茨城県についてもっと知る

茨城県は関東地方の北東部に位置する都道府県です。東は太平洋に面しており、千葉県、栃木県、福島県、埼玉県と接しています。県庁所在地は水戸市で納豆の生産などで知られています。鉄道はJRの常磐線、水郡線、水戸線、鹿島線、東北本線などが通っています。そのほか、関東鉄道、筑波観光鉄道、鹿島臨海鉄道などの私鉄が県内の路線を支えています。常磐線は県庁所在地である水戸や土浦、赤塚、神立、岩間などの駅を有し、路線沿いには居酒屋などの飲食店、アパレル店が多く、求人も多くあります。鉄道は東関東自動車道、常磐自動車道、北関東自動車道、首都圏中央連結自動車道が通っています。県庁所在地である水戸市では国道6号や、国道51号、349号が通っています。水戸駅周辺では349号、51号が付近を通っており、周辺の道路沿いにはコンビニ、量販店などが並び、求人も多いエリアです。市内には着物屋やカメラ店、着付け教室などもあります。県東部は工場が多い地域で、石岡市、日立市、ひたちなか市のほか阿見町では主要企業の工場地帯が広がっています。また、鹿嶋市、神栖市では、鉄鋼業や石油化学工業が盛んです。このため、ピッキングや軽作業といった工場でのバイトや、製造の求人が豊富です。また、茨城県は農業も盛んで、農地も広大にあるため、北海道に次ぐ規模の農業県でもあります。県内の各自治体によって出荷品が異なり、メロンは日本屈指の生産額を誇ります。また、水産業も盛んで、カツオやハマグリ、アユなど魚介類の水揚げも盛んです。近年、大洗市が人気アニメの舞台となったため、自治体の協力のもと、観光地として多くの人が訪れます。また、茨城県にはブロンズ像としては世界有数の牛久大仏があります。