ラウンダーってどんな仕事? 子育てしながら働ける?

身についた買い物センスが活かせるお仕事

パート求人サイトで人気の職種にあげられているラウンダー。「ノルマなし」「週3日~」「直行直帰」という求人も多く、子育て中の人にはなかなか気になるお仕事です。
スーパーマーケットや量販店などを巡回して、商品の陳列や販促物のセッティングをする仕事とのことですが、実際にどんな業務を行うのでしょうか? また、ラウンダーに必要な経験やスキルは? どんな人に向いている? などについても探ってみました。

企業の営業担当に代わって商品の販売促進を行う

ラウンダーは、企業の営業担当者に代わって、その会社の商品が置かれている店舗を訪問し、店頭での売り上げアップに貢献する仕事です。訪問先の店舗では、主に次のような作業を行います。

●自社商品の在庫を確認して棚に商品を補充する
●ノベルティや試供品などの販促物をセットする
●POPを取りつける
●キャンペーンポスターやリーフレットを設置する
●お店に商品の説明や売り場のディスプレイ提案を行う
●自社商品についてお店の人にヒアリングする
●他社商品の動向を調査する
●ヒアリングや調査の結果を会社に報告する

扱うのは身近な商品やサービスがほとんど

担当する商品やサービスは日常でよく利用するものがほとんどで、多岐にわたっています。

【商品やサービス】
食品、飲料、お酒、コスメ、日用雑貨、文具、家電、インターネットサービスなど
【巡回先】
スーパーマーケット、ドラッグストア、リカーショップ、家電量販店、書店、文具店など

電車やバスなどの公共交通機関を使って巡回する以外に、自家用車や社用車を自分で運転して巡回する場合もあり、募集は担当エリアごとに行われています。
基本的にひとつの企業を担当し、例えばコスメなら、その企業の商品を取り扱っている担当エリア内のドラッグストアやスーパー、コスメショップなどを巡回するといった具合です。

勤務時間は10:00~16:00や10:00~19:00の時間帯が一般的で、週3、4日勤務も多数。週1回程度ミーティングで出社する以外は、自宅から直行直帰でOKというところもあり、子育て中でも比較的働きやすいといえます。また、担当エリアの店舗を定期的に巡回する長期勤務のほか、キャンペーン期間中のみの短期のお仕事も見つかります。

服装は、担当する企業や商品に合ったイメージで

企業によっては、ジャンパーやポロシャツ、エプロンなどが支給されることもありますが、そうでない場合は私服での勤務となります。ラウンダーは、お店の人から担当企業の顔として見られるため、その企業や商品のイメージに合った服装を選ぶのが重要です。訪問先で品出しなどの軽作業を行うので、ボトムスはフレアスカートやパンツスタイルといった動きやすいスタイルが鉄板だそうです。それに合わせて、トップスはニットやカットソーのアンサンブル、またはシャツやブラウスがいいでしょう。

ラウンダーの仕事のメリット

原則、一人で巡回するので、ある程度自分のペースで仕事を進められます。また、子供が急に熱を出したりしたら、その週の別の日に振り替えることが可能な場合も多く、時間の融通が利きやすいのもメリットです。主婦(主夫)にとっては、巡回するお店は日常的によく利用するところばかりなので、これまでの消費者としての経験がそのまま仕事に活かせます。どのような売り場づくりをすれば、自社商品がより売れるようになるかを考えるのもラウンダーの仕事。買い物好きなら、日頃培った感性が役立つでしょう。

ラウンダーに向いているのはこんな人

店舗の人たちと良好な関係を築き、商品を良い位置に置かせてもらったり、売り場スペースを広げてもらったりという交渉も行う必要があるので、コミュニケーション力は必須といえます。店舗での作業中に、お客さんから質問されることも少なくありません。そんなときは接客スキルも求められます。そのため、営業や販売の経験がある人は重宝されます。

また、文具好き、コスメ好き、家電好きといった特定の分野に思い入れがある人も向いているでしょう。自分の頑張りで担当商品の売り上げが伸びたり、推し商品を人に知ってもらう手助けができたりするので、この仕事によりやりがいを感じられるかもしれません。ラウンダーの経験を活かして、ゆくゆくは文具ソムリエや家電ソムリエのような専門家を目指す…、なんていう夢も持てるかもしれません。

ラウンダーの求人情報はこちら!

シラソン