パートで産休・育休から復帰するとき、どんなことに注意すればいい?

子育てしながらの仕事復帰、ここだけはおさえたい

パートでも、産休・育休を利用して長く働き続けられる職場は増えています。とはいっても、産休・育休からの初めての復帰はなにかと不安がつきもの。同僚や上司から嫌味を言われたらどうしよう……? 急な遅刻や早退・欠勤で迷惑をかけてしまいそうなときはどうすればいい? など、心配は尽きません。

そこで、スムーズな職場復帰のための心構えや、復帰後に上司や同僚とうまくやっていく振る舞い方のコツをまとめました。

会社から育児休業の取得を勧められるケースも

パートで産休・育休を取得して、ひとつの職場に長く勤め続ける人は意外と大勢います。特に、パート勤めの人が多い職場では、妊娠を報告した際に会社から育児休業の取得を進められるケースも少なくありません。というのも、会社側もそのたびに新たにスタッフを雇って仕事をイチから教えるより、慣れた人に戻ってきてもらったほうが助かるからです。

パートの場合、産休中の出産手当金や、育児休業中の育児休業給付金がもらえるかは、雇用期間や勤務時間などによって異なります。要件が満たされないとこうした経済的支援は受けられませんが、それでも会社に籍を残しておいて復帰する選択肢を選ぶ人たちも大勢います。

育休を取得するメリットは経済的支援だけではありません。在職証明書がもらえれば、子供を保育園に預ける際の審査で有利になりますし、出産後に子育てしながら新たな仕事を始めるのは心身ともに相当ハード。もともと続けていた仕事に戻るほうがずっと気がラクです。

復職はじめは無理のない勤務時間で小さくスタート

復職後、どのくらいの時間なら無理せず働けるか、会社と話し合う前に自分の中でイメージをある程度まとめてみましょう。計画を立てたところで、絶対に(絶対にです!)想定外の事態が多発してその通りになんていきませんが、日々どのくらいの勤務時間なら仕事を続けられるか一度きちんとシミュレーションしてみることは大切です。

ここで気を付けたいのは、最初からハリキリすぎないこと。頑張ってうまくいかずに後から勤務時間を短くしてもらうよりも、復帰直後は短めの勤務時間で小さくスタートして、あとから増やしていったほうが自信につながりますし、周囲に与える印象もプラスになります。

日頃のコミュニケーションで味方をつくろう

子育てと仕事の両立は、周りにいかに味方をつくるかにかかっているといえます。職場に、育休復帰を経験した先輩ママさんや、子育て奮闘中のパパさんがいたら、どんな工夫で両立しているかさり気なく聞いてみましょう。仕事と育児をスマートに両立しているように見える人でも、みんな泣きたくなるような大変な状況を経験しているものです。そうした苦労を互いに共有して、共感を重ねながら味方を増やしていきましょう。

また、配慮したいのは、いつも周りの人たちの頼みを引き受けてくれる人の好い同僚。なんでも引き受けてくれる親切な人は、案外不満を内にため込みやすいタイプだったりします。そういう人が一言ポロリとこぼす愚痴には意外と波及力があるので、一方的に頼りすぎないよう注意して、助けてもらったときは意識的に感謝とフォローを心掛けたいものです。

「すみません」よりも「ありがとう!」を伝えることで人間関係が円滑に

朝、子供がぐずって遅刻してしまったり、急な発熱で保育園から呼び出しがかかったり、看病で何日も仕事を休まなければならなくなったり……。そんな予定外の事態が起きたとき、慌てず冷静に対処するのは、実は職場に味方を増やす意味ではあまりうまいやり方とは言えません。

周りに上手に助けてもらえる人は、困ったときに動揺している自分を素直に見せられる人なのだそうです。そして周りに助けてもらって問題がクリアになったときには、「助かった!うれしい!ありがたい!」という感情もストレートに表現します。この「ピンチの感情→喜び&感謝の感情」の変化を見せることが「助けられ上手」な人の最大の特徴なのです。

人に助けてもらうと、つい「すみません」と言ってしまいがちですが、その言葉を「ありがとう!」や「助かりました!」といった感謝の表現に変えてみましょう。自分の身に置き換えてみても、謝罪だけより、感謝されて喜んでもらえたほうが嬉しいですよね。そんなちょっとした心がけで、職場の人間関係は意外と円滑にいくものです。

シラソン