社長と語らう夕べ「人生のターニングポイント」―人気ブロガーの人生変えた“ある女子からの告白”

会社が重視しなければいけないのは、外交よりもむしろ内部のコミュニケーション?株式会社バーグハンバーグバーグの取締役社長・シモダテツヤが、社員とコミュニケーションを図ります。

f:id:jimocoro:20170906103832j:plain

こんにちは、ジモコロを運営している株式会社バーグハンバーグバーグの取締役社長・シモダです。

 

会社という生き物がもっとも重視しなければいけないのは、外交よりもむしろ内部のコミュニケーションではないか?

という信念のもと、今回は、このようなお題で社員を集め、話し合いの場を設けてみました。

 

f:id:jimocoro:20170907143810j:plain

 

今回のテーマは「人生のターニングポイント」 。自らが思う、「あの時のアレがターニングポイントだったな」っていう話を聞いてみたい!

 

そこで、なかなか濃い人生を歩んでそうな3人に集まってもらいました。

 

f:id:jimocoro:20170906161925j:plain

メンバー紹介

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain

2010年6月に株式会社バーグハンバーグバーグを設立

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain

オモコロなどで活躍するブロガー。小学生の先生を目指していた

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain

もともとは上昇志向の強い人間だったそうだが……?

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain

実家のガソリンスタンドを継ぐために、修行として上京

 

 シモダ:ターニングポイント「オモコロ」

f:id:jimocoro:20170906155035j:plain

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「今回は、みなさんの人生のターニングポイントを教えてください。例として、僕の場合をお話しすると……なんといっても、学生時代にテキストサイトにどっぷりハマったというのが大きいです」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「テキストサイトが流行ったのって、十何年前ですよね」

テキストサイトとは―

1990年代中期から2000年代前期に日本で流行した日記サイト。特にエンターテイメント性を重んじたウェブサイトのこと

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「自分でも趣味でテキストサイトを運営して、就職した後も仲間を集めてオモコロというサイトを立ち上げました。これが1番のターニングポイントですね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain「僕もオモコロに参加していなければ、ここにいませんからね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plainサラリーマンをやりながらだったんで、キツイ時期もありましたが……メンバーがどんどん集まってきて、やがて規模が大きくなって、会社を立ち上げることになります。それが株式会社バーグハンバーグバーグです」

 

f:id:jimocoro:20170906105856j:plain

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「もし『サラリーマンとの二足のわらじはキツい』という理由で、オモコロを立ち上げなければ……?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plainこの会社は存在してませんね。前職で、一生ヒラ社員のまま働いていたと思います」

f:id:jimocoro:20170905202622p:plain「そしたら、ここにいる全員の人生が違っていたんでしょうね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「ですね。こんな感じで、みなさんの人生の転機を教えてください」

 

 

ARuFa:第一のターニングポイント「矢島」

f:id:jimocoro:20170906155036j:plain

f:id:jimocoro:20170905202625p:plain「じゃあ最初はARuFaくんからお願いします。知り合った頃はすでに人気ブロガーだったから、それ以前のことってあまり知らないね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「僕のターニングポイントは、ブログを始めるもっと前の話……僕の性格を構成するに至ったエピソードです」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「なるほど。ARuFaくんをARuFaくん足らしめている性格は、後天的なものだったと」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「そうなんです。僕、小学2年生まではそこそこ大人しい性格で。足の速さも、ドッジボールもまぁまぁ普通……カーストも中の下くらいだったんです。そんな僕が変わるきっかけになったのが矢島です」

 

f:id:jimocoro:20170906110759j:plain

f:id:jimocoro:20170905202623p:plain「誰?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「小3の時の僕のクラスメイト、矢島です。どういうやつかと言うと、めちゃめちゃ面白いやつです」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「知ってるわけないし、説明が雑すぎる」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「矢島も僕と同じで、能力的には普通の人間でした。たったひとつ僕と違ったのは、メチャクチャ面白かったという点だけ。でもその一点のおかげで、クラスで一番の人気者だったんです」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「いるなぁ、そういうやつ」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「小学生のステータスである『足の速さ』や『ドッジボールの強さ』を全て無視して面白さだけで友達がたくさんいる矢島は衝撃的でした。そして気付けば僕も矢島の友達になっていたので、矢島の面白さの仕組みを研究することにしました」

