• LINEでシェア
  • Google+でシェア
  • Google+でシェア

のみとり侍

のみとり侍

(C)2018「のみとり侍」製作委員会

『後妻業の女』の監督・鶴橋康夫が、長年企画を温めていた小松重男の小説「蚤とり侍」を遂に映画化。主演を『テルマエ・ロマエ』の阿部 寛が務め、江戸を舞台にエリート藩士から“のみとり侍”になってしまう男に体当たりで挑んだ。越後長岡藩藩士の小林寛之進は、上司の前で失言し、飼い猫の蚤をとる仕事に左遷される。しかしその実態は、床で女性に愛を届ける裏稼業。ほどなくして、最初のお客に亡き妻・千鶴に瓜二つのおみねがやってくる。寛之進は運命を感じるが、「下手くそ!」と罵られ意気消沈。生真面目な寛之進は、江戸一番の伊達男・清兵衛に教えを乞い、女性の喜ばせ方を学んでいくが…。おみねと千鶴の一人二役を寺島しのぶ、清兵衛役を豊川悦司が演じ、他にも豪華実力派俳優が共演した。

監督・脚本:鶴橋康夫
原作:小松重男「蚤とり侍」(光文社文庫刊)
出演:阿部 寛
寺島しのぶ 豊川悦司 斎藤 工 
風間杜夫 大竹しのぶ 前田敦子 松重 豊
桂 文枝


配給:東宝

5月18日(金)より、全国ロードショー!