あなたのパート探しは何が決め手? 人気の職種・勤務条件・環境から考える

人気のあるパートに隠された秘密とは

パートの仕事探しは人によってさまざまです。職種、勤務条件、待遇など何を優先するかも人によっていろいろ。さらにどのような条件を最優先とするのかで、当然、選び方も変わってきます。

しかし条件ごとに、人気を集めるポイントはあるもの。その理由をテーマごとに紹介していきましょう。

パートの人気職種は家事と両立しやすい業務

仕事選びのスタイルとして職種で選ぶ人も多いと思います。
そこでイーアイデムで調査した「主婦(主夫)に人気の職種トップ5」を紹介しましょう。

【第1位】事務スタッフ
WordやExcelなどの基本的な使い方を覚えれば、あとはルーティンワークなので、それほど難しくありません。日中が中心の勤務なので、家事や育児との両立がしやすいことが人気の理由です。

【第2位】飲食店スタッフ
シフト制のお店が多いので、午前中や午後の数時間だけ、ランチタイムのみなど短時間勤務での採用をしていることが少なくありません。これが人気の理由のようです。

【第3位】スーパーのスタッフ
主婦や主夫が多く働いているので、仲間ができやすいという特徴があります。またお客様とのコミュニケーションでやりがいを感じやすい職場とも言えます。加えてシフト制を採用している店が多いので、短時間勤務にも対応している点もポイントです。

【第4位】軽作業スタッフ
梱包やピッキング作業のスタッフで、大人数で働いている職場が多くあります。そのため子どもの病気等で休みたいときなど、急なシフト調整をしてもらいやすいのも重要です。

【第5位】医療事務スタッフ
午前中のみ、午後からと時間帯に合わせて働ける点が魅力です。病院によっては、請求書の取りまとめ業務を実施する月末や月初のみ勤務するケースもあるので、超短時間勤務を希望する人に最適です。医療事務資格があると有利ですが、持っていなくても働くことが可能です。

さらに詳しい主婦(夫)が選んだ働きやすいパートランキングについてはこちら!
主婦(夫)が選んだ働きやすいパートランキング

人気の勤務条件は時間も収入も効率がよいこと

主婦や主夫が重視する勤務条件といえば、家からの近さ、短時間勤務、残業ないことなど、家事と両立できるかどうかが大きなポイントとなっているようです。

給与面では、高い時給で稼ぎたい希望もありますが、どちらかといえば扶養の範囲内で働けることに重きを置いているようです。時給の高いパートは、往々にして長い勤務時間を求められることが多く、そうなると家事との両立が難しくなります。加えて収入が増えすぎると住民税や所得税が発生し、社会保険も自分で払うことになります。さらにはパートナーの扶養手当まで支給されなくなることも。結果、家庭内の年収は増えたのに、手取りが減ってしまう可能性も考えられます。そのため扶養の範囲内で働けることが人気となっているのです。

また女性を中心に、自由な服装も人気です。服装に規定がなければ、朝の支度も簡単に済みますし、帰宅しても着替えず家事に入れます。つまり仕事と家庭の境目を効率よく済ませられることを意識した人気のようです。

人気の職場環境は、シフト変更の融通など思いやり重視

パートの職場環境では、シフトに融通がき利きやすいことが高い人気の理由となっています。子育て世代の場合、小さな子どもが体調を崩すことは珍しくありません。そのため、急な遅刻や早退、欠勤に対応してもらいたいニーズが強くあるようです。また授業参観やPTAに参加したい時のシフト交代も同様となります。

そのほか、未経験者歓迎も人気キーワードです。これまでの経験を活かせる職場もいいですが、新たな可能性に挑戦しようという気持ちが生まれることもあります。そういった意欲を認めてもらえる企業は魅力的です。加えて未経験者歓迎であれば十分な研修を受けられる職場が多く、知識や経験のないことをコンプレックスにせず働ける安心感も生まれます。

あらゆる点において家庭を重視したパートに人気が集中

人気のパートを構成するポイントは、職種、勤務条件、職場環境のすべての面で、家庭生活重視という考え方に集中していました。

・家庭生活に影響を与えない範囲の職種や勤務体制
・通勤や服装なども効率よく行える
・急なシフト変更にも融通がきく

実際に働こうとする職場環境や待遇以上に、みなさんが家庭を重視したうえで仕事に取り組みたいという思いが見て取れます。ある意味、正社員ではなくパートという働き方を選んだ時点で家庭重視の意識が高いのですから、当然の結果ということかもしれませんね。

この人気傾向を参考に、あなたに最適なパートを探してみてください。

主婦・主夫に人気のパートについてはコチラ!
主婦・主夫に人気のパートをのぞいてみよう | シラソン 知らないと損するパートのギモン」

シラソン