パソコンできない人が事務で使える基本スキルをお家で身につけるには?

ワード・エクセル・パワーポイントは家事&遊びにも使えます!

いまオフィスでの仕事はパソコンを使うのが当たり前。事務職に応募するには、基本的なパソコンスキルが必須といえます。
人気のオフィスワークで働きたい! でもパソコンできない……どうすればいい!?
そんな人のために、初心者が自宅で楽しみながらパソコンスキルを身につける方法をご紹介します。

「基本的なパソコン操作」って、どのくらいできればいいの?

「簡単なパソコン操作ができる人」「基本的なパソコン操作」という場合、おおよそ次のことができる人を想定しています。

●キーボードでの文字入力&マウス操作がスムーズにできる
●ファイルの開き方、閉じ方、保存の仕方、削除方法がわかる
●パソコンの中から必要なファイルを探すことができる
●パソコンでのインターネットの使い方がわかる
●メールの使い方がわかる(ファイルを添付する、添付されているファイルを開くなども含む)
●文書をプリントアウトできる

さらに事務職では、“三種の神器”といわれている「Word(ワード)」「Excel(エクセル)」「PowerPoint(パワーポイント)」という3つのソフトを覚える必要があります。

まずはキーボード操作からトライ。使って慣れるのがいちばんの早道!

上に書いた一通りの操作を覚えるには、自分で実際にパソコンを使うのがいちばん。家にない人は思い切って1台買うことをおすすめします。お店で「初めてのパソコンです」と言えば、手頃な機種を紹介してくれるでしょう。また、買うときにお店の人に「ワード・エクセル・パワーポイント」を使いたいと伝えて、購入するパソコンでこれら3つのソフトが使えるかどうか確認してください。

家でパソコンをインターネットにつないだら、あとは知りたいことをネット検索しながら自力で覚えていくだけです。ネット上にはパソコンの使い方に関する情報は何でも揃っています。また、パソコンのデスクトップに「使い方ガイド」がある場合は、そちらも参考にしてください。

キーボードの文字入力は、インターネットで「タイピング練習」と検索すれば、ゲーム感覚でタイピングの練習ができるサイトがたくさん見つかります。キーボード入力がある程度スムーズにできるようになるとパソコンを使うのが格段にラクになるので、最初に身につけたほうがいいでしょう。

「ワード・エクセル・パワーポイント」は家事や子育てでも大活躍!

「基本的なパソコン操作」を覚えたら、いよいよ“三種の神器”です。
覚えるには、実際に生活で使えるものを作るのがオススメ。順に紹介していきます。

【Word(ワード)】
チラシやお知らせ、年賀状やクリスマスカード、カレンダーなどが作れる文書作成ソフトです。これを使って得意料理のレシピカードを作ってみましょう。インターネットで「ワード レシピ 作成」と検索して、気に入った記事を真似して作ります。
このほか、子どものスケジュール表やおてつだい表などを作ってみてもいいかもしれません。お家で役に立つ文書を作りながら、文字の配置や飾り方、表の作り方、画像の入れ方などが覚えられます。

【Excel(エクセル)】
表を作って計算したり集計したりするのに便利な表計算ソフトです。エクセルを覚えるのにうってつけなのは、家計簿作り。「エクセル 家計簿」で検索すると、作り方がたくさん出てきます。エクセルで作った家計簿は、金額を入力したら自動で計算してくれるのでとっても便利(家計簿の表をつくるときに自動計算してくれる“仕掛け”を自分で組み込みます。その方法を身につけるのが目的です)。こちらもいくつか記事を読みながら真似して作ってみましょう。

【PowerPoint(パワーポイント)】
パワーポイントは人に何かを説明するときに、スクリーンやテレビ画面に映す資料が作れるプレゼンテーションソフトです。これを使うと、テレビ番組でよく見るような文字クイズや画像クイズがカンタンに作れます。「パワーポイント クイズ 作り方」で検索してみてください。楽しいクイズの作り方がいろいろ紹介されています。実際に真似して作って家族で遊んでみましょう。同じ要領で、小さなお子さんの興味を引くオリジナルの教育教材も作れます。

パソコンが使えるようになるとお仕事選択の幅が広がる!

いまはスマートフォンやタブレット端末があればたいていのことはできるので、パソコンを使ったことがない人が増えています。スマートフォンが使えるなら、パソコンを覚えるのはそう難しいことではありません。パソコンが使えるようになると、選べる仕事が増えます。
オフィスワークに興味がある人は、ぜひチャレンジしてみてください。

オフィスワーク・事務の求人情報はこちら!

シラソン