985年、神奈川県小田原市生まれ。株式会社Wasei所属。これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」の編集者。高校卒業後、お笑い芸人見習い、レコードショップ店員を経て音楽雑誌編集者。その後フリーでウェブ制作を行いウェブディレクターに。数々の転職を繰り返し今に至る。グビ会主宰。

    くいしんの記事をもっと見る

    同じカテゴリーから記事を探す

    オススメ記事

      こちらの記事もオススメ