アルバイトなどの求人【イーアイデム】 TOP  >  職種・条件一覧  > 建築・設備・アクティブワークすべて > 設備工事のバイト・アルバイト

設備工事のバイト・アルバイト求人特集

メインビジュアル
このお仕事のメリット
  • 多くの人と協力して一つのものを作るためやりがいがある
  • 同じ現場や作業がなく、達成感を得られる
  • 資格を活かしてキャリアアップできるケースもある
  • 未経験でも、すぐに仕事を始められるケースもある

自分が働くイメージがつかめる!先輩直撃インタビュー

Mさん/31歳/男性/製造業
男性/製造業

お客様のために希望をかたちにすること「聞く」「話す」「考える」全て大切です

1.設備工事の仕事を選んだ理由は?
設備工事というのはものづくりです。お客様の依頼通りに工事を進めて行くとともに、徐々に仕上がってくる姿を見るのが楽しいです。工事中には想定外の出来事も起きますが、何度も何度も打ち合わせを重ね、仲間とともに仕上げていく過程が大好きです。完成した時の達成感もたまりません。
2.仕事を通じて身についたスキルは?
大きな設備工事ほどたくさんの人と仕事ができます。そしてたくさんの考え方を聞くことができます。これは今後自分が成長していく過程で「聞く」「話す」「考える」力をつける事ができます。設計や図面製作など、一から学ぶこともできました。もちろんまだまだ学びの途中です。こういった経験の中で一番学べたものはマネージメント力、コーチング、管理かと思います。
3.やりがいはズバリ!
設備工事のやりがいは、達成感です。毎月何軒かの工事を行って行く中で同じ現場や作業はほぼありません。基本の作業はあるとしても、各現場のルールに合わせ仕上げていきます。仕上がっていく過程はもちろん終了時の達成感は感無量です。私の仕事はオンリーワンの設備です。お客様に合わせた設備ですので、同じものは2つとありません。工事の作業途中の事ばかりでしたが、実際には、営業から施工まで一貫しています。自社の技術のプレゼンを行い、提案、見積りを行います。私の提案した内容で工事が進んでいくことを考えるとワクワクしてきます。そして発注をもらえるまではドキドキします。仕事を受注してからは、打ち合わせを何度も重ね、その間、お客様の気に入るまで仕様の確認をします。図面の製作もこういった流れから身につけました。(自己流です) このような業務を毎日のようにこなし、お客様からいただく「お疲れ様、ありがとう」という言葉を生きがいに頑張っています。
Kさん/23歳/男性/製造業

作業員がいかに効率的な作業ができるかを考えるのが設備工事の腕の見せ所です

1.設備工事の仕事を選んだ理由は?
設備工事は製造業での大切な業務なので従事しました。作業員としての知識を活かし「どのような設備を導入すれば効率良い作業ができるか?」を考えて設備導入やメンテナンスを行う重要な業務でした。常に作業員の作業性が上がり使いやすい設備を設置するかを考えることが大切でした。作業員の経験を活かした業務となれるので従事することにしました。
男性/製造業
2.仕事を通じて身についたスキルは?
設備工事は大きく2つの業務がありました。一つは常に故障する前にメンテナンス工事を行うことです。すでに導入されている設備に関する知識がスキルとして必要でした。どのような故障が多いか?それをどのように未然に防ぐか?です。もう一つの業務は新設備導入工事です。作業に合わせた新設備の導入計画を提案して入れ替え工事を行うことです。新設備の知識を設備業者から事前に得ることが求められます。どちらも大切な業務です。
3.やりがいはズバリ!
設備工事のやりがいはズバリ「作業員に喜ばれる設備管理」です。作業員は正直で故障すれば怒られますし、作業性が良くなると喜ばれます。同じ作業なら楽な作業になるほうが喜ばれます。そのためには新設備導入や既存設備のメンテナンスは設備工事の基本的業務です。新しい設備は常に進歩しておりその知識を得ることで自分の会社の生産性が上がることは会社からも評価されます。製造業にはなくてはならない業務だと感じています。
設備工事の仕事内容
設備工事とは、建築工事において、電気設備、空調設備、換気設備、給湯設備、衛生設備、給排水設備、浄化槽設備、EV設備、太陽光発電設備等の工事を行う職種です。工事業者は一部に大手企業が存在するものの、ほとんどが地元に密着した中小企業です。設備工事の技術者は大きく電気系と設備系に分かれ、工業高校又は工業高等専門学校の電気科、機械科等を卒業し、専門の設備会社に入り、修行を積むのが一般的です。設備工事には、それを行うための専門資格が必要となる場合が多く、在学中から取得できるものや、就業してから取得するものまで、さまざま有りますが、工事業者では、従業員の資格取得を促し、独自の支援をおこなっているところも多く、無資格者でも、やる気と努力次第で資格を取得でき、将来の展望を開くことができます。今後、日本では、建築の新築工事は減少が予想されますが、建築設備は一定の期間使用すると、修繕や交換が必要となることから、設備工事は、比較的安定して仕事が確保できる業種です。
この仕事の特徴
  • 給与は比較的高め
  • 資格を活かしキャリアアップも可能
  • 知識やスキルが必要
  • 幅広い年齢層が活躍
人気のエリア
同カテゴリの別職種
建築・設備・アクティブワーク