パートと契約社員の違いは?メリットやデメリットはあるの?

自分に合った働き方を見つけましょう

主婦(夫)でお仕事を探している方の中には
「パートと契約社員どちらが自分の生活に合っているのかわからず、仕事を応募する前にこれらの違いを把握しておきたい」
と思っている方もいるかと思います。

この2つの雇用形態にはそれぞれ一長一短あり、一概にどちらが良いとは言い切れません。
しかし、それぞれの特徴やご家庭の状況を踏まえたうえで検討すると、自然とご自身に合った働き方が見えてくるでしょう。

この記事ではそれぞれの雇用形態の違いとメリット・デメリットを紹介していきますので、是非働き方の参考にしてみてください。

パートと契約社員の具体的な違いとは

それでは、最初にパートと契約社員の法律的な違いをご紹介したいと思います。

実はこれら2つの雇用形態は会社によって定められているため、法律上の具体的な違いはないのです。どちらも「パートタイム労働法」と呼ばれる法律に定められており、「1週間の所定労働時間が同一の事業所に雇用される通常の労働者の1週間の所定労働時間に比べて短い労働者」と見なされています。

一方で、世間一般的にパートや契約社員の違いは下記のように認識されている場合が多いです。

【パートタイム】
アルバイトと同様シフト制で働き、時給で給与が計算される。

【契約社員】
正社員と同様フルタイムで勤務し、月給で給料が支払われる。

雇用形態に法律上の違いはないのですが、パートと契約社員はこのような契約内容をイメージされることが多く、働き方の目安になっています。

それでは、主婦(夫)の方にとってパートと契約社員、それぞれにどういったメリットやデメリットがあるのでしょうか?
一つずつ見ていきましょう。

パートのメリット・デメリット

パートのメリットは何といっても時間の融通が効くことです。シフトを自分で決めて提出することによって、自分の都合の良い時間に働くことができます。これは子育てや家事をする主婦(夫)の方にとっては大きなメリットになるのではないでしょうか?
また、勤務時間を調整することにより所得を扶養内に抑え、所謂「働き損」を回避することもできます。
ご家庭の状況によって働き方を変えることが出来る柔軟さが、パートで働くメリットといえます。

人によってはパートの給与面がデメリットになるかもしれません。一般的に、パートで働く場合昇給が難しく、賞与も出ません。そのため、大きな収入を目的として働く場合は契約社員の方が有利になるでしょう。

契約社員のメリット・デメリット

多くの場合は、契約社員はパートと比べると給与や待遇面が優れています。

雇用期間に制限こそありますが、一般的に給料は正社員と同じように月給で支払われ、契約内容によっては賞与が出ることもあります。
また、一般的に契約社員はパートよりも専門性が高い、あるいは正社員と同様の業務をこなすことが多いです。専門的なスキルを身に付けたいのであれば、契約社員の方が目的のポジションを見つけやすい可能性があります。

反対に、契約社員は空いた時間だけ働くということが難しいというデメリットがあります。中には「時給制契約社員」といった特殊な雇用形態もありますが、多くの会社は契約社員を正社員と同じ勤務形態にしているため、フルタイムで働くことが一般的です。
さらに、仕事や契約内容によっては残業しなければいけない場合もあり、なかなか決まった時間に帰宅できないこともあります。

主婦(夫)にとってはどっちがいい?

ここまでで、パートと契約社員の違いや、それぞれのメリットとデメリットを見てきましたがいかがでしたでしょうか?

主婦(夫)の方で仕事を探している場合、家事や子育てと両立して働けるかどうかは重要なポイントです。
例えば、小学校低学年のお子さんがいる場合、子供が学校にいる時間帯は午前9時~午後3時頃となります。「子供が帰宅する時間には家に居てあげたい」「夕飯の支度がある」といった理由で、午後3~4時に帰宅できるかどうかを仕事探しの目安としている方も多いのではないでしょうか。

フルタイムで働きたい場合や、専門性のある仕事をしたいとなると話は別ですが、上記のような条件の下で雇用形態を選ぶとなると、時間の融通が効くパートの方が働きやすいかと思います。
また、所得を扶養内で抑えるための103万の壁を考慮しても、主婦(夫)の方の多くがパートを選ぶ理由も納得できますね。

シラソン