壁の向こうにはまた壁が! いくつ知ってる? パートの壁

実はひとつじゃないパートの壁

パートをされている方なら「〇万円の壁」というのを聞いたことがあると思います。これは簡単に言えば、収入から税金や社会保険料が引かれ始める年収の境界線です。同じく働いたのに手取り金額が減っては、 損をした気分になるので注意したいところ。しかし実は収入に従って、そんな壁がたくさんあるのをご存じでしょうか。

なぜ収入が増えると壁ができてしまうのか

なぜ、そういったお金が引かれるのかについてお話ししましょう。

パートナーが家計のメイン収入を稼いでいるとすれば、あなたはパートナーの扶養家族という立場になります。「パートナーひとりで収入の少ない扶養家族まで収入的な面倒をみる のは大変。それなら税金や保険料の支払いを軽くしてあげよう」。これが、扶養の考え方です。

逆に言えば、「扶養家族の年収が増えて、少ないと言い切れない額になったなら、本来の税金や社会保険料を支払ってもらいましょう」となります。そのため壁(少ないと言い切れない金額)を超えると、パート収入からも保険料や税金が差し引かれるようになるのです。

同様に、扶養家族の収入が増えると、それまでパートナーの収入から控除(割引)されていた金額も税金に追加されます。具体的には、配偶者控除・配偶者特別控除が受けられなくなり、結果、パートナーの手取り額が少なくなってしまうのです。
これが壁の正体です。

壁をひとつ超えると新たな壁が待ち構えている

この扶養に対する考え方は、税務署や自治体、さらには企業によって金額の判断が違うので、いくつもの壁が存在します。

・103万円の壁 ~住民税と所得税があらわれた!
パートの壁として最初に登場するのが103万円の壁です。
年収が103万円を超えると誰にでも平等に住民税がかかり、都道府県や市区町村への支払い義務が発生します。税額は地域によって異なりますが、およそ数千円の範囲に収まるはずです。150万円に近づくと数万円になることもあります。
さらに103万円を超えると所得税も発生します。少し超えた程度なら3000円くらいの税額ですが、所得(収入)が増えるにしたがって、税金も上がっていくシステムです。

・106万円の壁 ~保険と年金があらわれる……かも?
年収が106万円を超えると、勤務先で健康保険と厚生年金と に加入する義務が発生します。これまでパートナーの扶養家族として、保険も年金も費用を 免除されてきました。つまり保険料を払わずに済んだのですが、壁を超えると給料から保険料が天引きされた形で支払われ ます。つまり 手取り額は少なくなってしまうのです。
ただしこれは勤務先の従業員数が501人以上で、週20時間以上の労働があり、1年以上の勤務継続が見込める場合に限ります。また学生は対象外です。
ちなみに自分自身が保険に加入することはデメリットばかりではありません。将来もらえる年金が増える、病気やケガで働けなくなった際に手当が出るといったメリットもあります。

・130万円の壁 ~保険と年金が確実にあらわれた!
年収が130万円を超えると、扶養家族ではなくなります。そのため自動的に健康保険(国民健康保険かパート先の健康保険)と年金(国民年金かパート先の厚生年金)に加入して、それぞれの保険料を払わなければなりません。年間で20万円ほどの保険料になるので、ばかになりません。なおパート先の健康保険や厚生年金に加入できれば、保険料の半分 はパート先企業が負担してくれるので、支払う金額は半分で済みます。

・150万円の壁 ~パートナーの控除減額があらわれた!
年収が150万円を超えると、配偶者控除や配偶者特別控除が受けられなくなります。つまりパートの手取り給料は変わりませんが、メイン収入となるパートナーの給料から、それぞれの税金控除がなくなり税額が増えてしまうのです。結果的に家計総収入から控除金額分が減ってしまいます。
ちなみに配偶者控除とは、配偶者が70歳未満なら年間38万円、70歳以上なら年間48万円が免除されます。配偶者特別控除は年間最大38万円ですが、配偶者の収入が増えると控除額は下がっていきます。

まとめ ~結局、どのくらい稼げばお得なの?

では、いったいどのくらいのパート年収だと、あまり損をせずに済むのでしょうか。
税金も保険料もまったく取られないことにこだわるなら、年収103万円以下に収めることになります。しかし、これでは月収約8.5万円。やや少なめです。
これを超えるなら106万円以上130万円未満のゾーンがおすすめ。できるだけ130万円に近い金額になるほどお得ですが、それを超えては元も子もないので注意してください。
これはあくまでお得という観点のみで考えたもので、本当に大切なのは各家庭の経済状況です。家計に最適な金額を稼ぐことを第一に考えてパートライフを頑張ってください。

シラソン