パート先に帰省や旅行のお土産は買ったほうがいいの?

買うべきか買わざるべきか、悩む……

お正月・お盆の帰省や旅行などで、ふと考えてしまうのが「パート先にお土産は持って行くべき?」という問題。

・できれば出費は控えたいし、帰りの荷物が増えるのも面倒……。
・でも、自分だけ買っていかないと非常識と思われるかも……?
・お土産を持ってこない人もいるのだから、別に買わなくてもいいのでは……?
・とりあえず買うとしたら、どんなお土産を選べばいいの!?

こんな考えが頭の中をぐるぐるしてしまいます。
そこで今回は、この「パート先へのお土産問題」について探ってみました。

「どちらでもいい」からこそ…

結論から言えば、お土産を持って行くかべきどうかの答えは「どちらでもいい」です。

いまどき、職場にお土産を買って来ないからといって「非常識」だの「失礼」だのと言うほうがむしろ非常識、という風潮が広まっており、買うも買わないも個人の自由と受け止められています。

とはいえそれは一般論で、職場によってお土産の慣習が根づいているところもあれば、逆に「お土産禁止」がルール化されている会社も。会社にお土産を持って行くことの是非についても、個人個人で考えが異なります。そのように明確に決まっておらず曖昧だからこそ、みんな頭を悩ませるのですね。

それぞれの職場の慣習に合わせる…?

もし、勤め先の会社にお土産の慣習がない場合は、特に気を遣う必要がないのでラッキーです。たまたま気が向いて持って行ったとしても単純に喜ばれるだけで、次回も買わないとダメかしら…? という心配はいりません。むしろ律義に毎回買っていくと、それまでお土産の慣習がなかった職場に「私も何か買っていかないとダメかしら…?」という意識が芽生えて、周囲の人たちに新たなストレスを生じさせる可能性があります。「買ってきたのはあくまで自分の気まぐれ」という姿勢でいたほうがいいでしょう。

では、職場にお土産の慣習が根づいている場合はどうでしょうか。「みんなが買ってくるから自分も…」とすんなり同調できる人は、悩まずにお土産を買います。悩むとしたら、せいぜい「何を買うか?」です。

買うべきかどうか悩んでしまう人は、「本当は買わずに済ませたいのだけれど、買っていかないと自分がどう思われるか?」が気になるのではないでしょうか。もしくは「持って行ったお土産品のセレクトで自分が判断される」ことが必要以上に気にかかり、気が重くなってストレスを感じるのかもしれません。

「安易さ」に救われることは意外と多い

みんながお土産を買ってくる職場で自分だけが持っていかなかった場合、周囲にどう思われるか?

従業員が多い職場ではほとんどの場合、誰からも何も思われないでしょう。少人数の職場だと、持って行かないことで目立ってしまう可能性があります。それはパート先の人たちの人柄や考え方によります。

お土産を買っていったほうが職場の人間関係が円滑にいくのなら、そのために1000円~2000円のコストをかける価値はあると思います。それは自分自身がパート生活を快適に過ごすためのコストです。

お土産ショップのお菓子ってどれも安易すぎでは? ハワイ土産がきまってマカダミアナッツチョコレートってどうなの!? と思うかもしれませんが、「慣習的に配るお土産に心理的コストをかけたくない」と思う人がたくさんいるからこそ、全国のショップにあれだけ多種多様な土産菓子が存在するのです。検索サイトで「ばらまき」と入力すると、すぐに「ばらまき土産」が候補に出ます。それだけニーズがあるわけです。

ばらまき土産は、職場へのお土産をストレスに感じてしまう人々を救うために存在しています。

ばらまき土産はWin-Winの選択

というわけでパート先に持って行くお土産は、駅や空港のお土産ショップで気軽に買える「ご当地ばらまき菓子」がベストチョイスと言えます。買うほうも気楽なら、貰う側も気兼ねなく食べることができてWin-Winです。それでいて「あの人は職場のことを一応考えてくれている」という目に見えないカタチは残るので大変お得です。

お土産は普段あまり話すことのない同僚との会話のきっかけづくりになりますし、仕事中にちょっと甘いものやしょっぱいものが食べたくなったときにあるとありがたいものです。あれこれ深く考えず、「〇〇のお土産です。みなさんでお召し上がりください。[名前]」というメッセージを添えて、笑顔とともに差し出しましょう。

シラソン