奈良県についてもっと知る

奈良県は関西地方に位置する都道府県です。北は京都府、西は大阪府と和歌山県、東は三重県と接しています。四方をほかの府県に囲まれているため、海と接していません。歴史の古い地域で、かつて藤原京、平城京が置かれ日本の首都として機能していた地域でもあります。東大寺など数々の観光地を有しており、学校の修学旅行先によく選ばれます。代表的な観光地には、東大寺、法隆寺、春日大社などがあります。県内に空港が無いため、移動は鉄道か自動車となります。奈良県は全国的に珍しく、鉄道全線が電化されています。奈良県の路線は、JR関西本線、JR桜井線、JR和歌山線で成り立っているほか、私鉄も多くの路線が運行されています。中でもJR関西本線とJR桜井線沿線は大型商業施設や飲食店、コンビ二が多く、多数の求人があります。郡山駅や奈良駅、法隆寺駅周辺は飲食、観光産業などの接客業の求人があります。また私鉄の近鉄生駒線は大阪市のベッドタウンとして機能している生駒市までアクセス可能で、人口も多いためアパレル、ホールスタッフの求人などが多数あります。奈良県の高速道路は西名阪自動車道がありますが、県内の移動手段は一般国道か国道の自動車専用道路です。奈良市内では国道24号と国道369号が通っています。コンビニやショッピングモールの求人も市内の国道沿いに多いです。奈良時代の代表的な寺社仏閣を有するため、産業は観光業が盛んです。また、書道などで使われている墨の生産地として有名で、全国シェアのほとんどを占めています。農業ではイチゴやスイカ、柿などが多く出荷されます。奈良県は世界遺産の数も都道府県では有数です。また、藤原京、平城京の置かれた地域でもあるため、当時の貴重な資料が展示されている博物館もあります。