知らないと危険?実は当たり前ではなかった「契約更新」の真実

契約更新をして長く働き続けたい!そのために気をつけることは?

パートで働いていく中で、「契約更新」はつきもの。勤務先によって契約期間は異なりますが、継続して働いていくには、しっかり契約更新をしなくてはいけません。

では、きちんと契約更新をしてもらうにはどういったことに気をつけたらいいのでしょうか?これからはじめての契約更新を迎える方も、すでに何回も経験されている方も、この機会に自分の勤務を見直して充実したパート生活を送っていきましょう!

契約更新の仕組み

パートやアルバイトなどその呼び名にかかわらず、1年契約・6か月契約など期間を定めて勤務する労働契約を、「有期労働契約」と呼びます。つまり正社員とは異なり、限られた期間の中で働くことを約束するもの。原則としては、この契約期間が満了となることで契約も終了となり、これを「雇い止め」と呼びます。双方の合意によって継続を希望する場合には、引き続き契約が存続される仕組みとなっています。

いきなり契約更新を停止させられることも?

実は、相談無しにいきなり更新停止の通告を受けるといったトラブルも。まじめに働いていたのに、来月から勤務できないということを急に伝えられてしまったらびっくりしますよね。

そういったことから、期間満了の30日前に次回は更新しない旨を伝える「雇止めの通告」という制度が労働契約法で定められています。会社側で更新停止をする場合、更新をしない理由を記載した証明書を発行し、書面をもって30日前にしっかり労働者に伝えなくてはならないという制度です。

しかし、これには対象があり、

・すでに契約が3回以上更新されている
・1年を超えて雇用されている

といった方に対して適用されることになります。

このように長期で働いている方に関しては、口頭だけでなく、書面をもって労働者に伝えることが決まっているので、いきなり更新停止の通告を受けるといったことはないと考えて良いでしょう。

では、「契約を3回もしていない」「まだ入社して数ヶ月しか経っていない」といった方はどうなるのでしょうか。この場合は、上記の「雇い止めの通告」が適用されないので、予告の義務はないということになります。常識的に考えて、30日を切ったところでいきなり更新停止の通告を受けることはないと思いますが、これをどのタイミングでどう伝えるかということは、就業先によって異なるので要注意です。

会社側が契約更新をしない理由とは

すでに何度も契約更新を経験されている方は、「今回も書類にサインをすればいいだけ」と思っているかもしれません。しかし、会社から契約更新の書類をいただくのは実は当たり前のことではありません。では、会社側が契約更新を継続しない場合には、いったいどんな理由があるのでしょうか?

■勤務態度・勤務状況不良
あまりに勤務態度が良くない・何度注意しても直らない、そういった場合には更新停止の処置を取ることもあるようです。しかし、これはあくまで就業先の判断。労働契約書に、更新の際の基準点が必ず明記されているはずですから、今一度その項目を見直してみましょう。何を見られているか、何に気をつけたらいいかがわかるかもしれません。

■契約期間満了
冒頭で述べたように、企業側が契約期間の満了をもって更新を停止することは原則的には認められています。しかし、この場合、【自動更新される】のか【更新をしていく】のか、はたまた【更新をしない】のかは就業先によって異なります。そういった部分も労働契約書にしっかり記載されているので、入社時や契約更新の際に確認をしておくことが大切です。

契約更新って、一体いつまですればいいの?

労働契約法の改正により、有期労働契約が更新されて通算5年を越えた時は、労働者の申し込みによって期間の定めのない「無期労働契約」に転換できる制度が誕生しました。給与や待遇が変わるというわけではありませんが、契約期間が無期限になるということは期間満了による「雇い止め」の恐れもなくなりますし、毎回契約更新を気にする必要もなくなりますので、比較的働きやすくなるのではないでしょうか。

しかし、これには会社側の準備も必要です。日頃の勤務中や面談の際に、そういったことを検討している旨を伝えておくと良いでしょう。

自分らしく勤務していこう!

さまざまな契約更新についてお話ししてきましたが、キチンと自分のやるべきことをこなし、仲間ともコミュニケーションを取りながらまじめに勤務を続けていれば、特に大きな問題はないはず。しかし、パートだから何も気にしないで大丈夫、といった油断は禁物です。契約締結時や契約更新の際に自分がどういった契約で結ばれるのかということをしっかり把握しておくことで、自分の身を自分で守りながら、充実したパート生活が送れるでしょう。

シラソン