演劇プロジェクト

アイデム演劇プロジェクト 第四弾 シャーロックンロール・ホームズ

現在アイデムでは、「地元の魅力や仕事を再発見し、地元を盛り上げていこう」という“地元ルネサンスプロジェクト”を展開しています。その一環としてスタートしたのが「アイデム演劇プロジェクト」。誰もが知っている文学や戯曲を題材に、地元をテーマにしたストーリーを舞台映像化し、Web動画として配信しています。

第4弾となる今回は、推理シーンに360度動画を導入。シャーロック・ホームズの名作『まだらのひも』『赤毛組合』をギュッと凝縮したストーリーでお届けします!

「シャーロックンロール・ホームズ」
本編

約6分

第1話 『まだらのひも』

霧の都ロンドン。ロックで事件を解決する名探偵 シャーロックンロール・ホームズのもとに今日も事件が舞い込んできた。
依頼人ヘレンから「真夜中に口笛が聞こえる」という相談を受け、捜査に乗り出すホームズ。
すると突然激しいロックンロールが鳴り響き・・・「あ、分かった!」

第2話 『赤毛組合』

ウィルソンという赤毛の男から、謎の組合について調査を依頼されたホームズ。
ウィルソンの質屋の地下室に向かうと早速不審な点を発見したようで…。
「この事件もやはり、ロックで解決します!」

世界初?360度動画で謎を解け!スマホをまわして真実を手に入れろ!

推理シーンは360度動画で展開。スマホやタブレットをグルグル回してみると、トリックの答えが見つかります!
360度動画はYouTube™アプリから「イーアイデム ネタバレ」で検索!

≪360度動画は、下記の環境でご覧ください≫
スマートフォンやタブレット端末では「YouTube™」アプリから、PCブラウザは「Google Chrome™」でご覧いただけます。 
※それ以外の環境では上手く見られないことがあります。

『まだらのひも』360度ネタバレ解決編『赤毛組合』360度ネタバレ解決編

メイキング風景

201646日(wed)本編・稽古風景

第1弾から「アイデム演劇プロジェクト」の脚本・演出を担当しているのは、劇団「拙者ムニエル」の村上 大樹さん。今回も村上さんの指示のもと、セリフの読み合わせから稽古が始まりました!
主役のホームズを演じるのは、なんと劇団四季で数々の作品に出演してきたミュージカル俳優・福井 晶一さん。穏やかな雰囲気ながらも圧倒的な歌声で、スタッフや共演者を魅力していました。
全体での動きの確認、ダンスの振り付け、音楽や小道具のチェックへと進むにつれて、着々と「シャーロックンロール・ホームズ」の世界が形になっていきました。

  • 本編・稽古風景
  • 本編・稽古風景

2016411日(mon)・412日(tue)本編・撮影風景

本編の撮影が行われたのは、渋谷にある劇場「CBGKシブゲキ!!」。衣装をまとった役者陣が登場すると「舞台が始まる!」というワクワク感が周囲を包みます。内容がミステリーということもあり、シリアスな演技の連続・・・ですが、真面目にお芝居しているからこそカメラが止まるとみんなで吹き出す場面もあり、和やかな撮影現場となりました。
今回導入した360度動画のシーンは、四方を壁で囲んだ中に役者の皆さんが入り、舞台中央に設置したカメラを囲みながらお芝居をする、という特殊な撮影方法。どんな動画に仕上がっているかは、ぜひスマホまたはタブレット端末で“体験”してみてくださいね!

CAST (順不同)

  • シャーロックンロール・ホームズ/福井 晶一
  • ワトソン/西ノ園 達大
  • ジョーンズ/津村 知与支
  • グリムズビー/平田 裕一郎
  • ヘレン/中野 咲希
  • ジュリア/杉浦 樹子
  • ウィルソン/千代田 信一
  • スポールディング/西山 丈也
  • ダンサー/松見 裕子 村岡 未来
  • 脚本・演出/村上 大樹(劇団「拙者ムニエル」)
このマチで仕事を探すならイーアイデム