• LINEでシェア

神在月のこども

©2021 映画「神在月のこども」製作御縁会

日本各地では“神無月”とされる10月が、出雲地方では“神在月”と呼ばれている。その由縁とされる、八百万の神々が出雲に集い会議を行うためという云われを題材にした、一人の少女を描く、新しくも懐かしいロードムービー。母と同じように、走ることが大好きだったカンナ。しかしその母を亡くしたことで走ることに向き合えなくなっていた。そんなある時、カンナの前に神の使いだという白うさぎ<シロ>が現れ、母は各地のご馳走を神の集まる出雲に届ける「韋駄天神」だったと話し、その役割を今度はカンナが果たすのだと言う。「お母さんのところにだってたどり着けるかもしれない」というシロの言葉に、引き受けるカンナ。道中、さまざまな神さまと出会い、鬼の子孫・夜叉に行く手を阻まれながら、母に会えると信じ走り続けるが…。カンナの声を演じるのは、『朝が来る』などの蒔田彩珠。また、人気実力派声優である坂本真綾がシロを、入野自由が夜叉をそれぞれ務めた。

原作・コミュニケーション監督:四戸俊成/アニメーション監督:白井孝奈
声の出演:蒔田彩珠 坂本真綾 入野自由
     新津ちせ 永瀬莉子 高木 渉 茶風林 神谷 明

配給:イオンエンターテイメント

10月8日(金)より、全国ロードショー!