 

f:id:jimocoro:20170906155037j:plain

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「研究?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「そうです。常に近くで矢島を観察し、矢島の技を一つひとつ分析しました。『あの話し方ならウケるのか』『その牛乳の飲み方ならみんな笑うんだ』という感じで、一年間勉強したんです」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「真面目なのかバカなのかどっちなんだ」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「一年後、4年生になって、矢島とは別のクラスになりました。そこで、矢島がやっていたようなことを、今こそ試してみようと」

f:id:jimocoro:20170905202623p:plain「どうだったの?」

f:id:jimocoro:20170905202622p:plain爆裂にウケました。で、その辺から性格も明るくなったので、小2の頃の僕を知ってるやつは、みんな『急に明るくなったね』って言ってました」

 

f:id:jimocoro:20170906155038j:plain

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「今の明るいARuFaくんは、矢島のおかげで生まれたんだ!」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「ちなみに矢島の持ちギャグは『自転車に乗っている時にターミネーターのモノマネをしながら竹藪につっこむ』というものでした」

f:id:jimocoro:20170905202623p:plain「ムチャクチャすんな」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「矢島は、今は何してるの?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「前にミクシィのプロフィール画像をみたらホストやってるっぽかったです。喋りが上手かったから楽しそう」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「もし矢島に会ってなかったら、どうなってた?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「そのまま暗い性格だったかもしれません。個人ブログを開設して、学校のムカつく奴等の苗字をモジったキャラを自分がかっこよく殴り倒す創作小説とか書いてたかも」

f:id:jimocoro:20170905202623p:plainバーグハンバーグバーグに入るきっかけにもなった『ARuFaの日記』が、カスみたいなブログになってたかもしれない?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「このターニングポイントは“性格”という目に見えないものだったけど、物理的な変化はあった?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「矢島のおかげで、めちゃめちゃ小学校の生活が楽しくなったので、進路として教師を目指すことにしました。そして、そこで第二のターニングポイントを迎えることになります」

 

 

ARuFa:第二のターニングポイント「女子の告白」

f:id:jimocoro:20170906155039j:plain

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「中学から始めた個人ブログもどんどん楽しくなってきて、大学生まで続けていたんですけど、教育学科を出て教師になるか、ブログを続けるかという問題でかなり悩むことになります」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「ずっと続けてたブログとはいえ、大学まで行ってるんだから教師になるっていう選択肢も、もちろんある。悩むところだね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「悩みながらも、とりあえず必修だった教育実習に行ったんですね。そしたら、めちゃ楽しいんですよ! これなら教師目指せるかなって。実習校は小学校だったんですが、子どもたちも みんなかわいくて……」

f:id:jimocoro:20170905202623p:plain「じゃあ小学校の先生には本気でなりたかったんだ」

f:id:jimocoro:20170905202622p:plain「当時はそう思っていましたね」

 

f:id:jimocoro:20170906155040j:plain

 

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「じゃあ、何でライターになろうと思ったの?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「実習期間中のある日、休み時間に、思い詰めたような表情の女の子が近づいてきたんです。大学で聞いた話なんですけど児童から実習生への告白っていうのが結構あるしくて、『必ず断わること』って大学で言われてました。そりゃそうですよね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「恋の告白!? それはドキドキするね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「で、『来るぞ、来るぞ……!』と思いながら待っていると、その子が、ゆっくりと口を開きました。『先生って、“ARuFaの日記”のARuFaでしょ?』って」

 

f:id:jimocoro:20170906155041j:plain

f:id:jimocoro:20170905202623p:plain「うわー! 身バレしたんだ。“ARuFaの日記”は下ネタとかも多いから、公になると印象悪いよね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「そう思って『他の先生には内緒だよ?』って言ったんですけど、『校長先生に言ってやろ』とかいってからかわれて……教育実習中のわずかな期間でバレるなら、もう無理だなと」

f:id:jimocoro:20170905202624p:plain「教師になったらもっとバレやすいし、バレた場合はシャレにならないからね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「ですね。その瞬間に、教師の道は諦めてライターを目指すことにして、今に至ります。あの女の子の告白は、今では『よく言ってくれた!』と思って感謝してるんです」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「その女の子、今もこの記事を読んでくれてるかもしれないね。まさか自分がARuFaの人生を変えたとは知らずに」

