広島県についてもっと知る

広島県は中国地方に位置し、戦国時代には毛利元就を輩出した地域として有名です。明治期には軍港や海軍の拠点が置かれ、中国地方をまとめ上げる地域へと発展しました。中国地方の中心的な都市でもありますが山や海に囲まれており自然も豊かな地域です。漁業が盛んであり、海産物で全国的には有名です。人口は2015年時点では280万人ほどを有しており、山口県、鳥取県、島根県、瀬戸内海を介して愛媛県と接しています。鉄道はJR西日本が主で、山陽新幹線、山陽本線、呉線、可部線などさまざまな地域へアクセスできる路線が多数あります。求人の多い地域としては、山陽本線の駅周辺に多数の求人があります。また、広島市には市内線の電車が発達しており、市内を自由に行き来することが可能です。市内に限ればバスと路面電車を利用することで自由度の高い移動が可能です。広島県は山陽自動車道、中国自動車道、西瀬戸自動車道、中国横断自動車道が走っています。市内には国道2号が横断しており広島市役所を境に54号線とクロスしています。ちょうど近くには広島高等裁判所や広島駅など重要施設が密集しており、保険会社や金融機関、保険会社、飲食店など道路沿いだけあって多種多様なお仕事が密集しています。産業としては、古くから軍事拠点が置かれていたために海軍工廠や軍事施設が置かれていました。今ではそれらに携わっていた技術者たちが技術継承をしたこともあり製造業、中でも自動車、造船業、鉄鋼業などが盛んです。かつては瀬戸内海でも随一の工業地域でした。工業のほか、現在では半導体産業や繊維産業も集積しており、関連のお仕事が多数あります。また製造業関連だけでなく、アパレルやアクセサリーなどのファッション関係、飲食業、サービス業、ドライバー業務などの求人もあります。とくに安佐北区では、多種多様な仕事があります。景勝地として有名なのが厳島神社です。また、広島県の文化の1つである広島弁はなじみのある方言の一種です。