いつもと違う、ちょっと贅沢な晩酌タイムを。手間いらずでおいしい「お取り寄せおつまみ」5つ

 オモムロニ。
「按田餃子」のお取り寄せ

外に飲みに行く機会が減ったいま、1日の終わりに、おうちでの晩酌タイムを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。晩酌に欠かせないのが、おいしい「おつまみ」。しかし毎回自分で作るとなると、メニューが似通ってしまったり、そもそも作る時間がなかったり……ということもありますよね。

そんなときにおすすめしたいのが、お取り寄せで楽しめるおつまみ。いつもの晩酌タイムに変化をもたらしてくれる、おいしくてちょっと珍しいおつまみを、雑貨コーディネーターのオモムロニ。さんが紹介します。

***

はじめまして。雑貨コーディネーターをしています、オモムロニ。と申します。とにかく“モノ”好きで、普段はインテリア雑貨や日用品、文具や小物、家電、ギフトや手土産など、身の回りのあらゆるこまごまとしたモノに関わる活動をしています。雑貨の延長でお菓子の缶や箱など、いわゆる “パケ買い” 探しも得意としていて、ちょっとシャレが効いていたり、コンセプトがユニークだったり、渡す方ももらう方も楽しくなるようなギフトアイデアを常に探しています。

ギフトというと誰かに贈るものというイメージですが、私自身、お気に入りの一品を自分のための「お取り寄せ」として購入することもしばしば。そこで今回は、そんな私がいまオススメする「届いてワクワク、作るのは簡単、食べて幸せ」な「お取り寄せおつまみ」を、5品紹介します。家にいながら味わえる有名店の味から、誰かに贈りたくなるようなギフトセット、クスッと笑えるネーミングやパッケージが楽しい一品まで、雑貨好きの目線で選んだ、おいしくて、届いた瞬間もうれしい、ちょっと珍しいお取り寄せラインアップです。

どれも「おいしー!」と人に伝えたくなる味なのはもちろん、見事なまでに手間いらず、テクいらず。完全に私のものぐさがバレますが、なんなら開けるだけですぐ食べられるものも。忙しい1日の終わりにサッと準備して、いつもと違うとっておきの晩酌タイムを楽しんでみてください。

何度もリピートする、お魚系おつまみ2つ

まずは、私自身が何度もリピート買いしているお取り寄せおつまみを2つご紹介します。いずれも手間いらずで手軽に食べられる、お魚系のおつまみです。

「へしこ」の魅力に開眼した、絶品デリシャス缶詰

青春アヒージョ(ハーブへしこのオイル煮) 1,296円(税込)
青春アヒージョ(ハーブへしこのオイル煮) 1,296円(税込)

デリシャス缶詰専門店「カンナチュール」で取り寄せた、かわいらしいイエローのパッケージに入ったデリシャス缶詰。その名も「青春アヒージョ」という、ハーブへしこのオイル煮です。この商品名、あの学園ドラマの主題歌のような、どっかで聞いたことのあるような響き……。私はパケ買いはもちろん、ネーミング買いも大好物。そもそも「へしこ」がなんたるかも知らずに、ただただ好奇心で買ってみたのが最初の出会いです。

青春アヒージョの中身
ゴロっとした身が3〜4切れ。猫が狙ってます……。

「へしこ」とは、福井県若狭地方の伝統的な発酵食品で、すごーく簡単にいうと、サバを塩漬けにしてから、さらにぬか漬けにしたもの。栄養満点な越冬の保存食として、「海のチーズ」とか「和製アンチョビ」なんて呼ばれてもいるそう。

そう聞くと「なんかクセ強そう」と思うかもしれませんが、ちょっと待って〜! そのままではちょっと強いうま味や香り、独特な風味があるへしこですが、このデリシャス缶詰はぬか床にハーブを漬け込んで混ぜ込み、ニンニク、鷹の爪と一緒にオイル煮のアヒージョにすることで、とても食べやすく仕上げています。個人的にはアンチョビよりも万人受けする気が。

