パートの面接「スーツがなければ〇〇を着ていけばいいじゃない」

面接にも着ていけるビジネスカジュアルのお役立ちアイテムを紹介

パートの面接が決まったけど、スーツを持ってない!
正社員面接じゃないのだからカジュアルな服装でもいいのでは? とは思うものの、本当にいいのか迷ってしまいますよね。

面接のためだけにわざわざビジネススーツを買っても、ほかに着る機会がなければもったいないですし、新調するならもっと着回しが利くアイテムのほうがいいはず。

そこで今回は、面接でも着ていけるカジュアルファッションをご紹介します。

“キレイ色”のアンサンブルニットで第一印象アップ

アンサンブルニットはビジネスカジュアルの王道です。パンツスタイルにもスカートにも合わせやすく、パート面接に着ていく服として申し分ありません。ポイントは、自分の顔が明るく映える“キレイ色”を選ぶこと。それだけで第一印象が格段にアップします。おすすめはペールトーンやライトトーンのやわらかな色合い。面接では、柄や刺しゅうなどの入っていない無地のものを着ていったほうが好印象を狙えます。オシャレに見せたい場合はブローチやスカーフをプラスしてみて。

アンサンブルニットのほかは、ブラウス+カーディガンや手持ちのテーラードジャケットも、もちろんOK。その場合、ブラウスは無地をセレクトするといいでしょう。ジャケットも無地かペンシルストライプなら問題ありませんが、流行のチェック柄は避けたほうがベター。

ボトムスの鉄板はテーパードパンツorミディ丈スカート

テーパードパンツとは、裾に向かって細くなっていくシルエットのパンツのこと。腰回りや太ももあたりは比較的ゆったりしていて履きやすく、それでいて足首のあたりはスマートに引き締まって見えます。キビキビと動ける快活な人柄をイメージさせるため、面接に着ていくにはうってつけ。色は、定番の黒、紺、グレー、ベージュから選べば間違いありません。ワイドパンツもOKですが、選ぶなら七分丈~くるぶしが出るくらいの丈を。くるぶしが隠れるほど丈が長くなると、モード感が強くなりすぎるか、だらしなく見えてしまうかのどちらかになり着こなしが難しくなるので注意が必要です。

スカートならミディ丈がベスト。フレアスカートをはじめ、プリーツスカートやタイトスカートでも大丈夫。ただし面接に着ていくなら、光沢感の強い素材や大柄のプリント生地は避けて、シンプル&プレーンなデザインを選んだほうが無難かもしれません。

仕上げはプレーンパンプス&A4トートバッグ

上記のウエアに幅広く対応可能なシューズは、プレーンなパンプス。色は黒でなくてかまいませんし、スエード系の素材やエナメル素材も服に合っていれば問題になることはほとんどありません。ヒールの高さも自分の好きなものを選んで大丈夫。ただ、パイソン柄やヒョウ柄などの攻めたデザインは面接向けではありません。また、近年はオフィスへの通勤にスニーカーOKの会社が増えていますが、面接でスニーカーは避けたほうがいいでしょう。

バッグは、オフィスワークの面接ならば、通勤に持って行けるタイプのハンドバッグやビジネスバッグを選べば間違いありません。あまりお金をかけずに新調するなら、A4サイズのナイロントートバッグをひとつ持っておくと便利です。

小ぶりのハンドバッグしか持ってない! という人は、持参する書類などはA4サイズのナイロンやコットン素材のエコトートバッグに入れて、ハンドバッグとの2個持ちでも乗り切れます。その場合は、派手なイラストや色柄が入っていない、シンプルなものを選びましょう。

服装で好印象を与える3つのポイント

採用担当者が、パート面接で服装から読み取るのは、主にその人の人柄と社会性。清潔感があり、ほどほどに好感が持てて、「この人なら職場の人たちときちんとコミュニケーションできそう」「誠実に仕事をしてくれそう」「生活態度が乱れておらず、時間を守ってくれそう」といった印象を与えられればいいのです。ビジネスマナーの検定試験を受けに行っているわけではないので、ガチガチに考える必要はありません。

服装で清潔感や好感度をアピールするコツは、「シンプルな服を選ぶ」「自分の体に合ったサイズを選ぶ」「自分に合う(自分が映える)色を選ぶ」。この3つです。面接では、柄やデザインはかえって邪魔になるくらいに考えてもいいかもしれません。

以上を参考に、いつ面接が決まっても慌てなくて済むよう、ぜひワードローブをチェックしてみてください。

シラソン