 

長島:第一のターニングポイント「イケヤバ」

f:id:jimocoro:20170906130343j:plain

f:id:jimocoro:20170905202625p:plain「続いては長島さんのターニングポイントを教えてください。今でこそ同じ会社で働いてますけど、昔は取引先の人間、という関係でしたよね?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「ですね。昔の僕はとにかく上昇志向が強くて、ガンガン働いてキャリアを積むぞ~!っていう人間でした。そんな時、仕事でシモダさん(バーグハンバーグバーグ)と会う機会があって」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「よく憶えてます。その……印象深い人物……だったから」

 

f:id:jimocoro:20170906130550j:plain

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「とにかく名を上げて有名になりたかった僕は、『取引先としてではなく、個人でバーグハンバーグバーグと組めば、一発逆転で有名になれるのでは』と思いつきまして。何かできませんか?と依頼したんです」

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain「個人的に?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「完全に個人的な相談ですね。その時に生まれたのがイケてるしやばい男 長島という企画。何者でもない男(自分)のことを、あらゆる手段で宣伝してもらうっていう」

 

f:id:jimocoro:20170906182914j:plain

f:id:jimocoro:20170905202625p:plain「個人からの依頼というのも話題になって、かなりウケてくれました。あれ、何か影響はありました?」

f:id:jimocoro:20170905202624p:plainTwitterのフォロワーが100倍に増えて、バレンタインチョコが200個くらいもらえました。周りの目も変わりましたね。『個人で依頼したんだって? すごく面白い発想じゃないか』なんて」

 

f:id:jimocoro:20170906131149j:plain

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「特定の個人が、存在としてバズるって、あまりないことですからね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain大きな転機でした。有名になって、ビジネス的にも良い武器になった。あと、まあ……やんわりチヤホヤされましたよね」

f:id:jimocoro:20170905202623p:plain「調子乗ってたわけですね? もしそのターニングポイントがなかったら?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「なかったら……名を上げるためにバリバリ仕事して、今頃は政治家とか目指してたかもしれません。金と地位にほんと弱かった」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「数字のためなら人の感情なんてどうでもいいという、合理的な奴になってそう。今もちょっとその傾向はありますけどね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「ないですよ! でもあんな上昇志向が強い人間が政治の世界に入ってたら、癒着とか不倫とかですっぱ抜かれてたんだろうなぁ」

 

 

長島:第二のターニングポイント「キャリア崩壊」

f:id:jimocoro:20170906120114j:plain

f:id:jimocoro:20170905202625p:plain「仕事も順調。イケヤバのおかげでネットでは有名になった。最高じゃないですか」

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「そうですね。しかも32歳の時に転職して、グイグイ来てる成長企業に入社できたんです。さぁこれから頂点に駆け上がるぞ~!という、まさにそのタイミングで、人生2度めのターニングポイントがきたんですね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「ここまでは順風満帆に思えますけど……どういうターニングポイントが?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain転職一ヶ月で交通事故に遭ったんです。それが結構深刻な状態で。脳挫傷、頭蓋骨骨折、くも膜下出血で、意識不明の重体になりました」

f:id:jimocoro:20170905202623p:plain「えええぇぇ~~~!!!」

 

f:id:jimocoro:20170906155042j:plain

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「何より困ったのが、言語障害や記憶障害が起こったってこと。神経が傷ついたせいで、うまく喋れなくなって、昔の記憶も所々抜け落ちてるみたいなんです」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「ひょっとして、今も記憶がなくなってるところがあるかもしれない?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「あると思います。言語障害の方はまぁまぁ治ったんですけど、記憶に関しては、失った部分は思い出せないんで。抜け落ちたままということは考えられますね」

