• LINEでシェア

ホムンクルス

©2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ

原作は、人間や社会の深部を鋭く切り取る漫画家・山本英夫による同名コミック。独創的な描写から“映像化不可能”と言われてきた国民的カルト漫画を、国内外で活躍する映画監督・清水 崇が、大胆で独特なタッチと繊細な心理描写で描き出す。建ち並ぶ一流ホテルとホームレスが溢れる公園の間で車上生活を送る名越は、過去の記憶も感情も失い、社会から孤立していた。そこに突然、奇抜なファッションに身を包んだ研修医・伊藤が現れる。第六感が芽生えると言われる、頭蓋骨に穴を空ける<トレパネーション>を要求される名越だったが、“生きる理由”を与えるという伊藤の言葉に動かされ、手術を受けることに。術後、名越が右目を手で覆い、左目だけで見た世界では、人間が異様な姿に変貌していた。その現象を「他人の深層心理が、視覚化されて見えている」と説く伊藤。人々の心の闇と対峙していく中で、名越の過去が徐々に紐解かれ、失った記憶と向き合うことになっていく。果たして名越が見てしまったものは、真実なのか、脳が作り出した虚像なのか?主人公・名越を綾野 剛、研修医・伊藤を成田 凌が演じ、岸井ゆきの、石井杏奈、内野聖陽ら個性豊かな俳優陣が競演した。

監督:清水 崇
原作:山本英夫「ホムンクルス」(小学館「ビッグスピリッツコミックス」刊)
出演:綾野 剛 成田 凌 岸井ゆきの 石井杏奈・内野聖陽

配給:エイベックス・ピクチャーズ

4月2日(金)より、全国ロードショー!