おすすめの楽しみ方:シュワシュワの生マッコリと合わせて
お皿に盛り付けた青春アヒージョ
欲張って2缶分開けてます。

食べ方は、デリシャス缶詰を湯せんで5分温めるだけ。そのままバゲットに乗せて食べてもいいし、アンチョビのような使い方で、パスタにあえたり、ポテサラに混ぜ込んだりしてもいいですね。

へしことマッコリと野球中継。至福の休日。
へしことマッコリと野球中継。至福の休日。

ちなみにこのデリシャス缶詰、ビール、ワイン、日本酒……どんなお酒にも合うんですが、最近の私は、シュワシュワとシャンパンのように飲める生マッコリと合わせて、発酵祭りを楽しむのにハマっています。

開けるだけですぐ食べられる! 至れり尽せり、サバの燻製おつまみ

THE さBAR 各864円(税込)
THE さBAR 各864円(税込)

海鮮料理専門店「夜明茶屋」のオンラインショップで購入できる「THE さBAR」。(えっ、またサバ?)このインパクト大なビジュアル、大胆なネーミング、大好物です。以前東京駅の地方名産品のセレクトショップで目を奪われ、試しに買ってみたら……あらやだ、これは最高においしいんじゃない? とハマった一品です。

脂の乗ったノルウェーサバに、九州(福岡の糸島や長崎の矢堅目)の塩を使って作られた、サバの燻製です。現在は熟成にんにくや明太子など数種類の味が発売されてますが、今回は真ん中の一番スタンダードなタイプを開けてみます。

専用のトレイにお手ふき、楊枝まで付いている

昨年のお花見にも持参して大人気だったんですが、その理由の一つが、専用のトレイにお手ふき、楊枝まで付いていること。本当に「開けるだけ」で食べられるんです。しかも常温保存ができて、賞味期限は製造から1年。なんという至れり尽くせり。

"THE さBARは食べやすい切れ目入り

食べやすいよう、身には切れ目が入れてあり、小骨も全て取り除いてあります。そしてこの脂の乗り具合! 撮影するのにレフ板なんて当てなくてもツヤツヤです。

おすすめの楽しみ方:ハイボールと一緒に、最高の晩酌を
お皿に盛り付けたTHE さBAR

良質な塩を使っているせいか、塩分は控えめなのにしっかりとした味で、ほどよくレアでしっとり。臭みや燻製のクセもなく、焼きサバのような感覚で食べられます。なので、そのままはもちろん、お茶漬けにも、サンドイッチにも、お弁当にもイケます。

この手軽さとおいしさにハマって、私自身何度となくリピート買いしています。おかずが一品足りないときにも、晩酌タイムにも重宝しますよ。さっぱりしたハイボールなんかを合わせれば、今夜は最高!

▶︎▶︎オンラインショップ夜明茶屋オンラインショップ

▶︎▶︎紹介した商品THE さBAR(ザ・サバー)糸島またいちの塩使用

有名店のあの味を自宅で。お取り寄せで楽しむ、お肉系おつまみ3つ

続いては、私が以前から足を運んでいる大好きなお店のお取り寄せを3つご紹介します。

爽やかな白いボックスで贈り物にぴったりな、ベーコンやソーセージのギフト

なんともパケ買い心をくすぐる白い箱。こちらは神戸・三ノ宮と新神戸駅構内にお店がある「Nick」という精肉店のギフトボックスです。今回は神戸牛や神戸ポークの加工品セットをお取り寄せしてみました。

Nickの神戸牛や神戸ポークの加工品セット
なんで「箱」ってこんなに無条件にときめくのでしょう・・・

数年前に一度行ったことのある本店は、このボックスのように清潔感のある真っ白な空間に、ところどころネイビーが効いていて、まるでカフェみたいな空間でした。お店ではショーケースのお肉を選ぶとその場ですぐ焼いてくれて、たっぷりの野菜やパンと一緒にイートインもできます。

神戸ボークのベーコン、ソーセージのミニアソート 1,361円(税込)。プラス単品で、神戸牛 スモークビーフ 1,296円(税込)
神戸ボークのベーコン、ソーセージのミニアソート 1,361円(税込)。
プラス単品で、神戸牛 スモークビーフ 1,296円(税込)を。

