• LINEでシェア
  • Google+でシェア
  • Google+でシェア

シェイプ・オブ・ウォーター

切なくも愛おしい、誰も観たことがない究極のファンタジー・ロマンス

シェイプ・オブ・ウォーター

(C) 2017 Twentieth Century Fox

アンデルセンの『人魚姫』、『シザーハンズ』、『美女と野獣』…。いつの世も愛されてきた人間と異種とのラブストーリーを、『パンズ・ラビリンス』などの奇才ギレルモ・デル・トロが監督・脚本・製作。その独特の世界観で、第74回ベネチア国際映画祭において金獅子賞を受賞した、残酷でユーモラスそして魅惑的なファンタジー・ロマンス。米ソ冷戦下のアメリカを舞台に、声を出せない女性が、不思議な生きものと惹かれあうさまを描く。主演は『ハッピー・ゴー・ラッキー』などのサリー・ホーキンス。『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』などのオクタヴィア・スペンサー、『扉をたたく人』などのリチャード・ジェンキンス、『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』などのマイケル・シャノンらが共演。

STORY

1962年、米ソ冷戦時代のアメリカ。政府の極秘研究所の清掃員として働いていた孤独なイライザは、ある日、秘密裏に運ばれた不思議な生き物を同僚のゼルダと共に目撃する。そしてアマゾンで神のように崇められていたという、人間ではない“彼”の奇妙でしかし魅惑的な姿に心を奪われたイライザは、周囲の目を盗んでこっそり会いに行くようになる。幼少期のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉はいらなかった。音楽、ダンス、手話そして熱い眼差しで、少しずつ心を通わせていく2人。ところがそんな矢先、イライザは“彼”が間もなく実験の犠牲になると知ってしまう…。

監督・脚本・製作:ギレルモ・デル・トロ
出演:サリー・ホーキンス オクタヴィア・スペンサー マイケル・シャノン リチャード・ジェンキンス
配給:20世紀フォックス映画 

3月1日(木)より、全国ロードショー!