これからも需要が高まっていくWebデザイナー。未経験から目指すには?

はじめの一歩は独学? スクール? それとも実務から?

ITの普及で、これからも需要が高まっていくWebデザイナー。また、将来的にも子育てしながら自宅で仕事ができ、リモートワークやフリーランスで場所や時間にとらわれない働き方ができるのが人気です。
そんな魅力的なWebデザイナーですが、具体的にはどんなお仕事なのでしょうか? また、どうすればなれるのでしょうか?
そこで今回は、「Webデザイナーの仕事内容」と「未経験からWebデザイナーを目指す方法」について調べてみました。

はじめはバナーのデザインから

Webデザイナーは「Webサイトをデザインする仕事」。そんなふうに大雑把なイメージしか浮かばない人は多いかもしれません。もちろん、メインのお仕事はWebサイトのデザインですが、それ以外にも細かな仕事が意外とたくさんあります。

そのひとつがバナー制作。バナーというのは、サイトのあちらこちらに貼られていて、クリック(またはタップ)すると別のページやサイトに移動できるリンク画像のこと。サイト内に表示されるWeb広告もバナーです。たくさんの人がクリックしてくれるような、好印象で目を引くバナーをデザインするのもWebデザイナーの重要な仕事です。
ほかに、サイト内で使うカラフルなグラフやイラストなどのパーツを作成したりもします。デザイナーとして独り立ちするまでの見習い期間は、こういう細ごまとしたデザインをたくさん手掛けて腕を磨いていきます。

コンピュータ―言語を使った「コーディング」

もうひとつ、仕事で欠かせないのが「コーディング」と言われる作業。上で説明したデザインは「Photoshop」や「Illustrator」などのデザイン用ソフトで作られますが、そのままではWeb上で機能しません。そこで、作成したデザインをWebブラウザに表示させるために行う作業が「コーディング」です。
具体的には、HTMLやCSSといったコンピュータ言語を使って、ブラウザにテキストや画像を配置していきます。

Webデザイナーになるには、「デザイン」と「コーディング」両方のスキルの習得が必要になります。

知識と技術を学んで「ポートフォリオ」を作成

Webデザイナーを目指す人は一般的に、スクールや独学で「デザイン」と「コーディング」を学びます。そして実際にWebサイトやバナーなどを自分でいくつか制作し、「ポートフォリオ」と呼ばれる自身の作品集を作ります。この「ポートフォリオ」で、「自分はこんなデザインが作れます!」ということを示しながら就職活動やフリーランス営業を行うのです。

スクールは、自宅で学べるオンラインスクールを利用する人も大勢います。授業に通うか、自宅で学ぶか、独学で行うかは、自分がどの方法なら続けられかを考えて選ぶといいでしょう。

未経験者OKの求人はある?

Webデザイナーの求人の「未経験者歓迎」「未経験・初心者OK」は、そのほとんどが「実務経験はなくてもPhotoshopやIllustratorが使える、またはHTMLやCSS等の知識がある」という人を想定していると考えていいでしょう。Webデザインの基礎を学んだことがあったり、デザイン用ソフトを趣味で使っていたり、WordPressなどでサイトを作った経験がある人はチャレンジしてみるといいかもしれません。

そこまでスキルに自信がない……という人は、既存サイトの管理・運営に携わるWebオペレーターの仕事を足掛かりにする方法も。サイトの更新の業務は、一般的なブログ更新とほぼ同じ。難しいスキルは必要ありませんが、簡単な画像処理ができることが条件になっている場合もあります。ECサイトや自社サイトの管理・運営を通して実践的にWebの仕事を知ることができますし、職場の人たちにキャリアの相談ができるのもメリットといえるでしょう。

子育て中は新たなキャリアの準備をするチャンス!

子育てで仕事を離れている間に、将来に役立つスキルを身につけようと考える人は少なくありません。Webデザインの仕事はコツコツ学べて、将来的に自宅で仕事ができるので、子育て世代にはぴったり。覚えるまで難しいかもしれませんが、デザインスキルを身に付ければ一生もの。未経験から業界に飛び込むのも、パートからならそれほどハードルは高くありません。ぜひ参考にしてみてください。

WEBデザイナーの求人情報はこちら!

シラソン