• LINEでシェア

ザリガニの鳴くところ

2019年&2020年の2年連続アメリカで最も売れた本に輝き、日本でも2021年本屋大賞翻訳小説部門第1位を獲得、全世界累計1,500万部を突破した大ヒットミステリーを映画化。作者は野生動物学者のディーリア・オーエンズ。彼女の原作に惚れ込んだ女優リース・ウィザースプーンが、自ら映像化に向けて動き出しプロデューサーを担当した。ノースカロライナ州の湿地帯。将来有望な金持ちの青年の変死体が発見された。容疑をかけられたのは、‟ザリガニが鳴く”と言われるその湿地帯で暮らす、無垢な少女カイア。彼女は6歳の時に両親に見捨てられ、学校にも通わず、花、草木、魚、鳥など自然から生きる術を学び、たったひとりで生き抜いてきた。そんな彼女の世界に迷い込んだ、心優しきひとりの青年。その出会いがすべての歯車を狂わせるきっかけだった…。

監督:オリヴィア・ニューマン
原作:ディーリア・オーエンズ/友廣 純 訳「ザリガニの鳴くところ」(早川書房)
製作:リース・ウィザースプーン ローレン・ノイスタッター
出演:デイジー・エドガー=ジョーンズ テイラー・ジョン・スミス ハリス・ディキンソン マイケル・ハイアット スターリング・メイサー・Jr. デヴィッド・ストラザーン

配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

11月18日(金)より、全国ロードショー!