パートは休職できる?

事情によりパートを休職したいけど、また復帰したい。これって可能?

突然のケガや病気、介護など、さまざまな理由でパートを一時的に続けられなくなることがあります。

今のパート先に愛着があるし、また働ける状況になったら復帰したい……。でも実際シフトに穴を空けてしまうのは事実だから代わりの人が入ってくるだろうし、やっぱり長期で休むのであればクビなの?と考えてしまいます。
そんなときに正社員などは「休職」という選択肢があることを聞いたことはありますよね?ではパートでも休職することはできるのでしょうか?一緒にチェックしていきましょう。

休職するのに適した理由は?どんな理由なら休職させてもらえる?

休職とはそもそも「自身の都合により、長期的に仕事を休むこと」を意味します。会社側の業績悪化など、やむを得ない事情によって業務ができない場合に休みとなる「休業」とは違いますので注意してください。会社の都合である「休業」は仕事が休みでもその日の給料が保証されることが多いのに対し、「休職」はあくまで自己都合によるものです。そのため原則的にその間のお給料は保証されません。まずはその大前提を理解しておきましょう。次に理由ですが、一般的に休職する理由として、以下のようなものが挙げられます。

・病気(持病の悪化やうつなど)
・けが
・パートナーや両親の介護
・海外ボランティアや留学

そのほかさまざまなケースがありますが、ほとんどは「仕事を続けたい意志はあるが身体的、または物理的な理由で続けられない」という場合です。

パートでも休職が可能な会社はあるの?

休職に関しては正社員とパートで法的な線引きはありません。フルタイム勤務で無期契約の正社員に対し、パートはあくまで有期契約で勤務時間が短い働き方というだけです。ですから権利としては正社員と同様、パートも休職を申し出ることは可能です。申請可能な理由や期間、手当てなど休職に関する規定は、それぞれの会社によって就業規則内に定められていますので、まずは雇用契約を確認してください。

ただ、労働者側の申し出ですから、手当てに関してはよほどの理由がない限り会社側から支給されることは難しいでしょう。また、パートは原則有期契約ですので、休職規定を設けてしまうと休職中に契約満了を迎える矛盾が生じてしまうなど、制度的には課題が多いのが現状です。そのため、労働者の権利として休職することは可能ですが、実質は雇う側にとって手放したくないスキルを持っている人材であったり、短期間で復帰できる見込みがあったりなど、正当な理由が無い限りパートの休職は認められにくいかもしれません。

いろいろあってズル休みが長引いて……。これって休職扱いにできる?

例えばプライベートでイヤなことがあって気分が落ち込んでしまい、パートを休んでしまったままズルズルと休み続けている……。このままじゃ気まずいから戻りたいけれど、戻ったら周りになんて言われるか分からないから怖くて戻れない。そこでパート先の責任者に、もし復帰したら今まで休んでいた分は「ちょっと体調が悪くて休んでいました」と休職扱いにしてもらえないか?という相談をする人は少なくないようです。ただ、休職に関してはその間の社会保険料を雇用側が負担したり、場合によっては給料の何割かを保障したりする場合もあるため、このような例では認められることはありません。もしこのような場合で悩んでいる場合は、パート先にまず相談をして、今までの欠勤を素直に謝り、また働きたいという意志をしっかり説明することが重要です。パート先がそれまでのあなたの働き振りを評価しているのであれば「戻ってきて」と言ってもらえるでしょうし、復帰した後の人間関係を考えれば、周りに波風が立たないよう配慮してくれることも十分考えられます。もちろん、休職に関する申請はできませんが、次のステップのためにも「うやむや」にせず、まずは行動してみてください。

長い人生の中では、いつ自分が働けなくなる状況になるかは分からないものです。また、世の中の働き方もめまぐるしく変わる中で、企業の休職への考え方、その保障の仕方も変わりつつあります。パートの休職については会社ごとにルールが異なりますので、気になる人はまず自分のパート先がどのような状況なのかを確認してください。疑問に思ったことがあれば上司やマネージャーなど、責任者に聞いてみましょう。

シラソン