採用試験に、漢字テストや計算問題が出るってほんと?

筆記試験にはどんな問題がある?

パートの面接は緊張しますよね。事前に回答集などを見て予習していく方もいるのでは?
採用テストでは面接以外に、簡単な筆記試験などが行われるケースもあります。その場になって急に「え! こんなテストがあるの?!」と慌てることがないよう、どんな問題があるのか間単に見ていきましょう。

一般常識などが求められます

筆記試験というと身構えてしまいそうですが、常識問題などが出題されることはよくあるようです。
・適性検査
・簡単な計算・筆算
・漢字問題
・4文字熟語
・敬語の使い方
・時事問題
・英単語
・地理問題
・朗読
・音声を聞いてタイピング

企業や業種によって異なるでしょうが、主にこんな内容が実施されているようです。
外国語を使ったり宅配をしたりする仕事では、英単語や地理問題などが出ることもあるそうです。

計算や漢字問題はちゃんと答えられるのかドキドキしますよね。でも心配いりません。小学校中学年~高学年レベルの内容なので、難しい主題はありませんよ。普通に生活していて困ることがなければ、問題なくクリアできるはず。一般常識や基本的な教養を問われているので、落ち着いてのぞみましょう。

たとえばこんな問題が・・・。あなたは答えられますか?

簡単な問題が多いとは言っても、やはりどんな内容なのか気になりますよね。
ではいくつか例題をみていきましょう。

【読み方問題】
(1)南瓜(_____)を買う。
(2)海豚(_____)を見た。
(3)案山子(_____)をつくる。
(4)相手のヤジに応酬(_____)する。
(5)屈辱(_____)に耐える。

■解答
(1)かぼちゃ
(2)いるか
(3)かかし
(4)おうしゅう
(5)くつじょく

【文章問題】
(1)シラソン太郎さんが「     」お財布、大切に使いたいと思います。
1.お譲りくださった
2.お譲りしてくださった
3.お譲りになられてくださった

(2)ただいま、新商品をご紹介しています。よろしければ「     」。
1.試食いたしませんか
2.試食されませんか
3.試食いたされませんか

(3) シラソン次郎くん、お客様を「     」。
1.ご案内になってください
2.ご案内してください
3.ご案内なさってください

■解答
(1)
1.お譲りくださった
(2)
2.試食されませんか
(3)
2.ご案内してください

【ことわざ問題】
(1)悪事「   」を走る
(2)赤子の「   」をひねる
(3)一寸の虫にも「   」の魂
(4)おぼれる者は「   」をもつかむ
(5)雀百まで「   」忘れず

■解答
(1)悪事「千里」を走る
(2)赤子の「手」をひねる
(3)一寸の虫にも「五分」の魂
(4)おぼれる者は「わら」をもつかむ
(5)雀百まで「おどり」忘れず

【計算問題】

■解答
(1)615 (2)1,663 (3)110,376

いかがでしたでしょうか。
全問正解できましたか?

「全然分からなかった!」という方は、書店や図書館に常識問題などの書籍があるので目を通しておくと良いですよ。

試験結果がすべてではない

筆記試験の目的は高得点をとっている人を採用することではありません。もちろん指針にはしますが、参考程度。
それよりも「決められた時間内にバランスよく問題を処理できているか」などを見ているようです。ですから焦らずにじっくりと取り組む姿勢が大切です。当日慌てないように、事前準備をしていくと安心ですね。

試験の結果が思わしくなくても、合否に直結するわけではありません。うまく面接まで進めた場合は、試験のことは割り切って、存分に自分の良さをアピールしましょう。

シラソン