• LINEでシェア

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実

©SHINCHOSHA

作家・三島由紀夫と、東大全共闘の“伝説の討論会”の貴重な記録映像を中心に、13人の証言者たちと三島の人物像や半生を紐解いていくドキュメンタリー。三島自決1年前の1969年5月13日。東大駒場キャンパスには1,000人を超える学生が集まり、三島を待ち受けていた。討論会の首謀者は東大全共闘のメンバー。その頃、自分たちの手で国を変えようとする学生運動が全国的に激化し、東大全共闘はとりわけ武闘派と見なされていた。文学・映画など文化界で常にメディアを賑わせていた一方で、天皇主義者としても知られる三島は、異様な盛り上がりを見せる危険な敵地へ単身乗り込んでいく―。ナビゲーター役に、三島由紀夫原作の舞台「豊饒の海」で主役を務めた東出昌大。東京大学卒業の豊島圭介監督がメガホンをとった。

監督:豊島圭介
出演:三島由紀夫
   芥 正彦 木村 修 橋爪大三郎
   篠原 裕 宮澤章友 原 昭弘
   椎根 和 清水 寛 小川邦雄
   平野啓一郎 内田 樹 小熊英二 瀬戸内寂聴
ナレーション:東出昌大

配給:ギャガ

3月20日(金・祝)より、全国ロードショー!