• LINEでシェア
  • Google+でシェア
  • Google+でシェア

スリー・ビルボード

本年度アカデミー賞(R)最有力のクライム・サスペンス!

スリー・ビルボード

(C) 2017 Twentieth Century Fox

トロント国際映画祭で観客賞、ベネチア国際映画祭で脚本賞に輝き、本年度賞レースの大本命との呼び声も高いクライム・サスペンス。娘が殺されてから7ヶ月が経過しても、捜査が一向に進まない状況に憤るミルドレッド。そんな彼女が、警察に対する抗議のメッセージを出したことで、警察や町の人々との間に溝ができ、次々と不穏な事件が起こり始める。監督に加え、脚本・製作をも務めるのは、『セブン・サイコパス』のマーティン・マクドナー。各々の大切なものを守るために道を外れていく大人たちを、ダークユーモアと共に熱く切なく描く。出演者も実力派が顔を揃え、ミルドレッドを『ファーゴ』のフランシス・マクドーマンド、警察署長をウディ・ハレルソン、その部下をサム・ロックウェルが演じる。

STORY

アメリカ・ミズーリ州の片田舎の町。ミルドレッドの最愛の娘アンジェラが何者かに殺されてから数ヶ月が経っていた。犯人は一向に捕まらず、捜査は何の進展も見られない。その状況に腹を立てたミルドレッドは、町はずれのさびれた道路に立つ巨大な3枚の広告看板に、無能な警察に抗議するメッセージを出す。その日を境に、それを快く思わない警察や住民と彼女の間に大きな溝が生まれ、いさかいが起り始める。署長を敬愛する彼の部下や町の人々に脅されても、一歩も引かないミルドレッド。その周囲で、次々と不穏な事件が起き、やがて新たな容疑者が現れる。そして事態は思わぬ方向へと転がっていく…。

監督・脚本・製作:マーティン・マクドナー
出演:フランシス・マクドーマンド ウディ・ハレルソン サム・ロックウェル アビー・コーニッシュ ジョン・ホークス ピーター・ディンクレイジ ルーカス・ヘッジズ

配給:20世紀フォックス映画

2月1日(木)より、全国ロードショー!