• LINEでシェア

ミセス・ハリス、パリへ行く

©2022 FOCUS FEATURES LLC.

大作がひしめく夏に全米公開され、全米映画評論サイトRotten Tomatoesでは1ヵ月が過ぎても90%以上の支持を得るヒューマンドラマ。ロンドンの家政婦が、クリスチャン ディオールのドレスに恋したことで新しい出会いを引き寄せ、人生を輝かせていく姿を描く。第二次世界大戦後のロンドン。夫を亡くした家政婦のミセス・ハリスは、ある日働き先でディオールのドレスに出会う。その美しさに完全に魅せられたハリスは、ディオールのドレスを手に入れるためパリへ行くことを決意する。節約したり仕事を増やしたりして、なんとか貯めたお金でパリへと旅立って彼女が向かった先は、ディオールの本店。威圧的なマネージャーのコルベールに分不相応だと追い出されそうになるが、彼女の夢をあきらめない姿は、会計士のアンドレやモデルのナターシャ、シャサーニュ侯爵ら出会った人々を魅了していく。果たして彼女は、ドレスを手に入れて夢を叶えることができるのだろうか…。ハリスを演じたのは『ファントム・スレッド』のレスリー・マンヴィル。コルベール役を『エル ELLE』のイザベル・ユペールが務めた。クリスチャン ディオールの全面協力により当時のデザインを再現したメゾンでのファッション・ショーなど、心浮き立つシーンがたっぷりと織り込まれている。

監督:アンソニー・ファビアン
出演:レスリー・マンヴィル イザベル・ユペール ジェイソン・アイザックス ランベール・ウィルソン アルバ・バチスタ リュカ・ブラヴォー ローズ・ウィリアムズ

配給:パルコ ユニバーサル映画

11月18日(金)より、全国ロードショー!