まだ間に合う! 面倒くさい大掃除は簡単にすませよう

掃除はできるだけ簡単にすませたい!

楽しいクリスマスが終われば街は一気に年末商戦モード。「もうすぐお正月だ! どうしよう」と焦りも生まれますよね。パート・家事・育児……主婦はなにかと忙しく、ついつい片付けや掃除がおっくうになってしまいます。

日ごろ風雨から守り、温かく快適な環境を提供してくれている我が家。新しい年を迎える前にクリーンアップしたいものです。
ポイントをおさえてしまえば、さほど大騒動にならず済ませられます。コツをみていきましょう。

そもそもなんで年末に大掃除をするの?

年末の大掃除は平安時代頃から始まったといわれています。当時は当然ながら電気がなく、囲炉裏や灯明など火をメインに使用していました。そのため煤(スス)がたまるので、煤を払うのが掃除の中心となっていたのです。江戸時代には徳川幕府が12月13日を‘煤納め’と定め、江戸城の大掃除が行われるようになりました。やがて庶民もこれにならって12月に大掃除をするようになったそうです。

煤払いには、煤と同時に厄も払うという意味があり、旧年の厄を落として新年のツキを呼び込む準備の役割があります。「年末は寒いし忙しいし、春でもいいじゃない」と思うかもしれませんが、こういう理由があるなら12月にお掃除をして、幸せな気持ちで新年を迎えたいですよね。

ポイントは水周り

家中全部キレイにしようとするとゲンナリしますから、的を絞って掃除しましょう。
おさえたいのは水周り。

・シンク
・トイレ
・お風呂
・洗面台

水分が多く雑菌が繁殖しやすいため、日ごろからこまめに掃除しておきたい部分ではあります。しかし忙しいとなかなか手がまわりませんね。大掃除ではこのあたりをキレイにさせるだけで大分印象が違ってきますし、清潔感もアップします。

汚れはその特性にあった洗浄剤をつかうと楽に落とせます。けれども部分ごとに洗剤をつかいわけていたら面倒ですし、何より出費もかさみます。洗剤を置くスペースも必要になり、あまり建設的ではありません。そこで最近話題のクエン酸や重曹がオススメ。

汚れは酸性、中世、アルカリ性に分けられます。
・酸性⇒油脂・皮脂など多くの汚れ
・中性⇒軽度な汚れ
・アルカリ性⇒水アカ・湯アカ・尿石

シンクやお風呂の水アカ・くもりはアルカリ性。クエン酸をとかしたスプレーを吹きかけてこすったり拭き取ったりすると、キレイになります。

目に付いたところから始めるのもよし

“大掃除”と思うと、ちょっと面倒になりますよね。大晦日までの毎日の暮らしで少しずつ掃除をしていけば、本腰を入れなくてもある程度キレイな環境を保つことができます。

たとえば洗顔をしているときついでに洗面台を軽く洗う。鏡のくもりを取る。「掃除しよう」と思ってから道具を出して洗剤を用意し…となるのは面倒くさくなる原因。すぐ掃除できるようミニサイズのスポンジやめがね拭きクリーナーなどを置いておけば、思い立ったときに行動へ移せます。メラミンスポンジも便利。ただし鏡にくもり止めコーティングなどが施されている場合は取れてしまう可能性があるので、什器の説明書をよく読みましょう。

トイレやお風呂も同様です。特にお風呂は入浴時の湿気がある状態のほうが汚れ落ちしやすく、使用後は絶好のお掃除タイム。夜間に入浴する方はあらかたの汚れをとっておき、日を変えて日中に換気扇などを掃除すれば終了です。

一気に全部やろうとするとウンザリしてしまいます。簡単掃除をこまめに続けていれば少しずつきれいになりますよ。

ドロドロ系には重曹とお湯!

年末大掃除の一番厄介な部分は、キッチンのレンジ周りではないでしょうか。高温で蒸発した油分が天井や壁にへばりつき、そこへホコリが付着して……。1年放置するととんでもないことになっています。特に普段見えない換気扇は、想像するだけでもゾッとしますね。

ドロドロの油汚れは酸性で、熱湯と重曹が効果的。換気扇など汚れた部品をはずし、重曹をとかした熱湯に浸け込みます。しばらくしたらそのお湯をかけながらスポンジや歯ブラシでこすっていきましょう。固着した汚れも熱湯でゆるんでいて、思いのほかスンナリととれるはず。重曹のアルカリ性も、酸化したオイルをとかす一役を担っています。重曹は天然素材で化学薬品のような手荒れの心配は少なく、敏感肌の方にもオススメ。もちろん作業中はゴム手袋を忘れないでください。

完璧を目指さない

なにごとも完璧を目指すと挫折しやすくなります。6~7割程度キレイになったら、よしとするのも一つの手。全てキレイにした状態を100だとすれば物足りないかもしれませんが、全く掃除していなかった状態を0としたら、60~70もアップしてるんです。年末近くまでパートのお仕事がある方は、ギリギリまで掃除に着手できないこともありますよね。そんな中でも頑張った自分を褒めてあげてください。

日本では年末にやる大掃除ですが、海外は春ごろにやることが多いようです。外気温も水温も上がる春のほうが、確かに効率面ではいいのかもしれません。ある程度の厄を落としたら一息ついて、続きは春にまたやるのもオススメです。

シラソン