毎日の非日常が息抜きにも? 観光地のパートはメリットがいっぱい!

観光地の盛り上げ役として大切な仕事

いよいよ秋の行楽シーズンが到来。比較的すごしやすい気候で連休が多い9月、10月は、お出かけに最適の時期です。全国で旬のグルメを堪能できますし、外国人の方にとっては、紅葉や温泉など日本のよさをじっくり満喫できるチャンス。修学旅行のシーズンでもあります。観光客で賑わうスポットでは、盛り上げ役となってくれるたくさんのスタッフを求めています。今回は観光地でのパートについて考えてみましょう。

仕事の内容は接客を中心に多種多様

観光地でのお仕事の最大のメリットは、非日常を演出できるわくわく感ではないでしょうか。国内外からやって来るいろいろな人と会い、楽しむ姿に接することができます。人が好きな方には最適の仕事といえるでしょう。

観光施設の仕事内容は接客を中心に多種多様。たくさんの職種があるので、扶養の範囲内の短時間パートからフルタイムの正社員まで、幅広い働き方ができることも、メリットの一つです。

観光地は全国各地にいっぱいあります。近年は外国人観光客が訪れることで新たに賑わいをみせているスポットも多数ありますので、そんな場所を探してみると、自分が住む町の魅力を再発見できるかもしれません。

では、観光地のお仕事には、どんなものがあるのでしょう。

<観光地での主な仕事>
・ホテル・旅館のフロント、清掃係、客室係
・レストランやカフェのキッチン&ホール
・遊園地やテーマパークなどのイベントスタッフ
・お土産ショップの販売スタッフ

そのほか季節や地域を限定すると、

・スキー場のリフト係やインストラクター
・海水浴場の海の家スタッフ、ライフセーバー

などもあります。

宿泊施設やテーマパークでのお仕事

では、観光地のお仕事の中で代表的なものをみてみましょう。

■旅館や観光ホテルなど
客室係の仕事内容は、接客に限らず多岐にわたります。チェックイン・チェックアウトするお客様のお出迎え・お見送りから、朝・夕食の配膳、客室清掃、そのほか調度品の交換などさまざま。

1日数時間の短時間パートから、早番遅番のフルタイムまで、勤務時間はいろいろです。未経験者の募集も多く、着物の着付けや礼儀作法などをきちんと教えてもらえます。また、休憩時間中には温泉に入れたり食事補助が出たり、その施設ならではのメリットがあることも多いようです。

客室係と同様に大切なのがキッチン。板前さんから調理補助のパートまでいろいろな人たちが一緒に働いています。基本的に無資格でも働けますが、調理師免許や栄養士などの免許を持っていると優遇されるケースが多いようです。また、宿泊施設のキッチンは料理を提供するスケジュールが決まっているため、規則正しく働けるメリットがあります。

■遊園地・テーマパークなど
イベントスタッフの仕事は施設によって多種多様です。受付やチケット販売から、乗り物の操作、売店でのグッズ販売、飲食店のキッチン&ホール業務、園内の清掃などなど。来場者の安全を守る仕事でもあるため、研修制度がしっかりしている施設が多く、未経験者でも問題なく仕事を覚えていけるのがメリットです。たくさんの子どもたちが楽しんでいる姿に接することができるので、子どもが好きな方に向いている仕事です。

毎日がステキな一日、笑顔を忘れずに

いかがでしょうか。地元の観光地でのお仕事は魅力がいっぱいです。

シーズン中のリゾートホテルなどでは、他の地域からやってきて住み込みで働いている人も多く、ステキな出会いがあるかもしれません。また、訪日外国人と接することは語学力を生かすチャンスにもなります。こんな風に、普段の生活ではなかなか縁がない人たちと接することができるのも、観光地で働くメリットの一つでしょう。

注意したいのは、観光地で働いている人にとってはただの一日にすぎなくても、やって来る人にとっては毎日が大切な日だということ。観光地のイメージダウンにつながらないよう、観光客をもてなす盛り上げ役として、いつでも笑顔を忘れないように気をつけましょう♪

シラソン