• LINEでシェア

ダ・ヴィンチは誰に微笑む

©2021 Zadig Productions ©Zadig Productions - FTV

アート界に潜む闇と巨額の取引の実態を生々しく暴くミステリー・ノンフィクション。2017年、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の作品とされる「サルバトール・ムンディ」=通称「男性版モナ・リザ」が、510億円で落札された。始まりはニューヨークの美術商が13万円で落札した1枚の絵画。ダ・ヴィンチの“消えた絵”の説と重なる救世主が描かれたその絵には、ロンドンのナショナル・ギャラリーやコレクター、ハリウッドスター、某国の王子までもが介入し、全世界の関心を集めていく。一方で、「これはダ・ヴィンチの弟子による作品だ」と断言する権威も現れるが、巨額の取引は次々と行われ、新たな謎も生まれるのだった…。監督は、フランスのジャーナリストでありドキュメンタリー映画監督のアントワーヌ・ヴィトキーヌが務めた。

監督:アントワーヌ・ヴィトキーヌ

配給:ギャガ

11月26日(金)より、全国順次ロードショー!