f:id:jimocoro:20170905202622p:plain「うわぁ、自分ではわからないってところが怖いですね」

 

f:id:jimocoro:20170906120650j:plain

f:id:jimocoro:20170905202622p:plain「せっかく築いたキャリアがゼロに……さぞかしつらかったでしょうね」

f:id:jimocoro:20170905202624p:plain「いや、地位や名誉を求める気持ちが少なくなっちゃいました。死を意識した時、いつ死ぬかわからないなら、片っ端からやりたい事や楽しいことを追求したい!ってすごく思ったんです」

f:id:jimocoro:20170905202623p:plain「それでバーグハンバーグバーグに入社したんですね!」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「死を身近に感じると、人生観が変わるって言いますよね。グラップラー刃牙のガイアもそんなこと言ってました」

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「今、ガイアの話はしてませんでしたよね?」

 

グラップラー刃牙 1 (少年チャンピオン・コミックス)

グラップラー刃牙 1 (少年チャンピオン・コミックス)

 

 

 

かんち:第一のターニングポイント「ジャッカス」

f:id:jimocoro:20170906132220j:plain

f:id:jimocoro:20170905202625p:plain「最後はかんちくんのターニングポイントを聞かせてもらおうかな」

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain「僕も中学時代からホームページを持っていて日記などをアップしていたんですけど、今から14年ほど前にテレビで『ジャッカス・ザ・ムービー』という映画のDVDを紹介していたんです」

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「『ジャッカス』って、体を張ってバカなことやってるアメリカの番組ですよね?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain「ですね。その中で、“お尻に肉をくっつけてワニの上を綱渡りする”っていう過激なことをやっていて衝撃を受けました。その時に『僕も体を張って笑いをとりたい!』と思いまして」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「リアクション芸人みたいなものに憧れたわけね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain「その日のうちにDVDを買いに行きました。で、とりあえずやってみよう!ということで、お尻にロケット花火を刺す動画とか、こちらに向かってくる打ち上げ花火を剣で斬る動画とか、色んな動画を撮り始めました」

 

f:id:jimocoro:20170906132203j:plain

f:id:jimocoro:20170905202622p:plain「僕はかんちさんの動画を見てオモコロの存在を知りました。今で言うユーチューバーみたいな感じでしたよね」

f:id:jimocoro:20170905202623p:plain「うん。当時はまだYouTubeというサービスはありませんでしたが、それでも意外に多くの人が動画を見てくれていて、更新を続けているうちにシモダさんの目に止まったんですね。で、メールをもらって」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「おもしろいからオモコロでやってみない?と声をかけました」

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain「なので、僕の1つ目のターニングポイントは『ジャッカス・ザ・ムービーを紹介してるテレビ番組を見たこと』ですね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「その時に違うチャンネルを見てたら、ここにはいなかったってことですね」

 

ジャッカス・ザ・ムービー 日本特別コメンタリー版 [DVD]

ジャッカス・ザ・ムービー 日本特別コメンタリー版 [DVD]

 

 

 

かんち:第二のターニングポイント「3月に退職」

f:id:jimocoro:20170906155043j:plain

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain「というわけでオモコロライターになったんですけど、それはあくまで趣味。将来を考えて実家の家業を継ぐことにしたんです。うちは、祖父の代から福島県でガソリンスタンドを経営していたから」

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「それは嫌ではなかったんですか?」

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain「長男だから、いつかスタンドを継ぐんだろうなとは漠然と思っていて、あまり違和感はなかったですね。で、修行としてガソリンスタンド業界の大手に就職したんです」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「大手のノウハウみたいなのを、実家のスタンドで活かすためってことね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain「そうですね。それで東京に配属になって4年間がむしゃらに働きました。で、いよいよ実家に戻って学んだことを活かすぞ~と思って、退職届を出したんです。それが2011年3月のことです」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「2011年3月……!」

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain「そう、ここでメチャクチャでかいターニングポイントを迎えます。東日本大震災が起きてしまったんです」

 

f:id:jimocoro:20170906155824j:plain

f:id:fccmatsuoka:20170827153038p:plain「!あ、そうか、2011年3月11日は……!

