育児とパートの両立はココが大変!やっておくべき準備と対処法

子育てと並行してパート!でも大変なことが次から次へと……。

産休・育休後の職場復帰を目指す人や、子育てと並行して新たにパートを始めたい人は、不安がいっぱいですよね。育児しながらのお仕事は大変なので、ライフスタイルはもちろん気持ちもガラリと変える必要があるかもしれません。

自分がパートを始める場合、起こりうる場面をいろいろ想像してみましょう。思い描いたシチュエーションに備えてあらかじめ予防線を張っておけば、いざというときに安心。また、普段のストレス軽減につながりますよね。それでは、一般的に起こりやすいいくつかのシチュエーションを元に、その準備と対処法を考えていきましょう。

急に休まなきゃいけなくなる日が何度も……職場にはどうフォローする?

まず大変なのは<遅刻・早退や欠勤が多くなる>ことです。学校行事のほか、急な子供の発熱やケガといった理由が多いですが、さすがに病気やケガまで予測することはできません。そのため、パート当日に時間通り出勤できないことや、慌てて帰ることも多くなります。また、子供がインフルエンザなどの感染症にかかってしまった場合などは、看病で突然何日か欠勤する状況が起こりえます。

このようなシチュエーションが続いても職場に理解してもらえるようにするには、まず上司やパート仲間に【味方】を作ることが大切です。ここでの【味方】とは、事情を理解してくれて仕事のフォローもしてくれる頼もしい仲間のこと。

まず社員や店長など、上司にあたる人には必ず現在の状況を伝え、フォローをお願いしておきましょう。
たとえ心の中で「結婚して子供がいることも、ブランクがあることも分かっているはずでしょ」なんて思ったとしても、決して態度に出してはいけません。常に感謝の気持ちを持ち、何かお願いするときは控えめに。
また困ったときに助けてもらってばかりでは相手の感情を害する可能性もありますので、自分が頑張れるときは誰かのサポートに入るのもいいですね。持ちつ持たれつの良い関係を保っていけば、グッと働きやすくなるはずです。

育児しながらの仕事は、時間との戦いだ

働く上で、復帰前の状況といちばん違うのは<時間の制約が増える>ことではないでしょうか。

出産前にフルタイム勤務で残業もバリバリこなしていたという人も、子供がいるとなるとそうはいかないもの。保育園に預けている場合、お迎え時間までに帰らなければなりませんから1分1秒が非常に大切。勤務時間内に仕事が終わらなくても残業ができないため、その分の業務を次の日に持ち越すか、周りにフォローしてもらわなければいけません。

このような状況はたいてい周りが理解してくれるものですが、だからといってそのようなことが毎日続いてしまうと不満が出てくる要因に。
まずは自分の勤務時間に見合った業務量を上司と相談して決めておきましょう。その際は自分が時間内でどのくらい業務がこなせるのかを、しっかり説明できるようにしておくことがコツです。
急な遅刻や早退、欠勤も考慮に入れて、少し余裕を持った業務量にしておくといいですね。

何もかも頑張ろうとしないこと

子育てをしながら仕事をするのは確かに大変です。今までのように、家事・仕事すべてを完璧にこなしつつ育児もプラスされたら、到底時間が足りません。ですので、物事には優先順位をつけましょう。”これだけは”というタスクを作っておいて、時間が足りないときでも最低限やるようにすると自分のフラストレーションもたまりません。何もかもやろうとすると、「結局全部中途半端になってしまった」なんてことも起こりえますが、優先順位作戦なら心配なし。頭の切り替えもできるようになり、業務の効率化にもつながるはずです。

出産後に働き始めると「思っていたより大変だった」と思うことがあるかもしれません。忙しさから体調を崩したり、気持ちが落ち込んだりすることも。

ただ、それも自分の選んだライフプランだということを忘れず、前向きに受け止める姿勢が重要。あまりくよくよせず、周りの人たちに協力してもらいながら少しずつ自分の働き方を探していきましょう。

シラソン