『なんでんかんでん』川原ひろし社長に聞く ~ラーメン屋の儲け方~

2019.09.03

『なんでんかんでん』川原ひろし社長に聞く ~ラーメン屋の儲け方~

とんこつブームの立役者であり、「マネーの虎」出演などでも有名な『なんでんかんでん』の川原社長に、ラーメン店経営の極意を教えてもらいました。実際、儲かるの? 立地や人件費は?

人気記事

    隣の芝生は、青く見える。

    ラーメン屋が1ヶ月どのくらい儲かるのか想像してみる。

    仮に…

    客単価1,000円で、1日の来客数が120人とする。1日の売上が120,000円の場合、

    1ヶ月30日営業として…

    【一ヶ月の売り上げ】3,600,000円

     

    ここから、原価、家賃、人件費の支出を引いて行く。

    3割が原価として▲1,080,000円
    毎月の家賃が▲200,000円(水光熱費含む)
    常時バイト2人体制なら、時給1200円×12時間×2名×30日で▲864,000円

    そうすると、残った儲けが

    1,456,000円!!!!

     

    ほら…!!!

    ラーメン屋って

    めっちゃ儲かりませんか!?

    なんでんかんでん 川原ひろし とは?

    とんこつラーメンブームの生みの親。昭和61年に環七沿いで開業したラーメン店「なんでんかんでん」には連日長蛇の列ができ、一種の社会現象にまで発展した。

    今ではラーメン界で共通言語となっている「こな落とし」の命名や、海苔にプリントした「プリント海苔」は川原社長発案である。

    また、ある世代には、鮮明に記憶に残るテレビ番組「マネーの虎」* に(ほぼレギュラー)出演していた経歴を持つ。※出資者(虎たち)に向けて志願者がプレゼンをする番組。怖いし、面白いし、勉強になった番組。

    鋭い眼光で志願者を叱咤する姿に「すげー怖そうなオッサンだなぁ…」と感じた方も多いのではないだろうか?

     

    と思って、取材を進めたら意外とチャーミングなおじさんだった。安心した。

    なお、現在はなんでんかんでんのFC(フランチャイズ)展開を進めながらも、昨年オープンしたFC店・高円寺駅前の「なんでんかんでん」の運営・営業に深く関わっている。

     











     

    ラーメン屋の初期費用

    ■物件

    西武新宿線急行停車駅、徒歩5分、1F8坪のテナントの賃料を15万円とする。なおこの物件は、ほぼ居抜きで利用できる。

    ・前家賃…家賃の1ヶ月分_150,000円
    ・手数料…家賃の1ヶ月分_150,000円
    ・保証金…家賃の10ヶ月分_1,500,000円
    ・造作譲渡…1,700,000円

    物件…合計3,500,000円

     

    ■備品

    どんぶりや、お箸など。またスープを外注するとはいえ、ちょっと味気ないので演出のために寸胴鍋を2つ用意しておく。

    ・ラーメンどんぶり…700円×20個=14,000円
    ・レンゲ…100円×20個=2,000円
    ・お箸…100円×20個=2,000円
    ・寸胴鍋…50,000円×2個=100,000円

    備品…合計118,000円

     

    ■広告

    ロゴもメニューも手作りする。看板、チラシのみ近所のプリントショップに依頼する。

    ・上部看板出力、施工費用…120,000円
    ・電飾A型看板、ポスター出力費…80,000円
    ・のれん…20,000円
    ・チラシB5、5000枚…25,000円
    ・メニューパウチ代…2,000円

    広告…合計247,000円

     

    ■求人広告

    アルバイトの求人のため、(例えば)「イーアイデム」で4週間求人広告を掲載する。

    ・4週間求人費…75,000円(エコノミープランの場合)

    求人広告…合計75,000円

    ※詳しくはこちら

     

    ■内装

    内装の気になるところは、儲かってから変えて行くのが川原セオリーらしい。

    内装…合計0円

    ■物件+■備品+■広告+■求人広告+■内装は…

     

    合計  3,940,000 円

    が初期費用となる。※初期費用は、あくまで参考となります。場所、条件等によって費用は大きく変わります。

     


    ラーメンは、食べる側でいるくらいで丁度いい。

    正直、飲食業の廃業率の高さには、ゾッとしました…。10年後には1割しか残っていないなんて、今残っているラーメン屋が奇跡に思えてきますね。

    川原社長が、ラーメン屋開業について真剣に考えている人はコンサルするよ!とおっしゃっていましたので、根拠のない自信に394万円を賭けるより、人脈もあってラーメン業の経験豊かな川原社長に相談したほうがずっと生存率は上がるように感じました。

     

    そんな川原社長ですが、現在youtubeチャンネル なんでんかんでん社長公式チャンネル も精力的に取り組んでいるとのことです。
    インターネットを持っていらっしゃる皆さんは、ぜひチャンネル登録しよう。

     

    以上となります。

    引き続きよろしくお願いいたします。

     

    なんでんかんでん

    住所|東京都杉並区高円寺南4-25-9

    営業時間|月~金11時~23時、土11時~23時半、日祝11時~22時

    公式HP

    イーアイデム

    この記事を書いた人

    下村山知也
    下村山知也

    焼き芋を売って暮らしていた。今は、漫画やイラストを生業にしている個人事業主。ブログ→http://nicheniche.lomo.jp

    下村山知也の記事をもっと見る

    同じカテゴリーから記事を探す

    オススメ記事

      こちらの記事もオススメ