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain「その日は仕事が休みで東京の社宅でずっとテレビを見ていたんですけど、地元の被害の様子が伝えられていて、顔面が真っ青になりました」

f:id:jimocoro:20170905202624p:plain「そうだろうね……」

f:id:jimocoro:20170905202623p:plain「しかも翌日からは福島第一原発がヤバいみたいなことになって。実家は南相馬市小高区という原発20km圏内にあったので避難指示が出て入れなくなっちゃったんですね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153043p:plain「それにしても退職届を出したあとっていうのはね。地震や津波は人間の都合なんて考えてくれないからね」

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain命があるだけでも儲けものとは思うんですが、実際問題、人生が立ち行かなくなって」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「かんちくんからは、震災が起きる前に『家業を継ぐために、実家に帰ります』って話を聞いてたんですね。で、寂しくなるなぁ……とか思ってたら、あの震災があって」

 

f:id:jimocoro:20170906132220j:plain

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain「その後、ガソリンスタンドで修行する意味無いな、と思って転職を繰り返していた頃に、シモダさんには『よかったらバーグハンバーグバーグに就職してみない?』って声をかけてもらったんです」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「別に同情とかじゃなくて、おもしろい感性もってるのに、田舎に帰っちゃうのはもったいないなぁとは思ってたんで」

f:id:fccmatsuoka:20170827153005p:plain東北大震災がなければ今頃、田舎のガソリンスタンドで働いてたことでしょう。震災の“おかげで”今の人生が開けた、とは決して言いたくないですけど」

f:id:jimocoro:20170905202624p:plain「東北大震災に関しては『巻き込まれた』ターニングポイントだったけど、もとを辿ると『ジャッカス・ザ・ムービーをテレビで見た』っていうのが事の起こりですよね」

f:id:jimocoro:20170905202622p:plain「ですよね。それで動画を作り始めないと、そもそもシモダさんと会ってないわけだから」

f:id:fccmatsuoka:20170827153050p:plain「最初の最初、きっかけとなるターニングポイントって、たぶんほんとに些細なことなんだろうなぁ。人生って不思議ですね。これ、社員全員に聞きたいな」

 

 

まとめ

f:id:jimocoro:20170906134119j:plain

いかがだったでしょうか。

人生を変えてしまうようなターニングポイントって、どんな人にも訪れると思うんですが、一番最初の兆しがあまりにも小さくて、気づかない人が多いのではないでしょうか。

 

「あぁ、あの時のアレがターニングポイントだったなぁ」という感じで、後になるとわかるんですけどね。

 

読者のみなさんも、ターニングポイントとなったあの時のアレを、

#人生のターニングポイント

のハッシュタグと共にツイートして頂けると嬉しいです。

 

 

 

 f:id:jimocoro:20170906133603j:plain

f:id:jimocoro:20170905202625p:plain「はい、これにて収録OKです! 今日は皆さん、お付き合いいただきありがとうございました」

f:id:jimocoro:20170905202622p:plain「おつかれさまです!」

f:id:jimocoro:20170905202623p:plain「では通常業務に戻ります」

f:id:jimocoro:20170905202625p:plain「あ、すいません。長島さんだけ残ってもらってもいいですか?」

f:id:jimocoro:20170905202624p:plain「僕だけ? いいですけど」

 

f:id:jimocoro:20170907172252j:plain

 

 

f:id:jimocoro:20170907171427j:plain

 

 

f:id:jimocoro:20170907171502j:plain

「なんでハゲたときの話しなかったんですか?」

 

 

 

 ・シモダテツヤの座談会「社長と語らう夕べ」一覧

 

(おわり)

 

 

書いた人:シモダテツヤ

f:id:eaidem:20150428154322j:plain

1981年京都生まれ。Webクリエイター。バーグハンバーグバーグ代表取締役社長。 代表作は「インド人完全無視カレー」「分かりすぎて困る! 頭の悪い人向けの保険入門」など。著書に『日本一「ふざけた」会社の - ギリギリセーフな仕事術』がある。Twitterアカウント→@shimoda4md

 

ジモコロは求人情報サイト「イーアイデム」の提供でお送りしています