パパ、いつもありがとう♪ 父の日に絡んだお仕事さがしてみよう

お父さんにありがとうの気持ちを伝えよう

6月の第三日曜日は父の日。母の日に比べてちょっと地味なイメージのある父の日ですが、日ごろのお父さんの頑張りに感謝する大切な機会。いつも「ありがとう」の気持ちを伝えている方はもちろん、「恥ずかしくて・・・」という方も、今年は盛大に盛り上がっちゃいましょう。

父の日はアメリカから伝わってきた

母の日はアメリカから伝わってきましたが、実は父の日もそうなんです。

母の日が出来たことを知ったアメリカ人女性が、父親にも感謝する日を設けたいと1909年に牧師協会へ訴え、実現しました。

軍人であった彼女の父親は南北戦争に出兵しており、その間、母親は女手一つで一家を切り盛り。しかし、終戦後に父親が無事復員したのもつかのま、母親は過労がたたり亡くなってしまいます。彼女を含めた6人の子供たちを育て上げたのが父親でした。彼も子供たちが成人するのを見届けると、母親のもとへ逝ってしまいます。

父親への感謝でいっぱいの彼女が、父の日を制定したいと願ったのは、当然ですよね。

彼女が牧師協会へ訴えた翌年、初めての父の日祝典が催されます。しかしなかなか周知がすすまず、一般に広まったのは6年後のことでした。1916年の父の日の祝典で、当時のアメリカ大統領が演説を行い、認知されたといわれています。
現在の6月第3日曜日が父の日に定まったのは、さらに50年もたったころ。1966年当時の大統領が父の日を称賛する大統領告示を発したことが、きっかけでした。正式に国の記念日として制定されたのは1972年。彼女が牧師協会に訴え出てから実に60年以上かかりました。

日本での父の日

日本で父の日が一般的な行事として知れ渡ったのは、1980年代。実は1950年頃には日本に入ってきていたのですがあまり広まらず、デパートなどが販売戦略の一つとして父の日を大々的に取り上げたことで認知度が高まりました。

母の日に贈るプレゼントの代表格はカーネーション。では父の日はなんの花を贈るかご存知でしょうか?
答えは黄色いバラ。
父の日制定のきっかけとなった先述のアメリカ人女性が、父親の墓前に白いバラを供えたのが始まりと言われています。
しかしなぜ白ではなく、黄色いバラを贈っているのでしょう。
日本には、某団体が行っている父の日の黄色いリボンキャンペーンがあり、そちらと融合して黄色のバラを贈る習慣につながったといわれています。
黄色は幸せや幸福の象徴。大切なお父さんへのプレゼントとしてはピッタリですね。

現在では、黄色だけでなく、白いバラも混ぜて贈ることが多いようです。

父の日にちなんだパート・バイト

女性よりも比較的モノを持たない傾向のある男性。しかしこれはモノに興味がないわけではなく、性能や特徴にはこだわりを持ち、納得したものを欲しがる人が多いからのようです。ですからプレゼントも、何をあげればいいのか悩むケースは多々ありますよね。

男性にはやはりビジネスで使えるものをプレゼントするのが無難なようで、デパートなどでは紳士服コーナーが父の日に力を入れています。

そんな経緯から、父の日のみのバイト・パート募集は多くありませんが、キャンペーンも少しずつ増えてきました。地域によりますけれど、父の日に関連した仕事は以下のようなものが見つかるようです。

・紳士服販売店の接客・販売
・デパート・大型ショッピングモールの紳士服コーナー接客・販売
・デパート・大型ショッピングモールの酒類コーナー接客・販売
・健康グッズ販売店の接客・販売
・ギフトショップの接客・販売・イベントスタッフ
・フラワーショップのアレンジ・配送スタッフ

父の日キャンペーンの単発バイト・パートなどは日払いのものもあります。父の日に関連したお仕事でもらった給与で、プレゼントを買うのもいいですね。

結婚して家を出ると、お母さんとは頻繁に連絡をとるのに、お父さんとはあまり連絡をとらないという方も多いようです。モバイルコミュニケーションツールを使用しても、お父さんからの返事が「了解」だけということもしばしば。でもそんなお父さんですが、家族のことを大切に思っている気持ちは同じ。

今年はぜひ思い出に残る一日を、過ごして下さい。

シラソン