そこで食べたお肉がおいしくておいしくて。さらに帰りにテイクアウトした「神戸 新ローストビーフカツサンド」(こちらは通販なし)も絶品で、ずっと記憶にあるお店なんです。まだしばらくは行けそうにないので、一番お手頃なギフトのアソートセットをお取り寄せしてみました。

おすすめの楽しみ方:大きなカッティングボードに乗せて贅沢に
大きなカッティングボードに盛り付けた様子

たしかお店でも、こんな感じで大きなカッティングボードに盛られていたなと思い出しながら、ちょっと自分でも恥ずかしいほどに豪華で贅沢なブランチにしてみました。上品な脂で胃もたれすることもなく、あっという間にペロリ。

これもまたちょっとした非日常。せっかくだからと盛り付けまで張り切っちゃうのもまた、お取り寄せの楽しいところですよね。朝食にはもちろん、晩酌タイムならカッティングボードにおつまみをのせ、ワインやシャンパンといただくのも楽しいと思います。

1,000円台から買える、お手頃なお肉の加工品ギフト。こういうのが誰かから贈られてきたら、小躍りするなぁ〜。

▶︎▶︎オンラインショップNick

▶︎▶︎紹介した商品神戸ポークのベーコン、ソーセージのミニアソート神戸牛 スモークビーフ

優しく個性的な味わいが楽しめる、4種類の水餃子

今回の企画を考える上で真っ先に「あっ、あれ食べたい……」となったのが、東京・代々木上原と二子玉川にお店がある「按田餃子」の看板メニュー、水餃子です。小さく控えめな佇まいでありながら、ミシュランガイドにも掲載されている人気店です。

按田餃子セット(40コ入り)3,456円(税込)
按田餃子セット(40コ入り)3,456円(税込)

“助けたい包みたい按田餃子でございます” のキャッチコピーの通り、素材にこだわって一つ一つ丁寧に手作りされた料理は、何を食べてもホッと体が包まれるような優しさがあって、大好きなお店。今回は、水餃子の通販を利用しました。注文したのは、4種類の水餃子が各10コずつ入った計40コ入りセット。

按田餃子セットのパッケージ
なんとも癒やし系のキャラが。オンラインショップにはこのキャラのお守りも。

オリジナルのキャラクター? が描かれたボックスと、袋の「鶏」「豚」の文字がなんとも言えないレトロなかわいさで、届いた瞬間からテンションが上がっちゃいます。

餃子の味は、鶏が「キャベツと生姜」「香菜と胡瓜」、 豚が「大根と搾菜(ザーサイ)」「カレー風味と人参」の計4種類。他ではなかなか無い個性的な具材に期待が高まります。

按田餃子をゆでる様子

作り方は、沸騰したお湯に冷凍餃子を入れて約6分ゆでるだけ。有機ハトムギを練りこんだちょっと茶色い自家製の皮がツヤツヤに輝いて……ああ早く食べたい〜。

ちなみに、ゆでた餃子を温め直す場合はフライパンに油を敷いて並べ、ふたをして弱火で5分くらい温めて焼き餃子のようにして食べてもいいのだそう。あとはお鍋の具にも。

按田餃子とうちの猫
ひたすら餃子。餃子。猫もあ然。

ぷるぷる・モチっとした薄茶の皮に、個性的で唯一無二なのに食べやすい餡(あん)、一つ一つは小ぶりなのでペロっといけちゃいます。口に含むたびに、はぁ〜優しい。はぁ〜幸せ。餃子とお気に入りのお酒さえあれば、それだけで贅沢な晩酌タイムになります。

おすすめの楽しみ方:ぜひ、オリジナル調味料と一緒に!
按田餃子オリジナル調味料

そのままでもおいしいのですが、ぜひ一緒に味わってほしいのが、オリジナルキャラの瓶に入った「按田餃子・味の要」(左)と「按田餃子のタレ」(右)。特に味の要は、私の語彙力ではまったく表現できない複雑な味。商品ページの説明文にも「シルクロードを逆走、の心意気をスパイスで表現」とあり、ますます分からない! けど、とにかく箸が伸びてしまうクセになる味なんです。餃子と一緒にぜひ。体が喜ぶ水餃子に、助けられ包まれた午後でした。

羊肉の聖地の味を独り占め。今までお取り寄せしなかったことを後悔した一品

最後は、東京・神田のガード下にある中国料理店「味坊」のお取り寄せ。中国の東北地方の料理、とりわけ羊肉料理が有名で、“羊肉の聖地” なんて言われているとかいないとか。おいしいもの好きの人たちに愛される、超有名店です。

何を食べてもおいしい味坊の中でも、10人中10人が注文する(たぶん)名物が「羊肉串」。味坊はメニューの一つ一つにボリュームがあり数人でワイワイ行きたいお店なので、次に誰かと行けるのはもう少し先になりそう……ということで、初めてお取り寄せしてみました。

味坊羊肉串 10本入り 2,000円(税込)
味坊羊肉串 10本入り 2,000円(税込)

はい来ました。この添えられてるスパイス、クミンが効いて本当にいい香り。これだけで一気にテンションが上がってしまいます。家庭でうまく焼けるんだろうかと心配しましたが、同封されていたおいしい焼き方メモによると、「完全に解凍してから焼くこと」「焼き過ぎないこと」というポイントを押さえれば、フライパンでも、焼き網でも、魚焼きグリルでもおいしく焼けるそう。早速焼いてみました。

焼き上がった味坊羊串
焼きながら「尊い…」を連呼してしまった。

お店で焼かれたものを食べたときには気付かなかったんですが、羊肉が焼かれるときの香りがなんとも芳しい! 数分に一度、肉の向きを変えながらスパイスを振りかけるたびに「ん〜!」とうなってしまうほどで、もう食べる前から幸せです。

おすすめの楽しみ方:ビオワインと一緒に、お店で味わっている気分を
オーバルの皿に盛り付けた味坊羊串

お店で出てくる姿をイメージして、オーバルの皿にどどん! と10本。魚焼きグリルで焼いたので串が思いっきり焦げていますが、まぁ気にしない。適度な弾力があって、口の中でじゅわっと広がる肉の旨味と、ときどき時間差で歯の間から現れるクミンのつぶつぶ感。みんなでお店に行ったときにはできない、羊肉ひとり占め! 結論。なんでもっと早くお取り寄せしなかったんだろう。ばかばかばか!

味坊の楽しみはクオリティーの高いビオワインが低価格で飲めてしまうところ(しかも冷蔵庫から自分たちで取り出すシステム)。そんなことを思い出して、羊串のお供には、ビオワインをビアジョッキに入れて飲むストロングスタイルで挑んでみました。

老虎菜(ラオフーツァイ)

さすがに肉だけってのもなぁと、こちらも味坊の常連さんなら誰もが頼む「老虎菜(ラオフーツァイ)」というパクチーときゅうりと青唐辛子のサラダを、以前雑誌に紹介されていたレシピを参考に作ってみました。思いのほかうまくできて、これ以来ちょくちょく作っていますが、このサラダも羊肉串も、ああやっぱり早く味の答え合わせに行きたい……。

▶︎▶︎オンラインショップ【公式・通販】中国東北地方の絶品料理のお店「味坊集団」

▶︎▶︎紹介した商品味坊羊肉串/10本入

著者:オモムロニ。

オモムロニ。

雑貨コーディネーター。東京生まれ、横浜在住。90年代後半からWEB制作を始め、気になるモノ・コトを発信する「オモムロニ。」がブログ黎明期に評判となる。以降、女性誌を中心に雑貨や日用品、手土産のセレクト、コラムの執筆や商品企画など、幅広く活動。2019年には著書『DAILY GIFT BOOK 気持ちが伝わる贈りものアイデア』(文藝春秋)を発売。現在、雑誌『&Premium』『LaLa Begin』で連載中。

Twitter:@omomuroni Instagram:@omomuroni

編集/はてな編集部

※各商品の金額・販売情報は、公開時点のものとなります

関連記事


最新記事のお知らせやキャンペーン情報を配信中!
<Facebookページも更新中> @shinkokyulisten